オカダがオメガとの死闘制す


IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が、ケニー・オメガと60分時間切れの死闘の末、6度目の防衛を果たした。

 1月4日、東京ドーム大会では2人で46分45秒の死闘を演じ、オカダが勝利していた。今回は、その時間も内容も上回る戦いだった。35分過ぎに、強引なジャーマンスープレックス2連発から、会心のレインメーカーで決まったかと思ったが、オメガが驚異的な粘りでカウント2・8で返す。オカダのドロップキックを空中で捕まえパワーボムで返すというオメガの神業も出るなど、死力を尽くした戦いは、最後まで決着が着かなかった。

 試合後オカダは「振り返れば、いろいろありすぎて、まさかね。オレも60分かかる相手だと思っていなかった。60分で倒せない相手がいるとは思っていなかった。プロレスにあらためて驚いた試合でした」と振り返った。60分引き分けになった原因を「お互いがこのベルトを試合後に巻きたいと思ったこと。あきらめない気持ちが死闘になった」と話した。

 会見中に、この日エルガンを破ったCodyが乱入し、ベルトへの挑戦を宣言。7月2日、3日に新日本主催のロサンゼルス大会が決まっており「正式に決まっていないけど、ロサンゼルスでいいチャレンジャーになるんじゃないかな」と話していた。

 新日本プロレスは12日、都内の事務所で11日大阪城ホール大会の一夜明け会見を行った。

 宿敵ケニー・オメガと60分時間切れ引き分けの死闘を演じ、6度目の防衛を果たした王者オカダ・カズチカ(29)は「昨日はなかなか眠ることができませんでした。60分の戦い、その時の興奮がずっとさめなかった。60分はボクの中でも初めて。ケニー・オメガは強かった。あらためて最高の60分だった」と振り返った。

 同日、次期シリーズと、7月1、2日に開催される米ロサンゼルス大会のカードが発表された。オカダは7月1日に、元WWEのスター選手だったCodyを挑戦者に7度目の防衛戦が正式決定。「Codyはカッコいいと思う。ボクとどっちがカッコいいかLAで極めたらいい。米国で知名度のある選手だから、新日本にもオカダというすばらしいレスラーがいることを示したい」と抱負を語った。

 また、ロサンゼルス大会では、「IWGP USヘビー級王座」が新設され、2日間にわたり、初代王座決定トーナメントが開催されることも決まった。トーナメントには8人が出場。1回戦のカードは、ケニー・オメガ対マイケル・エルガン、ジェイ・リーサル対ハングマン・ペイジ、ジュース・ロビンソン対ザック・セイバーJr.、石井智宏対内藤哲也となっている。

■挑戦者オメガの先制口撃に大人の対応
新日本プロレスは9日、東京・後楽園ホールで、11日の大阪城ホール大会で行うIWGPヘビー級選手権など、6つのタイトル戦の公開調印式を行った。

 IWGPヘビー級選手権では、1・4東京ドーム大会以来の挑戦となるケニー・オメガが「オカダ、人々はお前のことを信頼しているのかな? ファンはインスピレーションを与えて欲しいと思っているが、お前は与えられているのかな? この試合でどちらが世界一なのか、しっかり決めようじゃないか」と挑発。王者オカダは「ボクはケニーのように、ああだこうだ言うつもりはない。プロレスラーは超人なので、超人同士の試合をみなさん、楽しみにしていてください」と、さらりとかわした。

 IWGPインターコンチネンタル選手権では、この日の後楽園大会から復帰する棚橋弘至が挑戦者として登場。「大阪城で勝って、ベルトを作り直します」と、王者内藤哲也の手によってボロボロにされたベルトの奪還を誓った。一方の内藤は「棚橋選手の発言はすべて言い訳。文句があるなら、オレからベルトを奪って、オレを黙らせてください。宣言通り、大阪城ホール大会でインターコンチネンタル王座は封印したいと思います。封印が認められなければ、ベルトは返上します。インターコンチネンタル王者内藤は、大阪城ホール大会で最後です。棚橋選手は結果でオレを黙らせてほしい」と話した。

 NEVER無差別級選手権は、CHAOSの後藤洋央紀が、鈴木軍の王者鈴木みのるに挑戦する。軍団同士の威信をかけた戦いは、ともに軍団の仲間がリングを取り囲み、場外に落ちた選手をリングに戻すランバージャック・デスマッチ形式の試合となる。後藤は「この抗争を長引かせるつもりはない。大阪でしっかり決着をつけ、ハッピーエンドで終わらせたいと思います」と発言。鈴木は「この戦いはCHAOS対鈴木軍の戦いじゃない。新日本プロレス対鈴木軍の戦いだ。腹をくくって来い」と後藤を挑発した。