フロイド・メイウェザーVSコナー・マクレガー | フロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガー記者会見 in ロサンゼルス | メイウェザーが復帰戦の「会見ツアー」


■フロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガー、リングサイドは1万ドル、一番安い席でも500ドル
8月26日にネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催するフロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガーのチケット料金はリングサイドが1万ドルとのこと。他には7500ドル、5000ドル、3500ドル、2500ドル、1500ドルの席があり、最安値の席でも500ドルだそうです。

こんだけ、一緒にツアーを回ると、ふたりとも仲良くなっちゃうだろう。絶対。
■フロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガー記者会見 in ロンドン
7月14日にロンドンで行われたフロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガーのプレスツアー第4弾の動画です。


■フロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガー記者会見 in ニューヨーク
7月13日にニューヨークで行われたフロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガーのプレスツアー第3弾の動画です。


■フロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガー記者会見 in トロント
7月12日にトロントで行われたフロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガーのプレスツアー第2弾の動画です。


■フロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガー記者会見 in ロサンゼルス
7月11日にカリフォルニア州ロサンゼルスでフロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガーのプレスツアー第1弾が行われました。





記者会見前にコナー・マクレガーが以下のコメント。
「彼がしてきたことなんて、俺に言わせりゃどうでもいい。引退しとけば良かったのにな。今の彼はマヌケ野郎だよ。それが真実だ。彼は税金を払うべきだし引退しておくべきだった…俺の名前を出すべきじゃなかった」
「(PPV料金が89.95ドルだと聞いて)120ドルにすべきだったな」


これに対しメイウェザーは「俺は2015年(マニー・パッキャオ戦が行われた年)に2600万ドルも税金を払ってるよ!」と反論しています。


マイクを持ったマクレガーはまず「2万人も集まる記者会見に出るのは、初めてだ。物凄く名誉な事だ」と言い、そしてメイウェザーに向かい「こいつは、もうおしまいだ! 4R以内にノックアウトするぜ!」と宣言。ここから“マクレガー節”が始まった。
「俺はヤツより若く、自信に満ち、ハッピーな男だ。この試合のために、ものすごくハードな練習をしてきた。俺はやりたいようにやる。4R以内にヤツは失神する! 俺のような動きや、パワー、どう猛さを、ヤツは経験したことがない」と、総合格闘技でつちかってきた自らのアグレッシブさを誇る。
「メイウェザーを恐れる人間は大勢いるが、俺はヤツなんか怖くない。今回の試合はルールでいろいろ制限を与えられてるが、平気だ。こんなのは本物のファイトじゃない。本物のファイト(総合格闘技ルール)なら、1Rもかからないぜ」と、自分がメイウェザーのために妥協して、ボクシング・ルールでの対戦に応じたことを強調。
「ヤツの要求でグローブは10オンスだ。メイウェザーは、メキシコ製グローブはダメだとか、馬の革のグローブはダメだとか、いろいろ条件を付けてきた。それもかまわない。俺はどんなグローブでも、やってやる。もともと初期の総合格闘技じゃ、グローブなしで戦ってたしな」
マクレガーは、モハメッド・アリやジェームズ・トニーにも言及し、「アリは日本で昔、アントニオ猪木とMMAルールで戦った。(ボクシング三階級制覇の)ジェームズ・トニーはUFCで、MMAルールで戦って負けたが、彼は自分の有利な領域から飛び出して戦った。メイウェザーにはそれができない。だが、かまわない。俺が自分の有利な領域を飛び出して戦う。俺には自信があるからな」


コナー・マクレガーがアントニオ猪木 vs. モハメド・アリに言及。
続いてメイウェザーがマイクを取ると、会場からは歓声とブーイングが沸き起こった。しかしメイウェザーが大声で「ハードワーク!」といつも会見で言うキメゼリフを3度叫ぶと、メイウェザー・ファンが応じ、それまで無表情だったメイウェザーは、初めて笑みを見せた。
「俺は皆をブチのめしてきた。オクタゴンでだろうが、リングでだろうが、俺がぶちのめす!」とメイウェザー。
それに対しマクレガーは「ふざけんな! お前にオクタゴンで戦う度胸なんかない」と叫ぶ。
メイウェザーは「俺は誰からも逃げたことはない。大勢のやつらをボーリング・ピンみたいにKOしてきた。8月26日には、こいつをKOする」と言ってシャドー・ボクシングをして見せる。そして「俺がAサイド(客を呼べる側)だ。だからこのビッチは、ボクシングのリングに来なきゃならんのさ」と自分の方がスーパースターであると強調。
マクレガーがUFCで稼いでいるファイトマネーに関し、「こいつは7ケタや8ケタの金を稼ぐファイターにしちゃマシな方だが、俺は9ケタ(1億ドル以上)の金を稼ぐファイターだ。こいつは前回の試合で、300万ドルもうけただけで喜んでるんだぜ」とマクレガーをからかった後、「コナー・マクレガーとUFCのデイナ・ホワイト社長に感謝する。この試合は1人じゃできないからな」と、いったん感謝してみせるが、「だが8月26日には、ヤツをぶちのめす!」と宣言。
そして「俺は90年代から今まで18年間世界王者だ。グローブは8オンスでもいい。お前が4オンスがいいって言うなら、4オンスでもいいぜ」と言うと、マクレガーが「ウソをつくな!」と叫ぶ。
メイウェザーはそれを無視して「俺は老いぼれだ。20年前、10年前、5年前、2年前の俺とも違う。だが、今の俺でも、お前を倒すには十分だ! ミスター・タップアウト」とネイト・ディアスに一本負けしたことのあるマクレガーを「ケツから倒れたいか、顔から倒れたいか? 俺のディフェンスは最高だぜ」と挑発。
これに対し、マクレガーが「今ここでやってやるぜ!」と言うと、メイウェザーは「いいぜ、今ここでもな。だがちゃんと金をもうけた方がいい」と笑って見せた。


初日から白熱していますが、これが連日トロント、ニューヨーク、ロンドンで続くとは大変です








■メイウェザー vs. マクレガーのPPV料金はメイウェザー vs. パッキャオと同額
8月26日に行われるフロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガーの全米でのPPV料金はSD画質で89.95ドル、HD画質だと99.95ドルとのこと。2015年5月のフロイド・メイウェザー vs. マニー・パッキャオと同額です。この時の契約数は440万件でした。開始時刻は東部時間午後9時(日本時間8月27日午前10時)。
また、記者会見のワールドツアーが行われ、日程は7月11日ロサンゼルス、7月12日トロント、7月13日ニューヨーク、7月14日ロンドンです。前座のカードはまだ発表されていません。

■プロボクシング元世界5階級制覇王者で8月に現役復帰するフロイド・メイウェザー(40=米国)が、ボクシングルールで対戦する米総合格闘技UFCの2階級制覇王者コナー・マクレガー(28=アイルランド)との「会見ツアー」に臨むことが決まった。7日(日本時間8日)に米メディアが報じたもので、3カ国4会場でファンを集めた会見を展開するという。



■8月26日に米ネバダ州ラスベガス(T-モバイルアリーナ)で激突する両者は、まず11日(同12日)に米ロサンゼルスのステイプルズセンターで対戦決定後、初対面する。翌12日にはカナダ・トロントのソニーセンター・フォー・ザ・パフォーミングアーツ、13日には米ニューヨークのバークレイズセンター、14日には英ロンドンのSSEアリーナ・ウェンブリー(ウェンブリーアリーナ)で、それぞれ会見を予定している。