史上最年少のオスカー女優が変わり果てた姿に


『ピアノ・レッスン』(93)で、若干11歳で史上最年少となるアカデミー賞助演女優賞を受賞し、天才子役と言われたアナ・パキン(34)の変わり果てた巨漢ぶりが話題になっている。

2014年までは『X-MEN』シリーズに出演していたアナは、2010年に結婚した人気テレビシリーズ「トゥルーブラッド」の共演者スティーブン・モイヤーとの間に、双子の男女を授かった。2013年に出産してからは、テレビのミニシリーズなどに出演するにとどまり、あまり表舞台には出ていなかった。

そんなアナが、スティーブンと双子のチャーリーとポッピイと一緒にカリフォルニアで散歩する姿をデイリー・メール紙にパパラッチされているが、サングラスに麦わら帽子をかぶり、紺のワンピースを着ているアナは2重あごで、スカートからのぞく太い脚も、現役の女優とは思えないほど。昔の面影は残っていない。

これについてネットユーザーたちからは、「出産後の典型的な体型といえばそれまでだけど、まだ女優ならありえない」「実力のある女優さんだったけど、歳には勝てないのね」「すごい激太りでわからなかった」「かつて脱いだ女優がこんな風になってしまうとは、ショック」「子役時代に活躍した俳優の悲惨な末路って感じだけど、私生活が幸せならよかったのでは?」といった声が寄せられている。