ビクトー・ベウフォート「レジェンドリーグを作ればUFCはもっと成長できる」


『UFC 212: Aldo vs. Holloway』でネイサン・マーコートに判定勝ちした直後に「あと5試合はする」と言っていたビクトー・ベウフォートが試合後会見で以下のコメント。
「レジェンドリーグを作ってくれれば行きたいし、多くのことが変わる」
「俺には素晴らしいチームがあるし、俺の役割はUFCを面白くするだけではなくグレートスポーツにすることだと思う。ファイターもUFCもお互いに成長していかなきゃいけない。このスポーツにはまだまだ成長する余地があるし、UFCならそれができる。新オーナーはとてもスマートだ。俺たちは巨大なものを築けると思う」
「ノックアウトしたかった。第2ラウンドと第3ラウンドはかなり彼を傷めつけた。彼は時間稼ぎのためにキックをしてきたが、こっちは3ラウンドしても良かった。俺たちチームはビクトー・ベウフォートを作り直しているし、多くの部分を変えている。いろんなところが間違っていたからな」