北ミサイル失敗 直後に爆発


米韓両軍によると、北朝鮮は16日午前6時21分(日本時間同)、東部・新浦付近から弾道ミサイル1発の発射を試みたが、失敗した。
同日午後には、ペンス米副大統領が韓国に到着しており、訪韓直前のミサイル発射で米国をけん制する狙いがあったとみられる。米韓両軍はミサイルの分析を進めている。

 米太平洋軍は、ミサイルは発射直後に爆発したとの見方を示した。米ホワイトハウス当局者もペンス氏の同行記者団に対し、「(発射)4~5秒後に失敗に終わった」と語った。また大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなく、同当局者は、準中距離弾道ミサイル(射程1000~3000キロ)型だったとみられると明らかにした。

 新浦付近では5日、弾道ミサイル1発が発射され、約60キロ飛行した。「スカッドER」(射程1000キロ)と推定されているが、同型のミサイルの可能性もある。

 ペンス氏は16日午後、専用機で就任後初めて韓国に到着した。17日には黄教安大統領代行(首相)と会談し、北朝鮮問題について話し合う方針だ。米軍の原子力空母カール・ビンソンも朝鮮半島沖に接近中で、北朝鮮にはこうしたタイミングで軍事力を誇示することで、圧力を強めるトランプ米政権を揺さぶる狙いがあったとみられる。

 北朝鮮は15日、故金日成主席の生誕105周年を祝賀する軍事パレードで、新型ICBMとみられるものを含めて各種ミサイルを公開し、米国との対決姿勢を鮮明にしたばかり。今後も挑発行動を続ける可能性がある。

 韓国政府は16日午前9時半から、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、対応を協議。韓国外務省報道官は論評を出し、弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会の決議違反だと指摘した上で、「核実験やICBM発射などさらなる挑発に及べば、強力な懲罰的措置が必ずある」と警告した。 

◆韓国「挑発に懲罰」
韓国政府は16日、外交部報道官の論評を出し、弾道ミサイルを発射した北朝鮮を非難するとともに挑発を続ければ懲罰のための措置を取ると警告した。

 論評は北朝鮮の弾道ミサイル発射が国連安全保障理事会の決議に違反し、「朝鮮半島と国際社会の平和に対する威嚇」だと指摘。北朝鮮が15日に平壌で行った軍事パレードで新型ミサイルなどを誇示したことともに非難した。

 また、今後、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射などの戦略的挑発を行った場合は、「北の政権にとって耐え難い懲罰的措置が必ずあることを重ねて警告する」とした。

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮はこの日午前6時20分ごろ、東部の咸鏡南道・新浦付近から弾道ミサイル1発を発射したが失敗した。

◆中国旅行社 北朝鮮観光を全面中止
トランプ米大統領が北朝鮮の核開発阻止に向け軍事的圧力を強めたことで朝鮮半島の緊張が高まる中、中国の旅行会社が北朝鮮への観光をすべて中止した。香港の有力英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが16日、伝えた。

 同紙は国有最大手の中国国際旅行社(CITS)などの多くの旅行会社が北朝鮮への観光を中止したと報じた。

 中国で唯一北朝鮮便を運営している中国国際航空も17日から北京と北朝鮮の首都・平壌を結ぶ便の運航を停止する。

 中国は北朝鮮の同盟国だが、米国の圧力や朝鮮半島での緊張の高まりもあり、北朝鮮の核実験やミサイル発射に反対している。今回の観光の中止は北朝鮮に圧力をかける意図があるとみられる。

 中国は故金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年(太陽節)に合わせ、15日に平壌で行われた大規模な軍事パレード(閲兵式)にも政府高官を派遣しなかった。