『UFC Fight Night 109: Gustafsson vs. Teixeira』の試合結果とコメント


▼ライト級/5分3R
マーチン・ヘルド vs. ダミア・ハゾヴィッチ

 1ラウンド。ヘルドジャブ。ハゾヴィッチ左ミドル。前蹴り。ヘルドジャブ。ワンツー。ハゾヴィッチ左ミドル。前蹴り。ローが交錯。ハゾヴィッチ右フック。ジャブ。クリンチ、離れる。パンチが交錯。ヘルドテイクダウン、ハーフガード。パスしてサイド。ハゾヴィッチハーフに戻す。ヘルドパウンド。ハゾヴィッチさらにクローズドに戻す。ヘルドパスしてハーフ。バックを取る。ラウンド終了。

 2ラウンド。ヘルドバックスピンキック。ハゾヴィッチ左ミドルもヘルドテイクダウン、ハゾヴィッチ金網を背にする。ハゾヴィッチ立つ、ヘルドなおも金網に押し込む。バックを取りおんぶに。チョーク狙いもヘルド降りる。ハゾヴィッチが金網に押し込む。離れる。ハゾヴィッチ左ミドルもヘルドキャッチしテイクダウン、ハーフガード。ヘルドダースチョーク狙いも外れる。ハゾヴィッチクローズドに戻す。ヘルド再度パスしてバックを取る。ラウンド終了。

 3ラウンド。ヘルド前に出て右フック。タックルに行くもハゾヴィッチ膝を合わせる! 側頭部にモロに入りヘルドノックアウト!

 3ラウンド0分07秒、ダミア・ハゾヴィッチKO勝ち。

▼176ポンド契約/5分3R
ダレン・ティル vs. イエシン・アヤリ

 1ラウンド。ティルはサウスポー。アヤリ右ロー。ティルワンツー。アヤリジャブ。パンチが交錯。ティル左フック。ワンツー。左フック。クリンチから膝蹴り、離れる。テイクダウン、アヤリ金網を背にする。アヤリ腹を蹴って脱出、スタンド。ティルクリンチからバックを取る、アヤリ離れる。ティルジャブ。アヤリワンツー、右ハイ。ラウンド終了。

 2ラウンド。クリンチ、離れる。ティルワンツー。アヤリ右ハイ。ティル左フック、アヤリぐらつく! ティルさらに左フック! アヤリタックルでごまかす、引き込んでアームバー狙いもティル外す、アヤリクローズドガード。アヤリ腹を蹴って脱出、スタンド。アヤリ左フック、なおも連打からタックル、金網に押し込む。ティル突き放す。アヤリクリンチから膝蹴り、離れる。ティル左フック! アヤリダウン! ティルパウンド! アヤリ下から肘打ち。ティル立って猪木アリ。レフェリー立たせる。ラウンド終了。

 3ラウンド。アヤリ右フック、クリンチ、離れる。ティルバックハンドブロー。アヤリタックル、金網に押し込む。離れる。ティル左ミドル。左ミドル。アヤリ右ミドル。ワンツー。右フック。右ハイは空を切る。ティル膝蹴り。右手を伸ばしたところでアイポーク。ドクターチェック後再開。アヤリ右ミドル。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-27、29-27)でダレン・ティル勝利。

▼ウェルター級/5分3R
ニコラス・ムソケ vs. ボヤン・ベリチコビッチ

 1ラウンド。ベリチコビッチはサウスポー。ジャブの応酬。ベリチコビッチ左ロー。クリンチ、ムソケが金網に押し込む、テイクダウン、ベリチコビッチ金網を背にする。ムソケパウンド連打もベリチコビッチ立つ、離れる。ベリチコビッチ左フック。左ストレート。左右ロー。左ハイ。ムソケ右ハイ。ワンツー。ベリチコビッチ右ミドルもムソケキャッチし金網に押し込む。離れる。ベリチコビッチ左フック。ムソケ右ストレート、ワンツー。右ミドル。ベリチコビッチタックル、ムソケがぶって離れる。ラウンド終了。

 2ラウンド。ムソケジャブ。右ミドル。ベリチコビッチ左ロー。ムソケ左フック。ベリチコビッチワンツー。左右ロー。ムソケワンツー。ベリチコビッチ左ロー、左フック。右ロー。水面蹴り。ムソケ右ミドル。ベリチコビッチジャブ。ムソケワンツー。左ロー。右ミドル。ベリチコビッチ左ハイ。テイクダウン、ベリチコビッチパウンド、ムソケすぐ立ち離れる。ベリチコビッチ右ミドルもムソケキャッチしテイクダウン、ベリチコビッチすぐ立つ、ムソケなおも金網に押し込み膝蹴り。肘打ち、離れる。ベリチコビッチジャブ。ラウンド終了。

 3ラウンド。ベリチコビッチワンツー。左ロー。ムソケ右ミドル。ジャブ。右ハイ。ベリチコビッチ左ロー連打。ムソケ左ロー。右ストレート。右ハイ。ワンツーからタックル、ベリチコビッチ切るもムソケなおもタックル、金網に押し込む。離れる。互いにジャブ。ムソケ右ミドル。ベリチコビッチタックル、金網に押し込む。ムソケ押し返して離れる。パンチが交錯。ムソケ右ハイ。ベリチコビッチ左ストレート。右フック。ムソケワンツー。ベリチコビッチタックルも切られる。ムソケワンツー。パンチが交錯、相打ちもムソケぐらつく! 千鳥足になったムソケにベリチコビッチ追撃の連打! レフェリー止めた!

 3ラウンド4分37秒、ボヤン・ベリチコビッチTKO勝ち。

▼ライト級/5分3R
レザ・マダディ vs. ヨアキム・シウバ

 1ラウンド。マダディプレッシャー掛ける。シウバワンツー。前蹴り。マダディワンツーからクリンチ、離れる。シウバ肘打ち、跳び膝。マダディテイクダウンもシウバすぐ立つ、マダディなおも押し込もうとするもシウバ離れる。マダディ再度テイクダウン、ハーフガード。シウバクローズドに戻す。マダディパウンド。こつこつパウンドを続ける。ラウンド終了。

 2ラウンド。シウバ左ミドル、マダディ思わず尻もち、すぐ立つ。マダディ右フック、左ストレート、膝蹴り。シウバ右ハイ。マダディテイクダウンもシウバすぐ立ち離れる。シウバ右フック、ジャブ、右フック。左アッパーからクリンチ、金網に押し込む。マダディ入れ替える、離れ際に右フック。シウバ左ハイ。ワンツー。左ミドル、右フック。マダディスピニングエルボー! シウバクリンチ、金網に押し込んで肘打ち、離れる。マダディバックハンドブロー。パンチが交錯。マダディ膝蹴り。シウバ右フック。ワンツー、膝蹴り。なおも連打。マダディワンツー。タックルもシウバがぶって逆に金網に押し込む、膝蹴り、離れる。シウバ左右ハイ、右ロー。マダディ右フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。互いに左ミドル。シウバワンツー、なおも連打。前蹴り、ワンツー。マダディワンツーからテイクダウン、シウバギロチンに行くもすっぽ抜ける。マダディパスしてサイドもシウバ立つ、マダディなおも金網に押し込み膝蹴りから再度テイクダウン、クローズドガード。シウバ立つ、離れてスタンド。マダディバックハンドブローもスリップ、シウババックからパウンド。マダディ組み付き金網に押し込む。シウバ押し返してテイクダウンからパウンド。マダディ下から組み付き金網に押し込む。テイクダウン狙うもシウバ押し潰して上になる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でヨアキム・シウバ勝利。

▼ミドル級/5分3R
トレヴァー・スミス vs. クリス・カモージ

 1ラウンド。カモージはサウスポー。スミス右ロー。右ストレート連打。テイクダウン。カモージオモプラッタ狙いもスミス外してバックからパウンド。カモージ立つ、スミスなおも金網に押し込む。膝蹴り。カモージも膝蹴り。スミス再度テイクダウン、クローズドガード。スミスパウンド。パスしてハーフ。スミス肘打ち。ラウンド終了。

 2ラウンド。スミス右フック、ジャブからテイクダウン、カモージ金網を背にする。スミス押さえ込んでパウンド連打。カモージクローズドガード。パスしてハーフからパウンド連打。肘打ち。カモージ顔面から出血。ラウンド終了。

 3ラウンド。スミス右ストレート。ジャブ。右ロー。タックルは切られるもなおも金網に押し込む。ブレイク。スミスクリンチ、金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード。スミスパウンド、肘打ち。パスしてマウント。スミスパウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-26、30-26)でトレヴァー・スミス勝利。

▼バンタム級/5分3R
ペドロ・ムニョス vs. ダミアン・スタシアク

 1ラウンド。スタシアク左ロー。ジャブ。ムニョス右ロー。右ミドル。右ロー連打。右フック、右ロー。右ハイ。スタシアクワンツー。ムニョス右ロー、右ハイ、右ミドル。右ロー。スタシアクワンツー、右アッパー。テイクダウンもムニョスギロチン。スタシアク外してスタンド。クリンチから膝蹴り。ムニョス右フック、膝蹴り。右ミドル。ジャブ。右ミドル。スタシアクワンツー。ムニョス右ミドル。ワンツー。スタシアククリンチから膝蹴り、離れる。ムニョスタックルも切られる。スタシアクジャブ。右アッパー。ムニョス右フック。スタシアク右アッパー。ワンツー。右ストレート。テイクダウンもここでラウンド終了。

 2ラウンド。スタシアクソバット。ムニョスジャブ。互いに右ミドル。スタシアクワンツー。右フック。右アッパー。ソバット。ワンツー。ムニョス右ハイ。スタシアクワンツー。かかと落とし。ワンツー。ムニョス右ミドル。右フック、右ハイ。スタシアクタックルもムニョスがぶってバックを取る。離れる。ムニョス左フック。スタシアク右フック。ソバット。ジャブ。ムニョス右ロー連打。スタシアクワンツー。ムニョス右ミドル。スタシアク右ハイ。ムニョスタックル、金網に押し込む、離れる。スタシアクワンツー。右アッパー。片足タックルも交わされる。ムニョス右ミドル。スタシアク右ミドル。ムニョス右フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。ムニョス右ロー。スタシアクワンツー。ムニョスタックルも切られる。スタシアクワンツー。ムニョスタックルも切られる。スタシアクワンツー。ムニョス膝蹴り、ワンツー。互いにジャブ。スタシアク右フック。左ミドル。タックルもムニョス押し潰して上になる、クローズドガード。ブレイク。パンチが交錯。スタシアクソバット。ワンツー。ムニョス右フック、膝蹴り。スタシアク前蹴り。ムニョス右フック。スタシアクソバット。ワンツー。ワンツー。ムニョス右ロー。スタシアク右アッパー。右フック。パンチが交錯、ムニョス首を抱えてからバックに回り込む、テイクダウン、ムニョスなおもバックをキープ。スタシアク脱出、離れる。スタシアクソバット。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、28-28、29-28)でペドロ・ムニョス勝利。

▼ミドル級/5分3R
ジャック・ヘルマンソン vs. アレックス・ニコルソン

 1ラウンド。ヘルマンソンテイクダウン、パスしてサイド。ヘルマンソン鉄槌、パウンド。パスしてマウント、ニコルソン反転しバックマウントに。ヘルマンソンパウンド連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド2分00秒、ジャック・ヘルマンソンTKO勝ち。

▼ウェルター級/5分3R
オリバー・エンカンプ vs. ノーディン・タレブ

 1ラウンド。タレブ右ロー。エンカンプワンツー。ソバット。タレブプレッシャー掛ける。右ロー。エンカンプタックルも切られる。タレブワンツー。右ロー。エンカンプワンツー。なおもワンツー。タレブ右ロー。左フック。エンカンプタックル、金網に押し込む。テイクダウン、パスしてサイド。しかしタレブ立つ、離れる。タレブ右ロー。エンカンプワンツー。首相撲から膝蹴りもタレブテイクダウン、エンカンプラバーガード。アームバー狙いも外れる。ラウンド終了。

 2ラウンド。エンカンプジャブ、左ハイ。タレブ右ロー。エンカンプソバット。タレブ左フック。エンカンプタックルも切られる。タレブ右ロー。ジャブ。クリンチ、離れる。エンカンプ右ハイ。タレブジャブ。ワンツー。右フック。エンカンプタックルも切られる。エンカンプ右ロー。タレブジャブ。エンカンプ左ハイからタックル、タレブがぶって上になる、サイドを取る。タレブ肘打ち。エンカンプ反転し亀に。さらに反転しハーフガード、クローズドガード。ラウンド終了。

 3ラウンド。エンカンプ関節蹴り。タレブジャブ。エンカンプ右ハイ。左ハイ。タレブ左フック。ジャブ。エンカンプタックルも切られる。タレブジャブ。エンカンプ右ミドル。左フック。タレブ右ストレート。左フック。エンカンプ右ミドルもキャッチされる。離れる。タレブ左ストレート。テイクダウン、エンカンプギロチンもタレブ外す。エンカンプ金網を背にする。タレブ押さえ込む。エンカンプオモプラッタ狙い、三角絞め狙いも外れる。タレブ肘打ち、鉄槌。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-27、29-28)でノーディン・タレブ勝利。

▼ウェルター級/5分3R
アブドゥル・ラザク・アルハサン vs. オマリ・アクメドフ

 1ラウンド。ラザクプレッシャー掛ける。アクメドフ前蹴り。ラザク右ローもアクメドフキャッチしテイクダウン、ラザク金網を背にする。ラザク立つ、離れる。ラザクワンツー。アクメドフジャブ。ワンツー。飛び込んでテイクダウン、ハーフガード。ラザク脱出、離れる。ラザク左ロー。ワンツー。アクメドフ右フック。右フック。右ロー。ラザク右ロー連打。左ミドル。アクメドフ右ストレート。ジャブ。ラザクワンツー、アクメドフもワンツー。ジャブ。ラウンド終了。

 2ラウンド。ラザク左ハイ、右ロ。アクメドフ右フック。ジャブ。右ロー。ラザクワンツー。右ストレート。ワンツー、なおもワンツー。アクメドフテイクダウン、ハーフガード。ラザク脱出、スタンド。アクメドフ右ストレート。タックル、金網に押し込む。テイクダウン、ラザク金網を背にする。ラザク立つ、離れる。アクメドフジャブ。ラザク右ストレート。右ロー。アクメドフワンツー。ジャブ。ラザク右ストレート、ワンツー。なおもワンツー。アクメドフテイクダウン、ハーフガード。アクメドフパウンド、肘打ち。ラウンド終了。

 3ラウンド。アクメドフジャブ。右ロー。右ストレート。ラザクジャブ。アクメドフワンツー。パンチが交錯。アクメドフ飛び込んでテイクダウンもラザクすぐ立ち離れる。ラザクワンツー。なおもワンツー。右ストレート、ワンツー、ワンツー。ワンツー。アクメドフ片足タックルからテイクダウン、パスしてマウント。アクメドフ肘打ち。ラザク脱出、スタンド。アクメドフタックル、金網に押し込む。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(30-27、28-29、30-27)でオマリ・アクメドフ勝利。

▼ウェルター級/5分3R
ピーター・ソボタ vs. ベン・ソーンダース

 1ラウンド。互いにサウスポー。ソボタ右ロー。左ストレート! ソーンダースダウン! すぐ立つ。ソボタ左ロー。ソーンダース右ロー。ソボタジャブ。ソーンダースワンツー、右フック。ソボタ左フック。左ロー、ジャブ。ワンツー。ジャブ。ソーンダース左ミドル。ソボタワンツー。ソーンダース左ロー。左ミドル。ソボタジャブ。ソーンダース左ミドル。ローが交錯。ソーンダース左ミドル。ソボタジャブ。ワンツー! ソーンダースダウン! ソボタパウンド。ソーンダースラバーガードで凌ぐ。さらに下から肘打ち。ラウンド終了。

 2ラウンド。ソーンダース左ミドル。ソボタジャブ。互いにロー。ジャブが交錯。ソーンダース左ロー。ジャブ。左ミドル。ソボタ左フック! ソーンダースぐらつく! ソボタなおも連打! ソーンダース離れる。ジャブが交錯。ソボタジャブ連打から左ストレート! ソーンダースぐらつく! ソボタなおも連打から膝蹴り! ソーンダースダウン! レフェリー止めた!

 2ラウンド2分29秒、ピーター・ソボタTKO勝ち。

▼ライトヘビー級/5分5R
ヴォルカン・オズデミア vs. ミーシャ・サークノフ

 1ラウンド。サークノフはサウスポー。左ミドル、右フック。左ストレート。オズデミア右ストレート。サークノフ突っ込んでワンツー、オズデミア下がりながらもカウンターの右フック! サークノフ前のめりにダウン! レフェリー止めた!

 1ラウンド0分28秒、ヴォルカン・オズデミアTKO勝ち。

▼ライトヘビー級/5分5R
アレクサンダー・グスタフソン vs. グローヴァー・テイシェイラ

 1ラウンド。グスタフソンいきなりソバットも空を切る。右ロー。グスタフソンワンツーからタックル、金網に押し込んでからテイクダウンもグスタフソンすぐ立ち離れる。グスタフソン前蹴り。ジャブ。前蹴り。左ストレート。グスタフソンプレッシャー掛けてワンツーもかわされる。グスタフソンワンツー。右アッパーから手を伸ばしたところでアイポーク。ドクターチェック後再開。グスタフソン右ロー。ワンツー。右アッパー。ジャブ。右ストレート。ワンツー。テイシェイラプレッシャー掛ける。グスタフソンサークリング。ワンツー。ソバット。ワンツー。肘打ち。テイシェイラプレッシャー掛ける。グスタフソンサークリング。ラウンド終了。

 2ラウンド。互いにジャブ。グスタフソン右ストレート。ワンツー。右アッパー。前蹴り。ワンツー。グスタフソンワンツー。前に出るもグスタフソンサークリング。グスタフソン左目の上から出血。グスタフソンワンツー。テイシェイラ追い掛ける、グスタフソン逃げる。グスタフソン飛び込んで連打! グスタフソンダウン! すぐ立つ。グスタフソン鼻から出血。テイシェイラワンツー。グスタフソン膝蹴り。テイシェイラワンツー。グスタフソン前蹴り。ワンツー。テイシェイラジャブ。右ハイ。グスタフソンジャブ、右ストレート。テイシェイラ前に出るもグスタフソン逃げる。グスタフソンジャブ。前蹴り。

 3ラウンド。グスタフソン右ロー。ワンツー。ジャブ。前蹴り。左右アッパー! テイシェイラダウン! グスタフソンパウンド、肘打ち。テイシェイラクローズドガード。グスタフソンなおも肘打ち連打。グスタフソン下から脱出、逆に金網に押し込む。しかしグスタフソン入れ替えて再度テイクダウン、バックを取る。テイシェイラ立つ、離れる。グスタフソン前蹴り。左右アッパー。前蹴り。二段蹴り。テイシェイラワンツー。ジャブ。グスタフソン右アッパー。ジャブ。テイシェイラ右ロー。グスタフソン右ストレート、右フック。前蹴り。テイシェイラワンツー。ジャブ。ラウンド終了。

 4ラウンド。グスタフソン右ロー、左ミドル、右ストレート。テイシェイラ右ロー。グスタフソン右ストレート。テイシェイラワンツー。グスタフソンワンツー、右エルボー。タックル、金網に押し込む。離れ際にワンツースリー。互いに左ミドル。パンチが交錯。グスタフソン膝蹴り。テイシェイラ前に出るもグスタフソン逃げる。グスタフソンワンツー。右アッパー。テイシェイラ右フック。グスタフソンワンツー、右ロー。左フック。テイシェイラ右ストレート。グスタフソンワンツー。右アッパー。ラウンド終了。

 5ラウンド。テイシェイラ右ミドル。グスタフソンワンツー。テイシェイラワンツー。グスタフソン右アッパー3連打! 右フック! テイシェイラノックアウト!

 5ラウンド1分07秒、アレクサンダー・グスタフソンKO勝ち。

 グスタフソンがオクタゴンに彼女を招き入れ指輪を出して公開プロポーズ。彼女はOKし会場は祝福ムードに。

■アレクサンダー・グスタフソンの公開プロポーズの動画

でき婚なのかな?

■パフォーマンスボーナス
UFCが『UFC Fight Night 109: Gustafsson vs. Teixeira』のパフォーマンスボーナスを発表。

▼ファイト・オブ・ザ・ナイト
アレクサンダー・グスタフソン vs. グローヴァー・テイシェイラ

▼パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
ボヤン・ベリチコビッチ、ダミア・ハゾヴィッチ

 4選手には各5万ドルのボーナス。
 スウェーデン・ストックホルムで開催されたエリクソン・グローブで開催された同大会の観衆は主催者発表で1万2668人・192万ドルとのこと。観衆・ゲート収入ともにストックホルム大会歴代3位の記録です。

■アンソニー・ジョンソンがグスタフソン vs. テイシェイラを見て「イライラする!」
『UFC Fight Night 109: Gustafsson vs. Teixeira』のアレクサンダー・グスタフソン vs. グローヴァー・テイシェイラを見たアンソニー・ジョンソンがツイッターで「イライラする! 正しいアッパーカットの打ち方を見せろよ!」とコメント。ジョンソンは両者にKO勝ちしています。

■アレクサンダー・グスタフソン「俺はアンソニー・ジョンソン戦で学習した」
 『UFC Fight Night 109: Gustafsson vs. Teixeira』でグローヴァー・テイシェイラに5R KO勝ちしたアレクサンダー・グスタフソンが以下のコメント。

「(UFC 214でダニエル・コーミエかジョン・ジョーンズの代打を頼まれた場合どうするかと尋ねられ)俺はここにいる。次戦がどうなるかは彼らからの連絡次第だ」

「ジミ・マヌワと闘うつもりはない。俺たちは親友だしトレーニングパートナーだ。練習でお互いを高め合っている」

「俺はアンソニー・ジョンソン戦で学習した。あの日は俺の日じゃなかった。何も非難するつもりはない。彼はノックアウト・アーティストだし、俺はスロースターターだった。こっちから仕掛けなきゃいけない。向こうから仕掛けてくるのを待つことはできない。パンチを喰らった後に動き始めるのは遅い。あのパンチは試合を終わらせるパンチだった。こちらから仕掛けなきゃいけないことはあの日に学んだ」

「プロポーズは子供ができたので自然な流れだった。正直言うと負けたらプロポーズしなかったと思うが、勝ったので絶好のタイミングだと思った」

「ジョン・ジョーンズは最大の敵だ。彼のことは好きじゃないが、史上最強のファイターだと思うしパウンド・フォー・パウンドだと思ってる。彼が無敗であることは周知の事実だ。だが人間として、チャンピオンとして問題がある。だからダニエル・コーミエに勝って欲しい。彼は素晴らしいチャンピオンだ」

しなかったんかい!(笑)

■アレクサンダー・グスタフソン vs. グローヴァー・テイシェイラを見たファイター・関係者の反応
『UFC Fight Night 109: Gustafsson vs. Teixeira』アレクサンダー・グスタフソン vs. グローヴァー・テイシェイラを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。

ハファエル・ドス・アンジョス
「アイポークは好きじゃないな」

ジェイク・エレンバーガー
「グスタフソンの動きは良いね」

ロバート・ホワイトフォード
「(グスタフソンは)なんてコンビネーションだ」
「どっちも凄いスキルだよ」

エリアス・テオドロウ
「グスタフソンは何度もアッパーカットをヒットさせてるな」

ブラッド・ピケット
「ライトヘビー級の素晴らしい試合だ」

ヴィトー・ヴィアナ
「グスタフソンのパンチ&ラン(笑)」

ジェラルド・ハリス
「グスタフソンのヒット&アウェイはベストを尽くしているが、テイシェイラはそれでも追いかけている。殺戮本能のコンビネーションだな」

ジョン・モーガン
「観客は総立ちだ。凄い」

トラック・ゴードン
「グローヴァーはどんだけタフなんだよ! あのアッパーカットはクレイジーだ」

マーク・ディアケイシー
「グローヴァーはとんでもなくタフだな!」

ショーン・オコネル
「UFCのライトヘビー級は決して層は厚くないが、トップファイターは世界一イケてるな。グローヴァーとグスには敬意を払うよ」

ジョン・カヴァナ
「なんて試合だ! グローヴァーは頭を下げてジャブを打つ傾向があるが、その時にアッパーカットを貰いやすくなってるな」

ヨアンナ・イェンジェチック
「グスタフソンはなんてパフォーマンスをするの! 凄い試合ね。どちらもリスペクトするわ」

ダニエル・コーミエ
「グスタフソンは凄いね」

ジェラルド・ハリス
「グスタフソンは単に逃げてるわけじゃない。中央に戻るために走っている。テイシェイラは多くのファイターをケージに追い詰めてフィニッシュしているからね」

ブレット・オカモト
「アレクサンダー・グスタフソンはグローヴァー・テイシェイラをとても残酷にフィニッシュした。ホームであるスウェーデンのケージの真ん中でKOした。ビューティフル・パフォーマンス」

ニール・シーリー
「なんてこったい」

アーノルド・アレン
「アレクサンダー・グスタフソンは凄いコンビネーションパンチだった。テイシェイラはタフ・タフマンだな!」

カブ・スワンソン
「スゲー! トリプルアッパーカット! グスタフソンは過去最高のバージョンだったんじゃないか」

マニー・ガンバーリャン
「おめでとう、お前はとんでもない戦士だな。あと婚約おめでとう」

ブライアン・バトラー
「アッパーカット3連打! ワオ」

マイケル・キャロル
「5ラウンド1分07秒はUFCライトヘビー級史上最も遅いフィニッシュだし、5ラウンドでフィニッシュ決着があったのも初めてのことだった」
「UFCライトヘビー級フィニッシュ数。ジョン・ジョーンズ9回、チャック・リデル9回、アレクサンダー・グスタフソン7回、マウリシオ・ショーグン7回、グローヴァー・テイシェイラ7回」