自民惨敗で月内にも内閣改造


自民党が東京都議選で惨敗したことで、安倍晋三首相の求心力低下は必至だ。第2次安倍内閣発足以来続いてきた「安倍1強」が揺らぎ、今後の政権運営は一気に不透明感を増した。首相は早期の内閣改造・党役員人事で局面を打開したい考えだ。7月中旬から8月上旬にも踏み切るとみられる。

首相は2日夜、東京都新宿区のレストランで麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、甘利明前経済再生担当相と会談した。

 自民党は、学校法人「加計学園」の問題で守勢を強いられた。萩生田光一官房副長官や下村博文幹事長代行(都連会長)の名も取りざたされた。稲田朋美防衛相が都議選の応援で「自衛隊、防衛大臣としてもお願いしたい」と発言した問題も追い打ちをかけた。

 いずれも首相と近い議員で、首相とその「身内」が逆風を招いたとの不満が広がる。首相側近は「すぐに人事に着手しないと持たない」と述べた。今週後半からの欧州歴訪後に人事に踏み切るとの見方もある。ただ、新任閣僚が失態を起こせば、さらに政権が弱体化するジレンマもある。首相は難しい判断を迫られる。

 首相は今秋の臨時国会に自民党改憲案を提出すると表明している。しかし、党内には首相方針への異論もあり、惨敗は首相の目指す改憲日程にも影響しそうだ。

■自民都連、下村会長ら党5役辞任へ
東京都議選の歴史的敗北を受け、自民党東京都連の下村博文会長、萩生田光一総務会長ら党5役全員が辞任する方針を固めた。同党都連幹部が3日未明、明らかにした。

■都民ファ大勝
 2日に投票が行われた東京都議会議員選挙は、小池知事が率いる都民ファーストの会が大勝して都議会第一党となり、自民党は過去最低の議席を下回り惨敗。小池知事を支持する勢力が都議会で過半数を獲得したことについて、都庁担当の久野村有加記者が伝える。

 都民ファーストの会と公明党などの支持勢力で過半数を獲得することが確実になったことで小池知事は都議会で条例や予算を通しやすくなった。自らの進めたい方向に都政を進めやすくなったことになる。

 一方、地方自治は知事と議会がお互いをチェックしあう二元代表制になっているが、小池知事自身が代表を務める都民ファーストの会が第一党になることで、議会の知事に対するチェック機能が働くのかが懸念される。早速、都庁の幹部からは、「議会が知事の“イエスマン集団”になるのではないか、事実上の小池独裁ではないか」と不安視する声が上がっている。

 これに対して小池知事は、「これまでの議会にチェック機能があったのか」などと反論している。

 また、自民党の大敗で都議会の構図は大きく変わることになる。都民ファーストの会は議員経験がない候補も多いため、議会運営や各会派との調整では、公明党の発言力が強くなるのではとの見方も出ている。

 今後、東京都知事としての立場と、議会第一党の都民ファーストの会代表の立場を兼ねることとなる小池知事。2つの立場を両立させていくことができるのかが問われることになる。

■都議選 投票率は51.28%
東京都選挙管理委員会は3日、2日に投開票が行われた都議選の投票率を51.27%から51.28%に訂正したと発表した。
品川区の投票結果に訂正があったため。