八重樫東がまさかの1回TKO負け


プロボクシングのダブル世界戦(21日、有明コロシアム)で、IBF世界Lフライ級王者の八重樫東(あきら、34)=大橋=は、同級暫定王者のミラン・メリンド(29)=フィリピン=に1回2分45秒、TKOで敗れ、3度目の防衛と王座統一に失敗した。八重樫は31戦25勝(13KO)6敗、王座を統一したメリンドは38戦36勝(13KO)2敗となった。

1回中盤、八重樫の重心が後ろに移ったところをカウンター気味の右をもらい最初のダウン。立ち上がったが、さらにアッパー気味の左フックを浴びて2度目のダウン。最後は左フックで3度目のダウンを喫し、レフェリーはカウントの途中で試合をストップした。