楽天オワコンすぎて脱出する業者が続出


もう楽天は卒業します――。大手電子商取引(EC)モールから撤退し、自前の通販サイトで勝負する企業が相次いでいる。ECモールはインターネット通販の立役者だが、出店者が増えるほど埋没しやすく、制約も多い。

 「楽天市場店はサービスを終了しました」。2月20日、楽天のサイト内に、こんなページが公開された。もともとはメガネのオンデーズ(東京・品川)のショップがあった場所だ。同社に問い合わせると、自社のECサイトを強化し、そこに一本化したという。

 撤退の理由は「方向性の違い」と明石拡士執行役員。「楽天市場で目立つためには商品の値段を下げるか、派手なデザインにしないといけない」。自社のブランドへのこだわりが、楽天では表現できないと判断した。

オンデーズの公式通販サイトをのぞくと、白を基調にしたすっきりした印象。トップ画面の下部には、ファンが同社の商品を撮影し「#owndays」などとタグ付けして、動画共有サービスのインスタグラムに投稿した写真が並ぶ。外部サイトへのリンクが規約で禁止された楽天ではできない見せ方だ。

 こんな動きはオンデーズだけではない。あるブログでは、楽天市場を退店したショップをまとめている。その数は今年に入って約160。