井上尚弥が「8%の壁」超え!怪物を証明


「8%の壁」打破で、世界的スターへの第1歩を。ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、9月9日(日本時間10日)に米国で6度目の防衛戦を行うことが19日に発表された。都内で会見し、同バンタム級7位アントニオ・ニエベス(米国)を迎える米デビュー戦に、堂々のKO宣言。日本人の米国での世界戦は過去25試合でKO勝ちは2度のみ。達成率8%の難関を突破する。

 日本人には歓迎しかねるそのデータは、「怪物」井上にとっては大歓迎かもしれない。

 日本人の米国でのタイトル戦は68年に始まって約半世紀で25試合。KO勝ちは、80年にWBA世界ジュニアライト(現スーパーフェザー)級で6回KO勝ちした上原、14年にWBO世界バンタム級王座を7回KOで防衛した亀田和のみ。その事実を聞くと、口角を上げ、「倒しますよ」と爽やかに言った。困難だからこそ、強さの証明にはうってつけ。そんな表情にも見て取れた。「攻撃的なスタイル、倒すスタイルをしっかり見せたい」と一段と気合が乗った。

「スターになるための第1歩」。そう米国の舞台を描く。初渡米は昨年9月。この日会見で隣席した前WBC世界スーパーフライ級王者ゴンサレスの4階級制覇の瞬間を会場で目の当たりにした。「熱気と歓声、すべてが規格外だった。どれだけお客さんを楽しませるか」と、本場ファンの求めるものを肌で感じた。

 ロサンゼルス、ラスベガスなど西海岸が濃厚な興行では、セミファイナルに抜てきされた。ゴンサレスの世界戦がメインだが、注目度は際立つ。世界的プロモーターで帝拳ジムの本田会長は、西岡、三浦ら米国で世界戦をした選手を挙げ、「従来はこっちからチャンスを狙ってきたが、井上君は最初から期待されている。全然違う」と強調。井上の場合、試合を売り込んだのではなく、その強さ、試合ぶりが世界的に評価されて世界戦が実現した。

 所属ジムの大橋会長は「これが伝説の始まり」と予言した。中重量級が主流の米国で、風穴をあけたのはゴンサレスの躍進だった。スーパーフライ級トップ選手が集う大イベントで、その偉人の前に組まれた米デビュー戦。軽量級といえど、「伝説」になれる。「盛り上げてくれた、その波に乗っかっていきたい」。日本の「怪物」が世界の「モンスター」となる日が近づいてきた。

■日本人ボクサーの転換期
 過去を紐解いた時に、「あれが日本ボクシング界の転換期だった」、そう言われるかもしれない夏がやってくる。

 日本の3人のボクサーが立て続けに本場米国のリングに上がる。すべてが世界タイトル戦。激闘ぶりで多くの海外ファンの人気を得ている男は王座返り咲きを狙い、独自の歩みで上り詰めてきた男は史上最大とも言えるビッグネームと拳をまじえ、「怪物」と称される若者はいよいよ海を渡りそのベールを脱ぐ。

 7月15日から9月9日までのわずか56日間で3試合。これまで米国で日本人の世界タイトル戦は25試合が行われてきたが、2カ月以内に3試合は初めてとなる。1968年(昭43)に西城正三がWBA世界フェザー級王座に挑戦してから半世紀余り。ここまで詰まった日程で日本人が米国の世界タイトル戦のリングに上がったことはない。

 まずは7月15日、元WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司(33=帝拳)が、ロサンゼルスで現王者ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)に挑む。すでに15年に米国での世界戦は経験済み。カリフォルニア州インディオで開催された1月の挑戦者決定戦でも、「ボンバー」と呼ばれる左拳を爆発させるKO劇で、米国のファンを魅了した。

 続く8月26日、WBO世界スーパーウエルター級5位亀海喜寛(34=帝拳)が、同王座決定戦に臨む。相手は元4階級王者ミゲル・コット(プエルトリコ)。ファイトマネーで1500万ドル(約16億5000万円)を稼いだこともある超大物で、「日本人の世界戦史上最大の試合」という声もある。元東洋太平洋王者の亀海は、11年から主戦場を米国に移し、一歩ずつ評価を上げてきた異色の存在。たどり着いた先が「自分が20歳のころから見ていた」というコットで、本人も驚きを隠さない試合が待っていた。

 最後は9月9日、WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が6度目の防衛戦を西海岸で行う。米国からの「オファー」に応えての渡米は、ニュースター発掘にかける米国リングの思惑に沿う形で、日本人ボクサーとしては異例の立場での参戦となる。売り込んだのではない。その戦いぶり、強さが日本にとどまらない評価を不動のものとした上でのオファーだ。大橋会長は「これが伝説の始まりになる」と予言する。

 海の向こうから熱いニュースが届きそうな2カ月間。3人の戦いぶりが、大きな契機になることは間違いない。

■井上尚弥の9・9米国防衛戦は軽量級の世界トップ5祭典という異例尽くし!
WBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(24、大橋)が9月9日に米国で同級7位のアントニオ・ニエベス(30、米)と6度目の防衛戦を行うことが19日、都内で発表された。大橋会長の「これが伝説の始まり。怪物がモンスターになる」という言葉通り、ロス郊外で予定されている米国デビュー戦は何から何まで異例尽くしだ。
 
 第一に米国デビュー戦で軽量級のトップ5が集結するビッグイベントのセミファイナルを務めること。
 メーンは、パウンドフォーパウンド(階級を考慮しないボクサーランキング)の1位にランキングされたことのあるローマン・ゴンザレス(30、ニカラグア)とWBC世界同級王者、シーサケット・ソー・ルンピサイ(30、タイ)とのダイレクトリマッチ。ロマゴンは、3月の対戦でシーサケットにダウンを奪われ判定でプロ47戦目にして初黒星を喫した。だが、中盤以降は盛り返していたため、その判定を巡って賛否の論争が起きてダイレクトリマッチが認められた。帝拳で行うジムワークのため来日しているロマゴンは、この日の会見に出席。「前回の試合は、負けたと思っていない。誤った判定が出た。今度は違う戦い方をする。コンビネーションを練習している。すべてをかけてKOを狙う」と誓った。

 アンダーカードも豪華だ。
 元WBC同級王者のカルロス・クアドラス(28、メキシコ)対元WBA世界フライ級のスーパー王者、元WBO世界フライ級王者のファン・フランシスコ・エストラーダ(27、メキシコ)の初対戦がWBC王座への挑戦者決定戦として組まれた。つまり勝者がロマゴン対シーサケット戦の勝者と次戦で対戦することになる。軽量級最強トーナメントと表現する海外メディアまであるイベントなのである。

 しかも、今回の試合は全米最大のケーブルTVネットワークであるHBOで放映されることになった。ボクシングは、HBOのキラーコンテンツで専門の部署があり、マッチメイク自体に関与して、有望ボクサーとは専属の試合契約を結ぶなど、ボクサーへの審美眼が厳しく、海外デビュー戦が、いきなり、そのHBOの電波に乗るのも異例だという(有料のPPVではないボクシングシリーズでの放映)。

 軽量級で初見参の日本人が、ここまでの待遇を受けるのは過去に例がない。

 現在、アメリカが主戦となっている帝拳の元WBC世界Sフェザー級王者の三浦隆司も、ミゲール・コット対サウル“カネロ”アルバレスの前座で防衛戦を行ったが、それまでメキシコでの防衛戦経験があったし、8月に、そのコットと過去の日本人最大のビッグマッチを戦う亀海喜寛も、4年前から米国で戦い、その名前とスタイルを売ってきた。マニー・パッキャオにしても、最初は“噛ませ犬”としての登用だった。今回の試合をプロモートした帝拳の本田明彦会長によると、三浦、亀海らが日本人ボクサーの米国での評価を高め、ファンだけでなく、プロモーターやメディア、各団体を含むボクシング関係者が、井上の米国デビューを待ち望んでいた証拠だという。

 ロマゴンが、これまで米国で見向きもされなかった軽量級の市場価値を高めたが、そのロマゴンが「ナルバエス戦で井上の名前を知った」と言うように、2014年12月に名王者、オマール・ナルバエス(アルゼンチン)を完膚なきまでに叩き潰してベルトを奪った試合が、ユーチューブやSNSなどで拡散。「日本の未知なる強豪」として井上の米国登場の待望論が渦巻いていた。

 9月に行われるミドルの3団体統一王者、ゲナジー・ゴロフキン対サウル“カネロ”アルバレスの試合の前座に井上のデビュー戦を押し込むことも可能だったらしいが、軽量級の祭典だからこそ、米国へ与えるインパクトが大きくなるとの理由で、今回のビッグイベントでのデビューが選択された。

その異例の米国デビュー戦で期待されているのは、もちろん超攻撃的ボクシングによるインパクトのあるKO決着である。井上も、そこで何が求められているかを十分に理解している。

「アメリカでの試合は、夢だったが、スーパーフライ級での王座をとったくらいから望んでいた。今はワクワク感。モチベーションは最高。アメリカでのデビューはスターになるための第一歩になる。やはり攻撃的ボクシングが望まれると思う。どれだけファンを喜ばせる試合ができるか。まずは勝つことが重要になるが、KOなり、盛り上げる場面を見せていきたい。必ずいい試合をして次につなげたい」

 ニエベスは、20戦17勝1敗2分の戦績で17勝のうちKOは9試合でKO率は、それほど高くないが、ダウン経験のないタフなボクサーファイターでリーチがありスピーディー。ディフェンスを含めバランスがとれていて、左のリードブローは怖くないが、多彩なコンビネーションと、特に右のストレートは要注意だ。
 井上は、「まだ映像を見ていない」と言うが、父で専属トレーナーの真吾氏によると、「スピードのある正統派。噛み合うと思う」と言う。そして「アメリカのファンは好き嫌いの白黒がハッキリしている。尚のスタイルは受けると思う」と続けた。

 時差に環境の変わる場所での減量。初の海外で戦う上での不安はあるが、井上は対策を練るという。
「直前に現地入りするようなのでウエイトは行く前に作っておかないといけないと思う。調整はしっかりとやりたいが、昨年ロスでロマゴン戦を視察した際に時差は経験できているので、その経験は大きい」
 ただし、英語対策だけは、練られていないようで「英語?まったくダメです。今からやっても間に合わないでしょう」と、笑い飛ばした。

 この試合の先には、ロマゴンとのビッグマッチを見据える。井上も、ロマゴンも「ぜひ拳を合わせたい」と口を揃え、ロマゴンのマネージャーも、「グレートなチャンピオンと試合ができる日を臨む」と言う。しかし、ロマゴンがシーサケットからベルトを奪還しても、次はクアドラス対エストラーダの勝者と指名試合を行わねばならず、ロマゴンとの統一戦が実現するのは、早くとも「次の次」ということになる。

 そして、その機会が、先になればなるほど障害が生まれる。井上は、減量が厳しくスーパーフライに留まることが限界に近づいているのだ。

「次の次に必ずロマゴンとやれると言うのならば頑張れますが、それがなければバンタムを視野に入れていきたい」と井上。大橋会長も、「減量を考えるとバンタム転向、3階級制覇を狙うという方向になるかも」と言う。井上がインパクトを残せばバンタムに上げても米国の市場のニーズは増すだろう。

「年に3度試合をするとして、そのうち1試合、年一で今後もアメリカで試合をしていきたい」

 井上が抱く未来構想。ビッグスターへの登竜門は9・9ロスに用意された。

■井上尚弥、ロマゴンとの軽量級史上最大のメガファイト実現
9月に米国で共演を果たすパウンド・フォー・パウンド上位の両者、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)と、4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が19日に、都内で記者会見に臨み、近い将来に軽量級史上最大のメガファイトを実現させたい意向であることを示した。井上尚弥の試合はフジテレビ系で放送される予定となっている。

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は次戦、米国現地時間2017年9月9日に米西海岸で、WBOバンタム級7位のアントニオ・ニエベス(米)と6度目の防衛戦。同イベントのメーンカードを務めるローマン・ゴンサレスは、シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)と再戦を行うことを正式に発表した。

 ゴンサレスは記者会見で「この試合に勝ち井上と対戦したい」。と井上との対戦を望んだ。それに対し、減量苦が囁かれる井上は「やるなら早い時期が理想」。9月の試合の次の次にゴンサレスと試合をすることが確約できれば、スーパーフライ級に留まる意向であることを明らかにした。
■帝里木下2度目世界戦
ボクシングのIBF世界スーパーフライ級3位帝里(ている)木下(31=千里馬神戸)が20日、同級王者ジェルウィン・アンカハス(25=フィリピン)との世界戦(7月2日、オーストラリア)に向け、神戸市のジムでスパーリングを打ち上げた。

 3年前の判定負けに続く2度目の世界戦。「調整は今のところバッチリ」。王者と同じサウスポーのフィリピン王者を招き、80ラウンド超を消化した。スーパースター、パッキャオの前座に今回は妻と娘2人を連れて行く。「父親として、かっこええ姿を見せたいです」。万全の準備を整え、26日に決戦の地へ向かう。

■帝里木下「父親としてかっこええ姿を」
ボクシングのIBF世界スーパーフライ級3位帝里(ている)木下(31=千里馬神戸)が20日、IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(25=フィリピン)との世界戦(7月2日、オーストラリア)に向け、神戸市の同ジムでスパーリングを打ち上げた。

 帝里は「調整は今のところバッチリ」と充実の笑みを浮かべた。王者と同じサウスポーのフィリピン国内同級王者で東洋太平洋2位という“猛者”をパートナーに招き、80ラウンド超を消化した。「フィリピン人独特で、タイミングを外して打ってくるパンチに最初はボコボコにされた。でも、距離感を大事にさえすれば、パンチをもらうことはないとわかりました」といい、世界戦対策は順調に進んでいる。

 3年前の世界初挑戦は、手数が出せず、判定で完敗した。「支えてくれる人たちにすごく迷惑をかけた。なんでボクシングをするんか。そこを考えさせられました」。再起に向けた3年間。「僕は性格がわがままで、人の話を全然聞かへんかったんです。自分の力だけでやれると思ってて」。練習方法などで周囲の声に素直に耳を傾け、ひたすら前向きに2度目のチャンスを待ち続けた。

 今回はスーパースター、マニー・パッキャオの前座だ。オーストラリア・ブリスベンのサンコープスタジアムで、収容5万5000人という大舞台のリングに立つ。妻摩由子さん(43)と長女ももこちゃん(6)次女美羽子ちゃん(3)も現地に連れて行く。「長女の方は僕がボクサーやとわかってきたみたい。父親として、かっこええ姿を見せたいですね」。2度目の世界戦は一世一代の晴れ舞台。26日に決戦の地へ向かう。