宇野薫、斎藤裕のフェザー級世界王座挑戦の試合結果


斎藤裕が宇野薫を下し王座防衛
<プロ修斗世界フェザー級選手権試合/5分5R>
斎藤裕(日本)
Def.3-0:50-44.50-45.50-45
宇野薫(日本)

右ストレートを見せた斎藤。宇野は距離を詰めて組んでいくが、斎藤は回り込んで外す。王者は右ロー、組んだ宇野はボディロックからテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がった斎藤に右を差して左のパンチを入れる宇野。斎藤は体を入れ替えて、支えつり込み足のように宇野を崩す。飛び込んでパンチを入れた斎藤は、ガードの中からパウンドを落とし試合は寝技の展開に。

下から鉄槌を入れ宇野の十字を担いでパンチを入れた斎藤が一本足を抜いていく。ケージを蹴って後方回転する宇野をすかし、トップをキープした斎藤が左のパンチを落とし初回を取った。

2R、宇野はすぐに組みに行くがヒザが入ったか引き込む。重い右を落とす斎藤に対し、宇野が蹴り上げでバランスを崩してシングルを狙う。がぶった斎藤は立ち上がり、続く宇野の組みにヒザを当てていく。組み合いで右を差してトップを取った斎藤がサイドから立ち上がる。宇野はケージを蹴り、スクランブルから立ち上がって胸を合わせる。

ボディにヒザを入れる斎藤、ここでも足を払うように宇野を投げ捨てる。右のパンチを落とした斎藤がパスし、シングルからダブルに出た宇野を小手で潰して、がぶっていく。宇野はケージに使って立ち上があり、ローキック。斎藤は組んでヒザをボディに入れる。パンチから組みを狙う宇野だが、組んでいくのは斎藤の方。体を入れ変えた斎藤はシングルをかわされ、下を取ってしまった。

3R、バンチから組みにった宇野は潜っていくが、ここもポジションを許してしまう。バックに回った斎藤に対し、宇野はシングルから引き込む。蹴り上げにもトップをキープする斎藤は左のパウンドを打ち込む。背中を預けるが立ち上がるのでなく、後方に倒れる宇野がそれでも立って胸を合わせるが、ヒザをボディに受ける。首相撲からヒザを続ける斎藤が上を取ってサイドから抑え宇野を圧倒する。

ケージを蹴ってスクランブルに持ち込んだ宇野に対し、ヒザを連打するチャンピオン。宇野は腹が効かされたか、ここでも引き込んでしまう。バックコントロールから殴る斎藤、宇野は巻き込めずガードを取る形に。足をすくおうとした宇野に鉄槌を落とした斎藤が離れて鉄槌とここまで全てのラウンドで宇野を制圧し続けている。

4R、すぐに組んだ宇野は右わきを差し上げられてテイクダウンを取られる。バックを取った斎藤は立ち上がった宇野のボディにヒザを連打する。またもテイクダウンを許した宇野は後方回転からバックを譲り、引きずられるように上四方を許す。正対した宇野だが、ワキを潜られすぐにバックを許すと胸を合わせたところでヒザをボディに被弾し続ける。シングルレッグにトライするが、引き込むように崩れた宇野は胸への蹴り上げを見せる。しかし、スペースがあっても立ち上がることができない。

バックから力で倒してきた斎藤に対し、宇野はワキを潜ってバックへ。後方への崩しを潰されトップを許した宇野はバックを預けて前転も、王者がしっかりとボディロックでトップを取り切る。十字の仕掛けから鉄槌を入れる宇野だが、左の重い一発を被弾して4ラウンドを終えた。

最終回、首相撲&ヒザ蹴りに続き組んだ斎藤がテイクダウン。宇野は立ち上がって胸を合わせると、またヒザを受ける。襷からバックを狙う宇野がRNCを狙う。バックを取らせず、ブルドックチョークの形になった宇野を崩しバックに回るチャンピオン。宇野が胸を合わせるとヒザを連打した斎藤が、テイクダウン狙いを潰す。鉄槌からパス、バックに回った斎藤はがぶってバックへ。スタンドに戻った宇野は引きずられるように倒されると、スイッチからバックを伺う。斎藤は正面からヒザを連打し、宇野がついに崩れる。

前方に崩れた宇野にパウンドを連打する斎藤だが、宇野かここでも立ち上がる。ならばとヒザを入れた斎藤、試合はタイムアップに。判定勝ちを手にした斎藤は涙を見せる。宇野はファンに頭を下げて、子供たちと言葉をかわしケージを後にした。

「去年9月と1月と負けが続いて、それでも応援してくれた皆さんありがとうございます。宇野選手、本当に強かったです。少し休んで、次のことを考えます」とチャンピオンは語った。

修斗世界フェザー級チャンピオンシップ 5分5R
斎藤 裕(パラエストラ小岩/王者)※初防衛戦
宇野 薫(UNO DOJO/世界1位、環太平洋1位、元ウェルター級(70kg)王者)

 2月24日の渋谷TSUTAYA O-EAST大会で一連のカードが発表され、斎藤と宇野もケージに登場した。斎藤は昨年1月に中村ジュニアとの王者決定戦で判定勝ちし第10代王者になるも、9月のVTJ舞浜大会の元パンクラス王者・ISAO戦、1月のマイク・グランディ(英国)戦で2連敗中。「負けたままでチャンピオンは嫌なので、自分自身、納得するために防衛戦をやります。これで最後でいいぐらい、自分の覚悟を決めてやります」と不退転の決意を示した。
 宇野の修斗のタイトル挑戦は15年1月の中村ジュニアとの環太平洋王座以来。その時は判定負けし、続く15年7月の大澤茂樹戦でも2R KO負けしたが、昨年4月の舞浜でのファン・チョンホ戦では2Rチョークで一本勝ちしている。それから1年ぶりの試合となる宇野は「今回、修斗でこういった形で挑戦させてもらえることに感謝しています。2017年の宇野薫のMMA、修斗を、思いっきりチャンピオンの斎藤選手にぶつけたいと思います」と意気込みを語った。