9万人が見守るKO決着必至の新旧対決 | ボクシング ビックマッチ ジョシュアvsクリチコ戦


ゴールデンウイークの前半と終盤、世界中が注目するスター選手同士の対決が英国と米国で行われる。29日(日本時間30日)にロンドンで行われるアンソニー・ジョシュア(27=英国 18戦全KO勝ち)対ウラディミール・クリチコ(41=ウクライナ 68戦64勝53KO4敗)のWBA、IBF世界ヘビー級タイトルマッチは年齢差14歳の新旧王者対決で、3カ月前に9万枚のチケットが完売になったほどだ。この世界が注目するビッグマッチについて、芸能界きってのボクシングファンの上田晋也(くりぃむしちゅー)が勝敗の行方を占った。

-まずは4月30日に行われるジョシュア対クリチコですが、これは典型的な新旧対決ですね
上田 一昨年、タイソン・フューリー(英国)がクリチコに勝ったけれど、僕のなかではたまたまという感が強く、時代が変わった、あるいは世代交代という印象がないんです。でも今回、ジョシュアが勝つと「ヘビー級新時代」を確固たるものにできると思うし、本当の世代交代になるんじゃないですかね。その先、WBC王者のデオンテイ・ワイルダー(米国、38戦全勝37KO)との対戦も考えられるわけで、そうなるとマイク・タイソン、イベンダー・ホリフィールド、リディック・ボウ(いずれも米国)、レノックス・ルイス(英国)、ドノバン・ラドック(カナダ)らがいた80年代後半から90年代のような群雄割拠の時代に入るような気がします。そう予言したいんですが、ただ、僕の予想は商店街の福引よりも当たらないんですよ(笑)。

-当日、ウェンブリー・スタジアムは9万人の大観衆で埋まりそうです
上田 僕はロンドン・オリンピックのときにサッカーの取材でウェンブリー・スタジアムに行ったのですが、あそこで二人が対決するのかと思うと興奮しますね。以前、マニー・パッキャオ(フィリピン)対アントニオ・マルガリート(メキシコ)の試合をダラス(米テキサス州)のカウボーイズ・スタジアム(現AT&Tスタジアム)で見たことがありますが、みんなの視線がリングに集まるわけで、「いま、世界の中心はここなんだな」と思ったものです。テレビで見ても歴史の証人になるので、朝6時からの放送で少し早いけれど、これはぜひ見てほしいですね。

-どんな試合を期待しますか
上田 ジョシュアは1ラウンドから行くと思います。クリチコは様子を見るかな? できればジョシュアにはクリチコがクリンチできないくらいの距離で積極的にワンツーを打っていってほしい。ジョシュアの右ストレートが時代を手繰り寄せるか、それともクリチコの右ストレートが時代を手放さないか、そんな戦いですね。

-予想は?
上田 タイソンがジェームス・ダグラス(米国)に倒されて、それをヒントにして他のチャレンジャーたちが続いたように、(無敵の選手が)一度攻略されると相手が自信を持ちますからね。モノマネもそうじゃないですか。それまで誰もやらなかったビートたけしさんのモノマネを松村邦洋さんが「バカヤロー、ダンカン」ってやったらみんながやるようになった。例が全然違うけれど、ジョシュアは自信を持ってクリチコに対峙(たいじ)できるんじゃないかな。だから、ジョシュアの後半KO勝ちと予想します。これまでクリチコは長いこと頑張ってくれたけれど、ここは時代を手繰り寄せるためにもジョシュアにセンセーショナルなKOで勝ってほしいですね。

-ワイルダーが観戦するらしいですね
上田 そうですか。ジョシュア対ワイルダーはどんなことをしてでも見に行きたいカードですね。
なお、「アンソニー・ジョシュア対ウラディミール・クリチコ」は4月30日(日)午前6時から、上田晋也がスペシャルゲストとして出演する「サウル・カネロ・アルバレス対フリオ・セサール・チャベス・ジュニア」は5月7日(日)午前11時から、いずれもWOWOWライブにて2週連続生中継される。

◆「早過ぎたのか、遅過ぎたのか」
WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ、IBF王者のアンソニー・ジョシュア(27=イギリス)vs.挑戦者・元WBA、IBF、WBO3団体統一王者ウラディミール・クリチコ(41=ウクライナ)の12回戦は4月29日(日本時間30日)、イギリスのロンドン、ウェンブリー・スタジアムで行われる。
飛ぶ鳥を落とす勢いの18戦全KO勝ちの若武者(ジョシュア)と、プロキャリア20年、28度の世界戦を経験している大ベテラン(クリチコ)という分かりやすい構図の一戦。「歴史に名前を刻む時が来た」と意気込むジョシュアと、「経験は若さに勝る」と泰然とした様子のクリチコ。世代間の戦いはKO決着必至だ。

12年ロンドン五輪覇者のジョシュアと96年アトランタ五輪金メダリストのクリチコとの間には14歳の年齢差があるが、この両者は14年の晩夏、スパーリングで手合わせしたことがある。

 17度目の防衛戦を控えたクリチコのトレーニング・キャンプに、プロ転向10カ月、まだ7戦を経験しただけのジョシュアが参加したのだ。スパーリングの内容に関しては不明だが、当時、クリチコはジョシュアを「弟」と呼んでかわいがり、ジョシュアは先輩を「兄」と呼んで慕っていたと伝えられる。クリチコは「彼には素晴らしい才能がある。まだまだ学ばなければならないことはいっぱいあるが、優れたスキルとアマチュアの経験がある。いずれ大成するだろう」と称賛のコメントを残している。

 それから3年弱、ふたりの立場は逆転し、クリチコは挑戦者としてジョシュアと拳を交えることになったわけだ。両者の胸中は複雑なものがありそうだが、ジョシュアは「自分が何者であるかを知りたいために戦っている。だから常にベストの存在でありたい。伝説の人と戦う絶好のタイミング。歴史に名前を刻む時が来た」と先輩を超える事に意欲を燃やしている。

 これに対しクリチコは「挑戦者としてリングに上がるのは10年ぶりだが、準備はできている。ジョシュアは私との試合後に(WBC王者の)デオンテイ・ワイルダー(米国)との統一戦も視野に入れているらしい。若くて野心を持っているのはいいことだが、まずは今回の試合に集中することだ。基本的に経験は若さに勝るものだからね」と話している。

昇竜の勢いの現王者と、実績も知名度も十分の元王者の世代間の戦いは世界的にも大きな注目を集めているが、特にジョシュアの地元イギリスでは異常ともいえる人気だ。

 試合決定後に2回に分けて発売されたチケットは、2000ポンド(約28万円)のVIP席を含めて即完売となった。プロモーターが会場を管理するロンドン市と交渉して1万枚を追加販売したほどだが、これもすぐに売り切れた。当日は9万人の大観衆が詰めかけることになる。

 オッズは約2対1でジョシュア有利と出ている。ふたりとも身長は198センチで、リーチはジョシュアが208センチ、クリチコが206センチと体格面は互角だが、予想では現王者のスピードと勢いが、元王者の経験を抑えた形と言える。実際にジョシュアの左ジャブ、右ストレートのスピードにアドバンテージがあることは確かで、1年5カ月のブランクがあるクリチコが慎重に様子をうかがっているところを急襲して一気にけりをつけてしまう可能性もある。その一方、クリチコが破壊力のある左ジャブで機先を制し、圧力をかけた状態から右ストレートを見舞ってKO勝ちというパターンも考えられる。KO決着は必至だ。

 WBAのスーパー王座の決定戦も兼ねた大一番は、ヘビー級らしい迫力のある試合になることは間違いない。
「彼にとって対戦の時期が早過ぎたのか、それとも私にとって遅過ぎたのか。すべての答は4月29日に出るだろう」(クリチコ)