電脳九龍城に行きたいなぁ。


あの九龍城が川崎にもあるの?

九龍城ってなに?というと、世界最大規模、究極の集合住宅?スラム街かしら。
正確な情報はウィキペディアより。

九龍城砦は、現在の香港・九龍の九龍城地区に造られた城塞、またはその跡地に建てられていた巨大なスラム街を指す呼称。広東語で「ガウロン センツァイ」と呼ばれてきた。 日本では九龍城砦を「九龍城」と呼ぶ場合がある。香港本土では「九龍城」は九龍城砦が存在した一帯の地域名あるいは行政地区名の呼び名である。

これみると「あぁ、あれね。」となりませんか。
内部は200m×150mの非常に狭い地域に約5万人が住んでおり、人口密度は200万人/km2だったとされています。九龍城砦の広さは、東京ドーム(約4万5000人〜5万5000人収容可能)の半分ほどの面積しかありません。
現在、九龍城砦はとり壊され『九龍寨城公園』として周辺住民の憩う公園となっているようで、太極拳やイベントなど各種文化活動も住民と地元役所の手により行われているらしい。
もう存在しないし、そもそも実際の九龍城なんて怖くていけない。近場に再現したエリアがあるなら行かない手はないわけです。

◆九龍城を再現したゲームセンター ウェアハウス川崎 電脳九龍城砦
そんな九龍城を再現したゲームセンターウェアハウス川崎 電脳九龍城砦。
場所は、神奈川県川崎市川崎区日進町3-7。降車駅は川崎駅。
都内近郊であれば電車を乗り継いで行けば気軽に行けると思います。川崎駅東口から出て、ヨドバシカメラのある方向に歩き線路沿いに進んでいくと徒歩5分~10分くらいで着きます。
ウェアハウス川崎 電脳九龍城砦は18歳未満入店禁止
注意が必要です。 時間帯関係なしに、18歳未満入店禁止です。どうしても子連れでという場合は、一度電話で確認した方が良いでしょう。

入口は、駐輪場側からと道路側からの2つのようで写真は駐輪場側からの入口。
道沿いの入口と、この丸いデザインの入口と2箇所入口があるようですが、どっちが正面なのかはわかりませんでした。

そんな裏口らしきところから店内に入るとびっくり。
思っていた以上に雰囲気がある。暗い。怖い。。。
朝早くいったと言事と誰もいない。。。怖い。

1階スペースはそれほど広くはなく、2階への導線といった程度の広さです。 ただ、1階も雰囲気がありそれなりに見て楽しめます。
エスカレーターを上る途中の壁も、質感から剥がれた広告など非常によくできています。

◆電脳九龍城砦のゲームセンターフロア
エスカレータを降りると、メインスペース。
作りもこのスペースが一番凝っています。
2階から3階へ吹き抜けとなっていて、見上げると壁面側が2階建て九龍城砦の建物を再現しています。

おぉと思ったのは、このスペースにあるゲーム筐体は全てレトロゲームで構成されています。
しかも、しっかりメンテナンスもされいて遊ぶことができます。

◆ゲームセンターとしてもしっかり楽しめる
ゲームセンターとしてもしっかり遊べます。 大型のUFOキャッチャーから、音ゲー、対戦ゲーム、シューティングゲームと多数のゲーム機がそろっています。 スペースも広く、天井も高いため圧迫感がなく、アミューズメント施設として十分楽しめます。

続きはこちらの参照元記事で
電脳九龍城 ウェアハウス川崎の九龍城再現度が半端なかった