おまえは何を言ってるんだ | 国籍不明の蓮舫氏「日本の総理大臣になってやってもいい」


蓮舫氏のトンチンカンと勘違いが民進党の足を引っ張っている 忘れられない「国会内モデル事件」のインタビュー

私が彼女をこりゃだめだと感じたできごとが、いわゆる「国会内ファッションモデル」事件である。
当時、行政刷新担当相に就任してちょっとした「時の人」扱いだった蓮舫氏が、ファッション雑誌「VOGUENIPPON」(2010年11月号)に登場。当時、42歳。独占インタビューの見出しは「私が走り続ける理由」だったと記憶する。インタビューとともに掲載された写真には、総額270万円のブランド衣装を身につけ国会議事場内でポーズをキメる蓮舫氏の華麗な姿がズラリ。でも後日、西岡武夫参院議長から口頭で注意を受けてしまった。

私が看過できなかったのはインタビューにあった彼女の次の言葉だ。
「ギャルからOLのお姉さんまで全員立ち止まる政治家というのは、私しかいない」
 自分を見て誰かが立ち止まることを想像してみてほしい。普通は「顔に何かついている?」あたりを考えると思うが、彼女はそうではない。明らかに、「私」の魅力で、誰かを「立ち止まらせている」シーンが想定されている。しかも「全員」が、だ。
 言いたいことは山ほどあるが、次の発言にはもはや、言うべき言葉も見つからない。
「総理という選択肢も、私の中では否定していません」
総理になりたくてなれなかった政治家は数知れずいるが、総理への就任を自ら固辞した政治家は伊東正義(元副総理)と小沢一郎(現・自由党代表)くらいのものだといわれる。しかし、彼女は「総理になってもいい」という。「なりたい」ではなく、「なってもいい」というところが重要だ。まだ、誰も「なってくれ」と言ってないのに。

頭おかC