都議選出馬のAV女優が酒気帯び運転で逮捕


「後藤麻衣」の名前でAV女優として活動し、2009年の東京都議選や今年4月の東京都杉並区議選で落選した後藤展江元候補(38)=写真=が道交法違反(酒気帯び運転)と自動車運転過失傷害の疑いで警視庁高井戸署に逮捕されていたことが23日、分かった。既に釈放されている。

高井戸署によると、後藤元候補は5月20日午前8時すぎ、東京都杉並区下高井戸の国道20号で、酒気帯びで乗用車を運転し、信号待ちの乗用車に追突。運転者の男性に首に軽いけがを負わせた。
呼気から基準を超えるアルコールを検出。「酒を飲んで帰宅中だった」と容疑を認めた。

■エロ過ぎる候補者 後藤麻衣さん
参院選が終わったと思ったら、あすからは都知事選も始まり、ちまたはまだまだ選挙一色。今回も多くの異色候補が立候補しているが、7年前の都議会選挙で“エロ過ぎる候補者”と注目を集めた女性タレントがいた。後藤麻衣さん(43)だ。パンチラ遊説がスポーツ紙や週刊誌、ワイドショーの格好の的になり、連日話題になった。後藤候補、今どうしているのか。

■2回の連続落選はショックだった

「立候補のオファー? 残念なことになかったですね。ただ、都議選の後、11年の杉並区議選にも落っこっちゃったし、自分自身、選挙に出ることは2万%あり得ないと思ってましたから。同じようなことを言っておきながら、無責任にも立候補したどっかの人とは違いますッ!」

 港区麻布台にあるラジオ日本。毎週金曜日23時45分から放送のレギュラー番組「後藤麻衣の心配ないさぁ~!!」の収録を終えたばかりの後藤さん、こう言ってほほ笑んだ。

「2回の連続落選は正直ショックだったけど、メリットもありましたよ。立候補した時、“エロ過ぎる”がキャッチコピーになって、ニュース番組でも取り上げられたでしょ。おかげで若い男性ばかりじゃなく、幅広い年齢層や女性の間でも知名度がアップして、お仕事が増えたんです。番組のゲスト出演をお願いするのも、話が通じやすくなりました」

 同番組は10年1月からTBSラジオで始まり、文化放送を経て、11年7月からラジオ日本に移った。相対するパーソナリティーは吉本所属の大西ライオン。

「でも、後藤麻衣といえば、やっぱりエッチなDVDですよね。こっちは毎年、コンスタントに2、3本リリースしてて、去年は3本、キングダムから発売しました。今年の目玉はゴールデンウイークを挟んで元ギリギリガールズの荒井美恵子チャンとパリでロケをした作品でしょう。バスルームでの濃厚かつ過激な絡みもあって、男性を挑発しちゃいます、フフフ」

タイトルは「&M」(キングダム)。8月5日発売予定だ。

 それにしても、エロ丸出しの後藤さん。ラジオ日本やスポンサーにクレームはこないのか?

「ハイ、特にありませんね。みなさん、ワタシのキャラをご存じで、それを認めていただいてるってことだと思います」

■スカウトされた回数は「名刺の束ができるくらい」

 さて、舞台女優を目指して関東国際高校演劇科に学んだ後藤さん、在学中から目立つ存在だった。

「新宿、原宿、渋谷はもちろん、自宅の最寄り駅にもスカウトさんが待ち構えていて、名刺の束ができるくらいお誘いを受けました。ワタシ自身は興味があったんだけど、厳しい家庭でしたから」

 桐朋学園短大演劇専攻コースに進学後の92年、当時、芸能界への登竜門といわれたクラリオンガールの準グランプリに輝き、これをきっかけに芸能界デビューした。

「もちろん、最初はエロとは無縁でしたよ。小田急さんのポスターとか、NHK教育テレビの趣味の番組『熱中ホビー百科』とか。教育テレビはGODIEGOのタケカワユキヒデさんとご一緒させていただきました」

 その後、お色気深夜番組「トゥナイト2」のリポーターや名門カーレースチーム「マジョーラインパル」のレースクイーンを経験し、次第にエロカワ路線に。発売するDVDがコンスタントに売れ、「数字が読めるセクシータレント」と呼ばれた。

「4年前に宅地建物取引士の資格を取得し、三味線とお筝は生田流教師の資格を持ってまして、師範までもうちょっと。これからはこれらの資格を生かしたお仕事、ドラマ、映画にも挑戦したいと思ってます」

 独身。立候補する男はいないのか!?

<< 前へ 1234