東京03の豊本明長と不倫騒動のミス・モンゴル


事実婚状態のお笑いトリオ・東京03の豊本明長と女優・浜松恵の二股交際疑惑が明るみになったミス・モンゴルと、“闘う女優”中野たむ(Beginning・アクトレスガールズ)が激突。21日の記者会見で突如勃発した遺恨が、さらに深まった。

 「ルックスがいいから」として、大仁田がたむのFMWマットへの起用を決めたことに対し、モンゴルは「かわいいから参戦というのは気に食わない。がんばってるブスは認められないけど、がんばってるかわいい子は認められるというのは納得いかない」と猛反発。一方のたむは「生半可な気持ちでプロレスをやってない。命懸けでやってます」と反論していた。

 当初、たむは5月の北海道シリーズへの参戦も決まっていたが、モンゴルからの“クレーム”により、この日の一戦がテストマッチとなった。モンゴルはミス・コハルと組み、米山香織、たむ組と激突。戦前、モンゴルは「ダメならダメでボコボコにしてやる」と宣言していた。“不倫”の怒りもぶつけるかのように、たむを殴る蹴る、ムチで引っぱたくなどして、試合は一方的な展開に。最後はモンゴルが必殺のカンバヤCでギブアップを奪い、完勝した。

 試合後、たむは「悔しい。何もできなくて、気持ちの整理ができない。何を言っても負け惜しみになるけど、絶対に逃げません」と言葉少な。モンゴルは「偉そうに、『命懸けでやってる』とか言ってるけど、プロレスラーなら、それは大前提。スピリットとか全く悪いわけじゃない。ここで心が折れて、FMWにもう出てこないのか?まだ食って掛かってくるならイジメがいがある。あとは彼女次第。もう少しがんばってるブスを認めてほしい。どんだけFMWに尽くしてきたか。最終的な判断は大仁田さんに任せるけど、まだ参戦してくるなら、とことん潰す」と怒り心頭。

 モンゴルの怒りは、これで収まらなかった。メーンイベントの際、両者はセコンドに就いていたが、爆破起動スイッチが押されると、モンゴルは試合権利もないのに、あろうことか、たむを爆破バットで一撃する暴挙に出たのだ。あまりの破壊力に、たむは半失神。セコンド陣の肩を借りて、控え室へ運ばれてしまった。

 メーンイベント終了後、たむを呼んだ大仁田は「がんばってるブスの怒りか?強くなりゃいいじゃないか。かわいいから、どうのこうのって言われたくねぇだろ。やってやれよ!北海道ついてくるんだろ?」と諭した。すると、そこにモンゴルが現れ、一触即発状態に。たむが「アンタに何と言われようと、私は北海道に行きます!」と宣言すると、モンゴルは「命懸けてやってるって言うけど、私も命懸けてやってんだよ。ブスだってやってんだよ!」と反論。

 そこで、大仁田が「じゃあ、北海道でとことんやれ!」と裁定を下し、たむの北海道シリーズへの参戦が正式に決まった。

 思わぬところから勃発した、ブス対カワイコちゃんの“仁義なき抗争”は、北の大地でも、激しい闘いを繰り広げることになりそうだ。