元キマグレンのクレイ勇輝がボクサー引退


NHK紅白歌合戦にも出場した音楽ユニット、元キマグレンのボーカルでクレイ勇輝こと榑井勇輝(36=EBISU K’sBOX)が、プロボクサーのラストファイトで初勝利はならなかった。13年11月にプロデビューは1回KO負けで、17日に37歳ボクサー定年を控えての2戦目。2戦2敗の針生(29=REBOOT)との4回戦に臨んだが、0-3の判定負けに終わった。

 榑井はガードを堅めて接近戦を挑んでいったが、相手が終始手数も多く攻勢になった。決定打は防いで右アッパー、左ボディーなどで反撃。左のストレートをクリーンヒットさせる場面もあった。採点の結果は2人がフルマーク、1人が3ポイント差の完敗も「ボクシングはすてき。今回は最後まで立ってられた。アーティストで武道館、ボクサーで後楽園ホールなんてみんな立てない。楽しかった」と笑顔で話した。

 昨年9月に右手首の腱(けん)を痛めてほとんど使えず、試合も当初の6月から1カ月延ばした。加山会長は「普通なら試合できない。どうしてもやりたいというので。それでよくやった」とほめた。さらにプロテストに2試合とも左相手。「苦手なのに」と会長を横目でにらんだ。

 ライセンスを取得した芸能人はいるが、試合をするのは極めて異例。初勝利の快挙を逃した榑井は「思い残したのは勝ちたかったこと。左ボディー一発で倒すつもりだった。ボクは勝ちを味わえなかった。勝ったら気持ちいいんだろうな。。今日でプロのリングに立てない。ボクシングロスになるかも」と2戦2敗に悔しさも募る。「頭も体も使う素晴らしいスポーツ。もう少し早く出会っていれば。おやじファイトに出るかも」と未練を口にした。

2人組音楽ユニットで、紅白歌合戦にも出演した元キマグレンのボーカルでクレイ勇輝こと榑井勇輝(36=EBISU K’sBOX)が、プロボクサーのラストファイトに臨む。13年11月のプロデビューは1回KO負けで、17日の37歳ボクサー定年を控えての2戦目。今日11日に東京・後楽園ホールで、2戦2敗の針生(REBOOT)との4回戦に最初で最後の白星をかける。

 10日は都内での計量を契約体重より500グラム少ない57・5キロでパスし、自然と笑みが浮かんだ。3年半のブランクも、仕事の合間を縫って週数回練習していた。定年が近づく中で「やらないと後悔する。勝ちたい」と2戦目を決断した。

 初戦に続いて左の相手となった。「1回は右とやりたかった」と苦笑も「左を意識せず自分のスタイルでいくだけ。アウトボクシングはできない。打ち合う」。ライセンスを取得した芸能人はいるが、試合するのは極めて異例。今度こそ勝利という快挙!? に挑む。