USJについにマリオが登場!


テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)は8日、人気キャラクター「マリオ」などが登場する新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」の建設着工式を開いた。

新エリアは、最新技術を使った乗り物型アトラクション「マリオカート」のほか、店舗やレストランを設け、2層構造の巨大複合エリアとなる。建設場所は、映画「ハリー・ポッター」エリアの西側。USJはこれまで投資額について、USJ史上最大の500億円としていたが、同日、600億円を超えると発表した。2020年夏までの開業を目指す。

着工式では、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」をテーマにしたステージで、土管からマリオが登場。マリオの生みの親である任天堂の宮本茂代表取締役も登壇し「任天堂のゲームの世界に入ったような体験ができる」とアピール。USJ運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)は「国内外から多くのゲストを迎えることができるだろう」と述べた。

その後、ゲームに登場する「ハテナブロック」をたたき、花火と紙吹雪で着工を祝った。


■マリオエリア、20年までに開業
大阪市此花区のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社は12日、「マリオ」を中心とした人気キャラクターが登場する任天堂エリアを東京五輪が開催される2020年までに開業すると発表した。投資規模は約500億円。任天堂エリアは日米3カ所のテーマパークで展開されるが、USJが世界で最初のオープンとなる。

 エリアの名称は「SUPER NINTENDO WORLD」(スーパー任天堂ワールド)。関西大学の宮本勝浩名誉教授は、任天堂エリアのオープンによってUSJが近畿圏にもたらす経済効果は、10年間で約6.2兆円に上ると試算。任天堂エリアはハリー・ポッターエリアの人気を上回ると予測した。