金メダリストから世界王者へ | 村田諒太の再挑戦


ボクシングの採点基準は有効打、攻勢、防御、ペース支配の4つある。醍醐味はダウンを奪うKO。世界初挑戦で判定負けした村田諒太(31=帝拳)の話題はいまだ続くが、4回にダウンを奪うなど有効打では圧倒した。相手は5回に腰砕け、7回も吹っ飛びいずれもロープに救われた。ダウンとしていいダメージだった。一方で受けた有効打は数少ない。どうみても判定負けは疑問だ。

 採点は微妙になると思った人は意外にいて、負けも少数いたようだ。日刊スポーツ判定パンチ数は村田225に対してエンダムは倍以上の464。この手数の差がジャッジによって採点に表れた。最終回のゴング後、エンダム陣営は勝利を確信して喜び、彼らにしてみれば作戦通りだった。

 村田は初回3発は様子見としても、2回以降はもっと手を出し攻めてほしかった。特に終盤4回は勝利を確実にするために。得意の左ボディーは数発。相手が一発KOの右を最後まで警戒。左は固め、右を狙う作戦に徹した。上位経験不足の懸念を吹き飛ばす世界の実力を示したが「手を出せ」の声が飛んだのも事実だった。

 「桜井を思い出した」という人もいた。日本の金メダリストの世界挑戦は東京五輪の桜井孝雄以来2人目だった。桜井は22連勝でファイティング原田から王座を奪ったローズに挑戦。2回にダウンを奪ってリードも、終盤消極的になって15回判定負けした。

 一方でエンダムも驚異的だった。2敗は世界戦で4度と6度のダウンも判定に持ち込んだ。回復力、スタミナ、身体能力の高さには恐れ入った。公開練習ではメニューとインターバルを1分間隔で心拍を高め、ダメージ想定で10秒間クルクル回ってからパンチ、リング内でシャトルラン。独特の練習を精力的にこなしていたのがうなずけた。

 リングの大きさは約5・5メートル以上7・3メートル以内と決められている。契約段階で7・2メートル以上と要求し、自慢のフットワークを使うために広いリングは不可欠だった。ディアス・トレーナーはキューバ人で多くの金メダリストに世界王者3人を指導し、ドクターも帯同していた。

 金メダリストから世界王者は1人もいないという、ミドルの壁の厚さをまた知らされた。これほどボクシングが話題になるのはあの亀田騒動以来だろうが、本来は日本のボクシング史が変わる日のはずだった。業界に意気消沈ムードもあるが、村田は事実を受け入れながらも再挑戦を目指すようだ。今度こそジンクス打破へどう歩んでいくか興味は尽きない。

20日にWBA世界ミドル級王座決定戦を戦ったロンドン五輪金メダリスト村田諒太(31=帝拳)が、NHK総合で今日30日午後10時から放送の「クローズアップ現代+」に緊急出演する。

 試合では元世界王者アッサン・エンダム(フランス)からダウンを奪うなど優勢も、不可解な判定負けで初黒星を喫し、世界中で物議を醸した。歴史的な一戦を、どのような思いで戦い、今後のボクシング人生に何を得たのか。武田真一キャスターが聞く。