村田諒太「いい人オーラ出てる」


尊敬する「ライオン」を狩る-。ボクシングのロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級2位村田諒太(31=帝拳)が世界初挑戦する同級王座決定戦は、20日に有明コロシアムで開催される。13日、対戦する元世界王者アッサン・エンダム(フランス)が来日会見で紳士的だったことを聞くと、「リスペクトできる相手と戦えることがうれしい」と歓迎。「リングの中ではライオンになる」と言う強豪を、敬意を持って倒す。

 村田はうれしそうだった。「いい人のオーラ出てますもんね。リングでは闘志ギラギラでネバーギブアップ。そういった意味で尊敬しています」。都内のジムで3時間の練習を終えて、汗を拭きながら言った。

 その約4時間前、「いい人」エンダムは来日した。紺のスーツ姿で、羽田空港での会見では落ち着いた口調。試合のたけだけしさとのギャップを問われると、「2つの人格があります。普段は穏やかですが、リングの上ではどう猛なライオンになります」とほほえんだ。村田の写真を手に、リクエストに応えて威嚇したが、丁寧にお礼をして去る姿は紳士。「100%勝つ自信がある」と話す姿に元王者の風格が漂った。

 その言動が予想どおりの好漢だったからこそ、村田は意気に感じた。「リングでベストを尽くすのが楽しみ。良い試合になる」と胸躍らせた。この日は「目慣らし」で3回のスパーリングを終え、「今日は息子の誕生日なので」と笑顔で帰路に就いた。

 4度ダウンしながら判定まで持ち込んだ経験も持つエンダムは、「KO負けは1度もない。生まれながらのウォーリアー(戦士)なので、倒れるのは死ぬとき」とも語った。その決意も含め、相手に不足なし。「強い人に勝てば、自分を褒めたい」と村田。不屈のライオンを全力で仕留める。

◆エンダム、息子から村田KO依頼
ボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦で、同級2位村田諒太(31=帝拳)と覇権を争う元世界王者で同級1位アッサン・エンダム(33=フランス)が13日、パリからの航空便で羽田空港に降り立った。

 紺のスーツをパリッと着こなし、グローブの形をした金のペンダントを胸にあしらったおしゃれないでたちで報道陣の前に登場。「すしが大好き。初めての日本ですが、試合が目的でこられてうれしい」とほほ笑みながら述べた。

 空港での会見では、終始穏やかな口調。リングで見せるたけだけしい姿とは違う一面を見せ、「普段はすごくシンプルな性格。2つの人格があります」と語った。現在の国籍はフランスだが、カメルーン生まれで、兄弟は18人いる。一夫多妻制の同国のためで、7番目の子どもになる。自分の子どもも2人おり、4歳の息子からは「村田をKOしてきてね」と激励を受けたという。

 これまで35勝(21KO)2敗で、04年に20歳でプロデビュー後、12年5月にWBO世界ミドル級暫定王者を獲得(その後正規王者に昇格)。昨年12月の試合では1回22秒に右一発で衝撃のKO勝利を飾り、米ボクシングサイトでは年間KO賞に選ばれた戦歴を持つ。

◆エルナンデスとロペス メキシコから世界王者来日
メキシコから2人の世界王者が来日した。5月20日に有明コロシアムで開催するボクシングのトリプル世界戦を控え、WBC世界フライ級タイトル戦で同級1位比嘉大吾(21=白井・具志堅)が挑戦する王者ファン・エルナンデス(30=メキシコ)、WBC世界ライトフライ級4位拳四朗(25=B・M・B)が挑戦する王者ガニガン・ロペス(35=メキシコ)が13日朝、成田空港に到着した。

 都内の宿泊ホテルに移動して取材に応じたエルンナンデスは、「相手の前に立つことを避ける練習をしてきた」と、比嘉のパンチ力を警戒した。11年8月に井岡一翔の保持していたWBC世界ライトフライ級4位拳四朗世界ミニマム級タイトルマッチで敗れて以来の来日となるが、「自分のボクシングは5年前より熟している」と初防衛戦に自信をみせた。

 来日回数を日本語で「7」と答えたロペスは16年3月に木村悠を破り現ベルトを獲得した京都での試合以来の日本となる。「2カ月半練習してきて、いまは最後の作戦の調整をしている。私が必ず勝ちます」と誓った。