亀田家長女・姫月、来年にもプロデビュー


 ボクシング亀田家の長女・姫月(ひめき、17)が、来年にもプロテストを受けボクサーとしてデビューすることが14日、分かった。東京での生活に別れを告げたのは中2だった14年夏。父・史郎氏(52)と故郷の大阪市西成区に戻り、翌春から本格的にボクシングを始めた。亀田流トレーニングで体を鍛えて、昨冬にはタイで初のスパーリングを敢行するなど奮闘中。目標は兄たちと同じく世界王者だ。


乙女らしい悩みがきっかけだった。アイドルに憧れていた姫月は鼻の形にコンプレックスを抱き、ノーズクリップで矯正していた。「寝る時に挟んでも起きたら外れているんです」。何度も挑戦したが鼻筋は通らない。父に相談すると「戦って形が崩れたら直したる」と言われた。ボクシングで完全燃焼すれば整形手術を受けることができる。父の言葉で覚悟を決めた。

 父の厳しい指導に涙を流す日もある。だが、決して逃げない。「昔はボクシングに興味なかったけれど、今は世界王者になることが夢です」。長男・興毅氏に借りたWBCベルトを自宅のベッドに飾っている。「今は恋愛禁止です」。実力でベルトを奪う日まで、ボクシング一筋だ。

 今年1月のタイ合宿。「ガチでやったことなくて、空港から緊張してました」。タイ人と初のスパーリング。ボディーを食らい息が止まったが「練習したボディーが1発入った」と拳に今までにない感触が残った。5月には前東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者の高野人母美の試合を観戦。エネルギーが湧いた。

 まだ、小2だった07年10月。「負けたら切腹する」と豪語した次男・大毅がWBC世界フライ級王者・内藤大助に敗れた。翌日に学校で「何でおまえの兄ちゃん切腹しないんだ。おまえがしろ」と迫られた。涙を浮かべ父に「学校に行きたくない」と訴えたが「大人になったら、もっとつらいことがある。ここで負けるな」と叱咤(しった)された。鮮明に残る過去の記憶が、亀田家の宿命を背負う姫月の原動力となる。
 ◆亀田 姫月(かめだ・ひめき)1999年(平11)8月12日生まれの17歳。大阪市西成区出身。ボクシング元3階級王者の長男・興毅氏、元2階級王者の次男・大毅氏、元WBO世界バンタム級王者の三男・和毅の3兄弟の妹。10年6月から芸能活動を行いファッション誌でモデルデビュー。好きな芸能人は市原隼人、ローラ。1メートル53、48キロ。血液型B。

 ▽女子ボクシング 最重量のヘビー級以下、全17階級あり、姫月は最軽量のアトム級(46・2キロ以下)でのデビューを見据えている。同じ階級には男女を通じて日本人最多となる世界王座17連続防衛中のWBC王者・小関桃(34=青木)が君臨。数々の日本人女子ボクサーが屈してきた高き壁だ。姫月は現在、父が経営する大阪のアマチュアボクシングジムで練習しているが、プロテストを受検するには日本プロボクシング協会(JPBC)加盟のジムに所属する必要がある。