『UFC Fight Night 108』ジェシカ・ペネから禁止薬物の陽性反応


 USADAが3月20日にジェシカ・ペネに対して行った検査で禁止薬物の陽性反応が出たことを発表。ペネは4月22日にテネシー州ナッシュビルで開催された『UFC Fight Night 108: Swanson vs. Lobov』でダニエル・テイラーに判定負けしており、現在3連敗中です。なお、ペネはUFC史上初の生体パスポート検査による陽性反応が出た選手となったそうです。

生体パスポートまたはバイオロジカル・パスポート(Biological passport)とは、スポーツ選手の一定期間における生物学的マーカーを記録し、これを照合することでドーピングを検知するドーピング検査手法である。

従来の手法では、検査に際して体内から禁止物質が検出されるか否かで判断がなされていたが、生体パスポートでは継続的な観察により、通常であれば生理学的にありえない(例えば禁止薬物を用いたような)体質の変化から、ドーピングを検知する。