眞子さま乗る車が事故


秋篠宮家の長女眞子さま(25)が乗られた乗用車が26日、都内の路上で物損事故を起こしていたことが、宮内庁への取材でわかった。

同庁によると、運転していたのは同庁の男性技官で、26日午後6時過ぎ、千代田区丸の内の交差点を右折する際、右後輪が中央分離帯に接触し、パンクした。眞子さまら同乗者にけがはなかったという。同庁は「安全運転意識の向上を徹底したい」としている。
同庁では昨年11月にも、相模原市の中央道で、秋篠宮妃紀子さまと長男悠仁さまが乗られたワゴン車が、乗用車に追突する事故が起きている。