王者ヴァンダレイ・シウバ復帰「ハッピーだ」


総合格闘技の旧PRIDEミドル級王者ヴァンダレイ・シウバ(40=ブラジル)が24日(日本時間25日)、米ニューヨークで復帰戦を迎える。

 昨年3月にUFCに次ぐ規模を誇るベラトールと契約。24日にマディソン・スクエア・ガーデンで開催されるベラトール180大会で元UFCファイターのチェール・ソネン(40=米国)とメーンイベントで対戦する。20日(同21日)にニューヨーク入りしたシウバは米メディアの取材を受け「最後の試合から長い期間が経過した。本当に仕事に戻ってくることができてハッピーだ」と血気盛んだ。

 きつい言葉で相手を挑発してくる頭の回転の良いソネンに対し「今までの対戦相手とは違う。オレは好きじゃない。(旧PRIDEで)ヒカルド・アローナのような悪いヤツと対戦したが、よりソネンはたちが悪い。オレは試合に向けて集中する必要がある」と警戒した。

 UFCを主戦場としていたシウバは14年にネバダ州アスレチックコミッションでの薬物検査を拒否し、永久追放となって引退を表明。その後、3年間の出場停止に処分が変更されていた。まず米国の処分が適用外となる日本で復帰を目指し、昨年末のRIZIN無差別級トーナメントで復帰する予定だったが、故障欠場していた。

 なお同180大会のセミファイナルでは、旧PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードル(40=ロシア)が、マット・ミリオン(38=米国)と対戦する。