曙「完治に向けて療養」


大相撲の元横綱曙(47)が代表取締役を務めるプロレス団体の「王道」は17日、公式ツイッターで、曙が右脚蜂窩(ほうか)織炎と感染症のために病院で療養中だと発表した。
当面はイベントなどの出演は取りやめ、今後の予定に関しては改めて報告するとしている。「本人もこの決断に大きく落胆してましたが今は一刻も早く復帰を目指し完治に向けて療養しています」と記されている。