『巌流島 ADAUCHI 2017』に近藤有己が参戦


イベントにはハプニングがつきものだが、9・2『巌流島 ADAUCHI 2017』舞浜大会もマッチメイクでかなりバタバタすることになった。

次に怪我をしたのは、インドの毒蛇ブラックマンバ(ムエタイ)と対戦する予定だったカマキリ拳法・瀬戸信介。瀬戸は練習中にふくらはぎの筋肉断裂でドクターストップ。そこで、カマキリに変わる野獣系の選手を何人かピックアップし、ブラックマンバと再交渉。ところが、今度はブラックマンバの方が「瀬戸じゃないとやらない」と言い出し、最終的にブラックマンバまで試合を辞退してきたのだ。一部のファンからブラックマンバに対する期待値が高かったこともあり、この事態に対して心よりお詫び申し上げます。

続いて消滅した「瀬戸信介 vs ブラックマンバ」の代わりに決定したのが「Mr. パンクラス」近藤有己の参戦! もともと少林寺拳法をベースにパンクラスに入団した近藤有己は、巌流島向きと参戦待望論が上がっていた選手の一人。デビュー後も、鈴木みのる、船木誠勝、フランク・シャムロック、セーム・シュルト、サウロ・ヒベイロらのビッグネームを破る快進撃を続け、キング・オブ・パンクラシストに輝いたMr. パンクラス的な存在。キャッチフレーズは「不動心」。少林寺拳法、ヨーガ、MMAのバックボーンを巌流島で活かし、かつての輝きを取り戻すことができるか?

近藤有己の対戦相手は近日中に発表するとのこと。