日本人の寿司のご飯だけを残す量は621万トンで飢えた人への世界の食糧援助量の2倍に相当


・寿司のネタだけを食べてシャリを残す人がいると話題になっていた
・日テレが寿司屋に取材したところ、シャリの大きさを変えたり「シャリ無し」も頼めるという
・日本の年間食品ロスは621万トン、内120万トンが外食におけるもの
■“食品ロス”は援助量の2倍

 世界には食料不足で餓死する子どもたちがいる。日本の食品の半分以上は世界から輸入したものだが、年間の食品ロス621万トンは、飢えに苦しむ人々に向けた世界の「食糧援助量」の2倍に相当する量だ。

ネットの反応
「刺し身食えばいいんじゃないの」
「糖質制限?運動したほうがよくね」
「シャリ残すやつその後スイーツとか食ってないだろうな?」
「コンビニも叩いといたほうがいいかな」
「回転刺し身のビジネスチャンスか」
「世界のことはよくわからんがシャリ残すやつと食事に行きたくない」