三浦隆司、王座奪回ならず ベルチェルトに判定負け


挑戦者で元王者三浦隆司(33=帝拳)が現王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)に0ー3(111-116、108-119、107-120)の判定で敗れ、王座返り咲きを果たせなかった。

 足を使う王者を終始追いかける展開も、効果的に左ジャブを集められ、狙いとしていた左ボディーも効かせることができなかった。時計回りにステップを踏む相手に、左ストレートも遠く、インパクトを持って打ち抜けたパンチはなかった。

 15年11月に5度目の防衛戦を米ラスベガスで戦ったが、フランシスコ・バルガス(メキシコ)との激闘の末に9回TKO負け。打ち合い、倒しあった試合は米メディアで年間最高試合に上げられはしたが、王座陥落でどん底に突き落とされた。「次負けたら辞める」。その覚悟で再起を決意し、再びベルトを手にするためにリングに帰ってきた。

 米国で失った物を同地で取り戻す。くしくもバルガス戦で本場関係者、ファンの評価は一気に上がり、この日はメインカードに抜てきされるまでになった。それは秋田県の金足農高の時に描いていた夢だった。「米国でビッグマッチをやりたい」。その初心を思い起こさせるように、高校の恩師からは高校のボクシング部のジャージーが送られてきた。当時とはデザインは異なるが、背中の「拳闘道」の文字は同じ。「ここまできたんだな。あの時代から米国にこられて不思議で」。気持ちを高ぶらせて大一番に臨んでいた。

 日本が米国で王者獲得すれば81年の三原正以来36年ぶりの快挙だったが、結果を残すことはできなかった。

■三浦隆司奪還へ恩師がロマゴンが長谷川穂積が後押し
ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は15日(日本時間16日)にゴングが鳴る。元王者三浦隆司(33=帝拳)は試合会場のザ・フォーラムで前日計量に臨み、王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)とともに58・6キロでパスした。米国で初のメインカード。試合に向けて秋田・金足農高の恩師からはボクシング部のジャージーが届いた。最高峰の舞台を夢見た初心を胸に、王座奪還に挑む。

 「129・2パウンド(58・6キロ)!」。司会者から計量をパスする数字が叫ばれると、三浦は体重計から降りて遠方を見つめ拳を掲げた。視線の先から響いていた「三浦! 三浦!」の声。観客を入れての公開計量に、故郷の秋田県三種町から11人の応援団が駆けつけた。「心強いです」。直後のフェースオフは約10秒間。先に視線を外したのは王者ベルチェルトだった。「折れないのが自分のポリシー」。声援を受けては、当然負けられなかった。

 田園風景が広がるのどかな三種町。ボクシングを始め、友人と遊ばずにひたすらグローブを打ち続けた金足農高時代。夢は米国でのビッグマッチだった。名門校ではなかったが、1人真剣に思い描いていた。その原点を思い起こさせてくれた一品があった。

 試合決定後、恩師の宮腰先生から送られたのは、ボクシング部のジャージーだった。デザインは当時と異なるが、背中の「拳闘道」の文字は同じ。「初心に戻って、という気持ち。ここまできたんだなと。あの時代から米国にこられて不思議で」。静かに高ぶった。

 応援は故郷からだけではない。計量の壇上には、帝拳プロモーション所属の元4階級王者ゴンサレスがともに上がった。ミット打ちなどで技術の助言を受けた間柄。米国での人気は抜群で、会場での試合経験もある。「すごく心強い。パワーをもらえている」。昨夏に沖縄合宿をともにした3階級王者長谷川穂積さんは単身やってきた。「頑張れ」の一言が背中を押す。

 5度目の防衛戦で王座陥落したのは15年11月、同じ米国だった。その時より注目を浴び、より大きな舞台に。皆に支えられ、あこがれたリングに立つ。思いは1つ。「必ず勝ちます。なんとしてもベルトを取り返したい」。

■三浦隆司を王者へ導く左拳
ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトル戦12回戦は15日(日本時間16日)に米カリフォルニア州のザ・フォーラムでメインイベントとして開催される。この日会場で記者会見が開かれ、元王者三浦隆司(33=帝拳)が出席。現王者ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)と並び、勝利と好ファイトを誓った。王座奪還へ取り組んできたのは独自色豊かな練習の数々。大一番用の「新作」の成果もリングで見せる。

 同じ興行に出場する選手が一堂に会した会見。かつてはNBAレーカーズの本拠地、伝統あるライブ会場としても有名なザ・フォーラムで、三浦は口を真一文字に結び続けた。約45分の会見で、口を開けたのはあいさつの2分ほど。端的な言葉に説得力を持たせた。

 三浦 チャンピオンはすごく強く素晴らしい選手ですが、自分が勝って必ずベルトを取り戻します。面白い試合も期待して下さい。

 主催のゴールデンボーイ・プロモーションのデラホーヤ氏から「デンジャラス ジャパニーズ ウォーリアー(危険な日本の戦士)」と称され、王者ベルチェルトからは「カミカゼ」と形容された。

 「ボンバーレフト」の異名を取る左拳を爆発させることが「面白い試合」につながる。そのために新たな練習も導入してきた。

 ジムワークが3時間以上に及ぶ練習の虫は、これまでもユニークなメニューで鍛え上げてきた。ミット打ちなどの基本以外で10種類以上。「自分で考えたり調べたり。良いものは残し、悪いものはやめる。その繰り返し」と数を増やしてきた。ゴムチューブ、棒、ハンマーなど使用器具も多岐に及ぶ。

 「練習法のデパート」の今回の試合への新作の1つがゴムボール。握力を鍛えるためではない。両手を前に突き出し、じっくりと指先を動かす。「握ることで腕の筋肉の細かい動き方を感じている」。神経系の繊細な作業。試合では「ボンバー」の愛称を生んだ大胆な一撃が目立つが、こういう緻密さこそが屋台骨だ。

 13日は長男武元君の6歳の誕生日だった。現地で応援するため日本から渡米する日で、「時差があって誕生日が2回くると喜んでいました」と、少し口元を緩めた。祝うのは王座奪還と一緒に。その口を大きく開き、歓喜の声をとどろかせた後と決めている。

■三浦に援軍続々
ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦を15日(日本時間16日)に控えた元王者三浦隆司(33=帝拳)に次々に援軍が登場した。

 14日(同15日)に会場となる米カリフォルニア州のザ・フォーラムで開催された前日計量を行い、王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)とともに58・6キロでパス。「しっかり栄養を取って明日に備えたい」と述べた。

 観客を入れての計量で、会場に響いたのは「三浦! 三浦!」の日本人の声。出身の秋田県三種町から11人の後援会のメンバーがスタンドに陣取った。壇上でその姿を発見した三浦も、きっちりと拳をそちらに向けて掲げ、勝利を誓った。

 その壇上には、帝拳プロモーションに所属する元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)も一緒に上がった。「うれしいサプライズ」。日本で一緒にトレーニングし、技術指導もうける仲間。「すごい心強いですね。ここで戦っていますし、パワーをもらえますね」と感謝した。さらに昨年に一緒に沖縄でキャンプを張った元3階級制覇王者長谷川穂積さんも、プライベートで日本から駆けつけた。「純粋に応援です」という先輩とも握手を交わした。

 夕食にはいつも通りにステーキを食べる。「楽しみにしてます」と決戦への最後の仕上げに入る。「必ず勝ちます」。多くの存在に背中を押され、再び王者に返り咲く。

■左ストレートで三浦隆司○
ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトル戦は15日(同16日)に米カリフォルニア州イングルウッドで開催される。元王者三浦隆司(33=帝拳)はこの日、現王者ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)とともに公開練習に参加。返り咲きを狙う大一番の行方は? 間近で見てきた帝拳ジムの後輩、村田諒太(31)がボクシングマニアならではの視点で鋭く語った。村田は試合を生中継するWOWOWでゲスト解説を務める。

 <1.ベルチェルトの特徴>

 ワン、ツー、スリーの連打で打つ。右、左ときて最後に左のジャブを返してくる。あれが厄介です。3つ目を深く踏み込んで、押し気味に打って顔面をはね上げられる。やられると嫌なものです。重心が崩れたまま打ち返そうとするとバランスも崩し、パンチに体重が乗らない上にスタミナを失う。それでペースを握られる。あの展開には持っていかせたくないですね。3つ目にカウンターを合わせるにしても、つなぎが早い。独特のタイミングにはまらないようにしないと。

 <2.勝負の鍵>

 ベルチェルトはサウスポーとの対戦経験がほとんどない。そこが肝です。オーソドックス(右構え)の場合は対角線上にいるので3つ目のジャブを当てやすいけど、サウスポーだと右手が前にあるので距離が近く当てにくいはず。従来の戦い方が通用するかどうか。ましてや相手が三浦先輩。安易に飛び込むとボンバー(左のパンチ)が待っている。面白い試合になると思います。

 <3.結果予想>

 中盤から終盤にボンバーさく裂。やっぱり左ストレートでしょう。バチンと決まって、ベルチェルトが倒れる。立ったところを追撃、レフェリーがストップしてTKOですね。僕は三浦先輩の一ファン。本当に尊敬しています。「僕も、もっと練習しなくちゃいけない、考えてやらなくちゃいけない」という気にさせてくれる。練習に真摯(しんし)に向き合っているし、周囲の人にも紳士だし、ボクサーのかがみで侍のような人。ケガなく、いい試合でタイトルを取ってくれることを願っています。ボンバー!!


■三浦隆司ボンバーレフト空転
ボンバー不発-。元王者三浦隆司(33=帝拳)が王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)に0-3(111-116、108-119、107-120)で大差判定負けした。「ボンバーレフト」の異名を取る強烈な左パンチを巧みにかわされ、有効打を放てずに完敗。1回に喫したダウンを挽回できず、15年11月に米国で失った王座奪還を逃した。

 三浦は三浦を貫いて敗れた。叫び、会場をどよめかせる左の豪快な一撃を見舞い、それが当たるかどうか。うまさで判定勝ちを収めるスタイルではない。競技を始めた10代であこがれた本場でのメインカード。らしさが顔をのぞき始めた終盤は、ギリギリの1発を放ち続けた。ベルチェルトの顔面をかすめるだけで「おおー」と観客が沸く、類いまれな「ボンバーレフト」。ただ、その導火線は最後まで着火しなかった。

 「いや、今までは負けた試合はダウンを取るなり、見せ場を作るなり、という負けはありましたけど、今回は完封された」

 やり残しは? そう聞かれ、潔く言った。その実直な姿も、また三浦だった。

 初回、いきなりの劣勢だった。「本当にタイミングよくもらって」と左フックを右側頭部に受けダウン。ポイントでリードを許す展開が続く。前に詰め、重圧をかけ、左の1発を打ち込みたい。その思惑を見透かすように王者は巧みに足を使い、効果的にパンチを見舞った。試合を放送したテレビ局HBOの集計ではパンチの的中率は33%対46%。三浦の拳は深く刺さらない。「足をあんなに使うのは想定以上。うまく左を殺された」と詰められない距離感に苦しんだ。

 15年11月に同じ米国で王座陥落した。悔恨に丸3日間眠れず、郷里の秋田県に帰っても2、3時間おきにうなされた。「誰にも会いたくない」。引きこもる三浦の様子に悩んだ妻彩美さんが倒れ救急車で搬送されたのは12月。自分のせい-。パジャマ生活を終え、決意した。「次こそ最後の勝負。もう1回負けたらやめる」と妻に伝えた。12年から別居生活していた子供2人を含む家族を東京に呼び、再起にかけてきた。

 赤く腫らした顔で、今後に言及した。「まだ何も考えられない感じです」としたが、「完封されて、そこでどう気持ちを持っていくか」とも吐露した。再び心の導火線に火が付くことはあるのだろうか。【阿部健吾】

 三浦の妻彩美さんの話 やることはすべてやったと思う。相手のほうが強かった。こういうところでもう1度戦うところを見たいけど、本人に任せます。お疲れさま。

 ◆三浦隆司(みうら・たかし)1984年(昭59)5月14日、秋田県三種町生まれ。金足農高時代に国体ライト級優勝。03年に横浜光からプロデビュー。09年日本スーパーフェザー級王座獲得。11年に帝拳に移籍し、13年にWBC世界同級王座獲得。169センチの左ファイター。家族は中学の同級生彩美夫人と1男1女。

■村田諒太「ロープに詰めて勝負したかった」
ボンバー不発-。元王者三浦隆司(33=帝拳)が王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)に0-3(111-116、108-119、107-120)で大差判定負けした。「ボンバーレフト」の異名を取る強烈な左パンチを巧みにかわされ、有効打を放てずに完敗。1回に喫したダウンを挽回できず、15年11月に米国で失った王座奪還を逃した。

 帝拳ジムの後輩でテレビ解説を務めた村田諒太のコメント 三浦さんはもうひと押しだった。ロープに詰めて勝負したかった。序盤、立っていく癖が出てもらってしまった。難しく強い相手だった。バックステップした距離でパンチを外された。