辰吉寿以輝の7戦目が中止 | 裏には父、丈一郎の説得あった


 元WBC世界バンタム級王者辰吉丈一郎(47)の次男、寿以輝(20=大阪帝拳)が9日に予定していたプロ7戦目を左肋骨(ろっこつ)の負傷のため中止すると1日、所属ジムが発表した。元インドネシアスーパーバンタム級王者ジュンドゥラ・ファウザンと初の8回戦を行う予定だった。

 その顔は悔しさに満ちていた。興行は行われるが、大阪市内のジムで会見した寿以輝は「むちゃくちゃ悔しい。情けない。本当にすんませんでした」と謝罪した。6月28日のスパーリングで腹にパンチを受けた。痛みがひどくなり、翌29日に病院へ。診断は「左肋軟骨挫傷で全治1カ月」だが寿以輝は「骨が1本飛び出してる」。吉井会長も肋骨の骨折と認識している。

 今年2月の試合も左拳を痛め、中止となっている。「2回とも不注意。1週間安静にして治るようなら」と強行出場しようとしたが「俺も同じけがで(試合)やって後悔したんや」という父丈一郎の説得に折れた。完治を待ち、年内に再起戦と陣営は描く。「応援してくれる人がおる。腐らんようにしたい」。6戦無敗のサラブレッドは再起を誓った。