世志琥がアームロックでMMA2連勝


▼女子無差別級 5分2R
〇世志琥(よしこ/SEAdLINNNG)
一本 1R 4分47秒 ※アームロック
●チュン・ソンユ(韓国)

今回が4カ月ぶり2度目の対戦となる両者。2月の初対決では、MMA初挑戦の世志琥が右ストレートでソンユをダウンさせて、最後はパウンド連打でレフェリーストップに追いやり初回TKO勝ちを収めた。

 1R、ソンユがジャブから右ストレート、右ローを繰り出せば、世志琥も右フックを返すが空振り。ソンユのパンチを被弾すると、世志琥は一気に火が付いたかパンチを出しながら強引に前へ出て、ソンユをケージまで押し込む。

 離れるとソンユはジャブで距離を取ろうとするが、世志琥はお構いなしに左右フックを出しながら突進し、組み付くと豪快な首投げでテイクダウン。ソンユは下から腕十字を仕掛けるが、世志琥がかわしてサイドポジションからパンチを落とし続ける。そして、最後はアームロックを極めての見事な一本勝ち。

 前回は打撃によるTKO、今回は関節技による一本勝ちで完全決着をつけた世志琥は、興奮気味に「勝ちました。みんな応援ありがとうございました」と叫ぶ。アナウンサーに次に戦いたい相手を聞かれると「分かりません」と世志琥らしい答えを残し、ケージから去っていった。

6月10日(土・現地時間)韓国・ソウルで開催の『Xiaomi ROAD FC 039』に出場する人気女子プロレスラー・世志琥(よしこ/SEAdLINNNG)の事前インタビューが、ROAD FC公式ホームページに公開された。

 世志琥は2月大会でMMAデビューを果たし、韓国の新鋭チュン・ソンユにTKO勝ち。MMA第2戦目となる今大会では、リベンジに燃えるソンユと再戦する。

 そんな世志琥だがROAD FCでもそのヒール(悪役)ぶりが定着しており、今回のインタビューでもクローズアップされることとなった。

前回の対戦では世志琥(左)は豪快にパンチを叩き込み、ソンユ(右)をマットに沈めた
 ソンユとの再戦について思うところを聞かれると、世志琥は「知らねえよ!」と眉間にしわを寄せ不機嫌そうに言い放つ。また、前回の試合では相手の髪の毛をつかんでパンチを打ち込むという反則を犯したことに触れられると、「そんなのやってねえっつってんだろうがよ!」とさらに苛立ちを募らせた。

 今後の継続参戦について聞かれると「さあな。これ次第だな」と指でお金のサインを作って見せながら不敵な笑み。さらにソンユに対するメッセージを求められると、「覚悟しとけよ。そこんとこよろしく」とカメラに向けて中指を立てた。

 インタビューの最後には「前回よりも暴れ回ってやるから楽しみにしとけよ。みんな、愛してるぞ!」と吠えた世志琥。再びアウェーのリングで勝利を飾ることができるか。