亀田興毅に勝ったら1000万円 | Abema TVがグローブ&ヘッドギアの疑惑について回答


 日本人初の3階級制覇を果たした元プロボクサーの亀田興毅さん(30)に、ボクシング未経験者が挑戦する「亀田興毅に勝ったら1000万円」がインターネットテレビ局「AbemaTV」で放送されると、ネット上で「グローブの大きさが違う」「ヘッドギアの形が違う」と大騒ぎになり、検証が始まった。

 挑戦者に不利な状態で戦わせている、ペテンじゃないのか、という激しい批判が出たが、「体格が異なるからそう見えるだけ」という擁護論もあった。実際のところどうだったのか、J-CASTニュースは「AbemaTV」に話を聞いた。

 同局広報は、J-CASTニュースの取材に対し、

 「亀田さん・挑戦者ともに、双方14オンス、双方フェイスガード付きのヘッドギアです。同じメーカーのものを使用。型番が違うので形状は異なる部分がございますが、当初番組側で定めた規定に沿って使用いたしました」

と文書で回答を寄せた。

 とのことでした。試合後もこういうことが話題になるところも亀田一家らしいですね。