村田諒太が敗戦後初めて今後について話す「前向きな答えを」


20日のWBA(世界ボクシング協会)世界ミドル級王座決定戦で不可解な判定負けを喫したロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31=帝拳)が26日、現役を続行する見通しとなった。WBAが25日にアッサン・エンダム(フランス)との直接の再戦を命じ、さらに村田の負けと採点したジャッジ2人に対する6カ月の資格停止処分を公表したことを受けてコメントを発表。再戦を「今後を考える重要な材料の1つ」とし、「前向きな答えを出したい」と述べた。

村田が所属マネジメント会社を通じて発表したコメントには、感謝と謝罪と、まだボクシング人生が続く予感に満ちていた。最後にこう結んだ。
「幸いなことに、試合における大きなダメージもなく、ボクシングに対する情熱も失われておりませんので、この再戦指示も今後を考える重要な材料の一つとしてとらえ、前向きな答えを出したいと思っています」。
その前段で即時対応してくれたWBAへの謝辞、判定決着できなかった後悔をにじませた。進退は所属の帝拳ジムと相談中との前置きはあったが、「情熱」を体現するリングに戻る意志にあふれていた。
20日の王座決定戦後、物議を醸す判定に世界中で批判が渦巻いた。WBAのメンドサ会長が謝罪し、25日には本部のあるパナマで会見。村田の負けと採点したパディージャ(パナマ)とアール(カナダ)のジャッジ両氏を6カ月の資格停止とする処分を発表。公表するのは異例の対応だった。さらに直接対戦も命じた。
村田が現役続行した場合は、再戦は1つの選択肢となる。統括団体の指令に拘束力はなく、あくまでも両陣営が交渉して試合は決まる。帝拳ジムの本田明彦会長(69)は村田の実力を高く評価した他団体のWBC、WBOから試合のオファーが届いていることを明らかにしており、世界再挑戦への道はエンダムとの再戦1つではない。
村田は来週にも会見を開くなどして、進退を明らかにする見込みだ。「前向きな答え」を世間に伝え、前に進む。

■村田諒太「情熱失われておりません」
20日のWBA(世界ボクシング協会)世界ミドル級王座決定戦で不可解な判定負けを喫したロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31=帝拳)が26日、現役を続行する見通しとなった。WBAが25日にアッサン・エンダム(フランス)との直接の再戦を命じ、さらに村田の負けと採点したジャッジ2人に対する6カ月の資格停止処分を公表したことを受けてコメントを発表。全文は以下の通り。
この度、世間をお騒がせしており、またご心配いただいているにも関わらず、明確な答えを出せていないことを、お詫び申し上げます。またWBAの裁定に関しては、世間の声に素早く反応いただいたことに感謝申し上げます。私、個人としては、判定結果に対する私情はなく、この試合を組んでいただけたことに対する感謝、そして、明確な形で決着をつけられなかったことを申し訳なく思うばかりです。今後に関しましては、現在、帝拳ジムと話し合いをしている最中です。ただ、幸いなことに、試合における大きなダメージもなく、ボクシングに対する情熱も失われておりませんので、この再戦指示も今後を考える重要な材料の一つとしてとらえ、前向きな答えを出したいと思っています。

■村田諒太の断固たる決意
場内の張り詰めた空気が忘れられない。20日に東京・有明コロシアムで開催されたWBA世界ミドル級王座決定戦。ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31=帝拳)が元WBO世界同級王者アッサン・エンダム(フランス)と覇権を争った国内最大級のビッグマッチは、不可解な判定により後味の悪さが残ったが、判定でエンダムが勝ち名乗りを受けるまでは「至高の味」だった。

パワーとスピードを兼ね備える花形階級。その一流選手が日本に来ることはまれ。両者とも一発もらったら終わりという世界で、初回から会場に満ちたのは緊迫感だった。村田が固めたガードの腕越しに、じっとエンダムをにらむ。「歩くように前にプレッシャーをかける」。その練習を繰り返してきた通りに前進して重圧をかけていく。軽快なフットワークでサークリングするエンダムが打ち込む多彩なパンチを、ことごとくブロック。逆にパンチは出さない。肩や上半身の動きでフェイントをかけながら、敵の動きを見定めた。
1回に放ったパンチは3発のみ。試合後にテレビを見た周囲から寄せられた反応には「消極的すぎたのでは?」という声もあったが、リングサイドで見た身としては、正反対の感想を持った。パンチを出す、出さないが姿勢を決めるのではない。
村田があの舞台でパンチを出さないことを徹底したことは、むしろ積極性を感じた。相手の動きを見定めるというのは事前の作戦通り。ただボクサーの本性として、パンチを出さないことほど不安なことはない。いくら「観察」しようとしても、あれだけエンダムにパンチを打たれれば、打ち返したくなるだろう。だが、村田は違った。大一番で、乱れない断固たる決意を体現した。
なぜ村田はパンチ打たないのか? 会場にいた観客はきっと、そんな疑問より先に、村田の覚悟を直感的に感じたのではないか。スタンドからは「打て」などのやじは飛ばない。広がったのは極度の緊迫感だ。1分30秒すぎに村田が左ジャブを放ったところで、肺にためていた空気をやっとはき出せたように、会場に一気に声が広がった。ミドル級トップボクサー同士の戦いの魅力に引き込まれた。以降のラウンドも漂った独特の緊張感。それは「また味わいたい」と思わせるものだった。もちろん、今度は「後味の悪さ」はいらないが。
村田は23日現在、進退については明言していない。自分が続けたいと思っても、再び簡単に世界タイトル戦を組めるような階級ではない。ただ、あの会場にいた者としては、もう1度村田の「覚悟」を見たい。「世界レベルの戦いをする上で引けを取ってない」と確信を得た男は、さらに強くなると思っている。