シャープが任天堂に喧嘩を売る「F-ZEROは300円、聖剣伝説2やロックマンXは0円」


シャープの公式Twitterが本日発表した『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』に収録されているゲームに値段を付けてその一覧表を投稿。

スーパーマリオワールド 200円
F-ZERO 300円
超魔界村 100円
スーパーフォーメーションサッカー 0円
聖剣伝説2 0円
ロックマンX 0円

このように21タイトル全てに値段を付け計4600円と換算。その投稿が炎上し謝罪するハメとなった。投稿の1時間後には、「ご指摘どおり、誤解を生むツイートでありました。当該ツイート削除させて頂きました。ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m」と謝罪し該当ツイートを削除し謝罪。

シャープと任天堂と言えば30年来の付き合い。そんな長い関係の企業に公式ツイート1つで関係悪化はして欲しくない物だ。少なくとも今回のツイートは企業の公式ツイートでするものでは無かったと思われる。


かつてはツインファミコン出した仲なのに

■【ミニスーパーファミコン発売】シャープ公式アカウントが任天堂にケンカを売って炎上
[任天堂HP] ニュースリリース「スーパーファミコンの21タイトルを収録した『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』」を掲載しました。

わざわざタイトルごとに価値判断したのをわざわざ表にしてわざわざ公式に直リプ送りつけるシャープ公式、額に入れて飾っておきたい