クリス・サイボーグ出場を発表も対戦相手は未定


クリス・サイボーグが『UFC 214: Cormier vs Jones 2』でジャーメイン・デ・ランダミーと対戦できない場合はInvicta FCフェザー級チャンピオンのミーガン・アンダーソンと対戦したいとコメント。アンダーソンもそれに呼応していましたが、その後7月15日にミズーリ州カンザス州で開催する『Invicta FC 24』でヘレナ・コレスニクとの防衛戦が発表されています。

一方UFCは『UFC 214: Cormier vs Jones 2』でクリス・サイボーグの出場とサラ・マクマン vs. ケトレン・ヴィエイラの女子バンタム級マッチを行うことを発表。マクマンは『UFC Fight Night 105: Lewis vs. Browne』でジーナ・マザニーに1R肩固めで勝利して以来、ヴィエイラは『UFC on FOX 24: Johnson vs. Reis』でアシュリー・エヴァンススミスに判定勝ちして以来の試合。サイボーグの対戦相手は未定ですが、デイナ・ホワイトは「必ず出場する」とコメントしています。

また、クリス・サイボーグ戦が噂されていたキャット・ジンガノは次に対戦したいのはサイボーグだが、UFC 214には間に合わないとコメント。コンディションに問題があるとのことですが、詳細については明言を避けています。

■ジャーメイン・デ・ランダミーがクリス・サイボーグ戦を拒否「不正行為をしている人は信用できない」
ラスベガスのホテルで開かれた『UFC Athlete Retreat』でクリス・サイボーグがアンジェラ・マガナを殴った件についてデイナ・ホワイトが「非常に重く受け止めている」とコメント。しかし警察が捜査中ということもあり、今は成り行きを見守りたいとのこと。

ジャーメイン・デ・ランダミーのマネージャー、ブライアン・バトラーが「サイボーグには不正疑惑があるのでジャーメインは彼女と対戦しない」「ジャーメインとチームはそもそもサイボーグがUFCに出場することすら許されるべきではないと考えている」「UFCがサイボーグ戦を望んでいるのなら、女子フェザー級のベルトを剥奪されても構わない」とコメント。これに対しクリス・サイボーグはツイッターで「誰も貴方のことをUFC女子フェザー級チャンピオンだなんて思ってないわ」「みんなは貴方がそこまで私のことを恐れているのかと思うだけよ」とコメントしています。
ジャーメイン・デ・ランダミーがインスタグラムでコメント。それによると昨年11月にクリス・サイボーグ戦のオファーがあった時はこっちが受け入れたのに、サイボーグの方が12週間では145ポンドに仕上げることはできないと拒否した上にその後USADAの薬物検査で陽性反応が出たのでやる気はないとのこと。しかも6月14日に拳の検査があり手術をする可能性があること、UFC 208のホーリー・ホルム戦のオファーがあった時からバンタム級に戻る意向をUFCに伝えていたともコメントしています。

Photo by Esther Lin/STRIKEFORCE