民進党が都民ファーストの会を乗っ取り、都議選で議席大幅増加で蓮舫が大勝利


民進党は元民進党を合わせると議席が増える仰天の結果

先日、高橋亮平コラムで『【東京都議選大胆予測・全候補者選挙区別一覧】自民が第1党。都民F+公明過半数届かず、民進は激減か』を書き、業界団体、メディア関係者まで本当に多くの方に読んでもらった。
前回は、全選挙区情勢を掲載するため、細かいことまで書ききれなかったが、この選挙予測によると、どういったことが起こるであろうかという事について、今回は紹介していこうと思う。

今回注目したのは、「公認・推薦を出している政党で見るのと、会派別で見るのとでは、見え方が異なる」という事だ。

分かりやすい事例で紹介すると、先日のコラムでは、「民進党は4.8人に激減」と紹介したが、同じ数字が、今年2月に当時民進党に所属していた都議18人で作った「東京改革議員団」という会派で見ると、13.0人が当選するという事になるのだ。

その理由の一つが「民進党離党ドミノ」と言われた一連の流れの中で、「東京改革議員団」所属の現職都議18人のうち10人が民進党を離党したが、会派としては、そのまま「東京改革議員団」に残っているということがある。

元民進党議員を含めると民進党関係議員が18.5人当選で議席を増やすという予測

これだけ逆風が吹く中、民進党関係議員が逆に議席を増やすという予測結果になったというのは、ある種驚きの結果かもしれない。