田中路教「RIZINに上がることは考えていません」


2月の『UFC Fight Night 104: Bermudez vs. Korean Zombie』でヒカルド・ラモスに判定負けしUFC戦績を2勝3敗とした田中路教が以下のコメント。

──2月のヒカルド・ラモス戦前以来の公の場での発言となります。
「ハイ。UFCからそういう公式発表はないのですが、あの試合後にリリースされました。あの試合が契約内で最後の試合だったのですが、負けたし内容も悪かったです。その日の夜にマネージャーのマイケル・ナカガワがショーン・シェルビーと話をして、契約更新はないということは伝えられていました」

 ビザの問題で一時帰国したものの、チーム・アルファメールでの練習は続けていくとのこと。

──UFCに戻る、それ以外の選択はなかったですか?
「ないです。僕が格闘技を続けている理由は、そこだけですから。その気持ちがなくなったら、格闘技を辞めます」

──RIZINではバンタム級GPが開かれます。そこで日本の各団体のチャンピオンに勝ち、堀口選手に勝つ。一番のUFCへ戻る近道かと思うのですが。
「いや、だってPXCを選んだ時もケージでヒジ有りの経験が積みたかったからです。だから、あの時にもう日本じゃない選択をしました。なので、今さらリングであのルールで戦うのは……、僕にとってはそれはMMAじゃないんです」

 今後はLFAと契約し、バンタム級のベルトを巻くことでUFC復帰を目指すとのこと。

LAS VEGAS, NV – JANUARY 02: Michinori Tanaka of Japan (right) reacts to his victory over Joe Soto (left) in their bantamweight bout during the UFC 195 event inside MGM Grand Garden Arena on January 2, 2016 in Las Vegas, Nevada. (Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)