JKボクサー | 小村楓香


現役女子高生ボクサーだけでも珍しいが、しかも20歳。日本女子ミニフライ級5位小村楓香(グリーンツダ)が8月11日に枚方市立総合体育館で同級7位一村更紗(堺東ミツキ)との同級王座挑戦者決定戦に挑むことが29日、大阪市内のジムで発表された。日本女子タイトルは今年新設されたもので、勝者が12月に予定される王座決定戦に進む。

「きっちり勝ってベルトを持って卒業したい。女子高生の間にチャンピオンになりたいんです」という小村は、6月5日に20歳の誕生日を迎えた。制服姿にショートの黒髪。プロゴルファーの宮里藍に似た顔立ちだが、一時は自身を見失っていた。「この春、奇跡的に進級できました」とジムの本石昌也会長が冗談めかす。2度の留年で今春、ようやく門真西高の3年生になった。
「希望も何もなくなってクズみたいな生活をしてました」。小学2年から空手、中学で「蹴りよりパンチが得意だから」と大阪帝拳でボクシングを始めた。幼いころから練習、練習の日々。「反動があったんですね、遊びたい」。高校入学後はすべて投げだし、アルバイトの毎日。いくつか掛け持ち、月収は10万円以上あったという。「お金も持って何でもできる、と。先輩と夜遊びの毎日でした」。
補導歴こそないが16、17歳のときは金髪、カラーコンタクト、つけまつげにエクステ、そしてミニスカートとギャルを精いっぱい“演じて”いた。「遊んでいても、何かむなしい。そんな毎日でした」。最初の留年となった2年前の5月、ゴールデンウイーク明けに家出した。「もう家に戻るつもりはなかったんですが…」。5日間ほどで戻ると、両親と真剣に話し合った。「やっぱりボクシングがやりたい」。母真子さんは「見学だけでも行ってみれば」と背中を押してくれた。たどり着いたのが、グリーンツダジムだった。
「必死に何かを追いかけている自分が好きと、あらためて知りました」。見失っていた目標が明確に見えた。朝練、学校、そしてジムワークの日々が楽しく、充実している。「今年は絶対大丈夫。昨年より勉強が楽だし、やることをやれば卒業できます!」。次戦に勝てば、夢に見るベルトに王手をかける。
6月5日。クラスメートが「ハッピーバースデー」で祝ってくれた。しかし、ある1人に「いくつなん? げっ20歳? 2個上やん」と驚かれたという。「17歳の時に描いていた20歳とは全然違う。あまりに変化がなさすぎてびっくりです」とくったくない笑顔に、かつてのやんちゃな面影はかけらもない。無傷の5連勝でタイトル戦へ。20歳の現役JKボクサーは、ベルトを掲げて来年の成人式、そして卒業式出席の野望を抱いている。

◆小村楓香(こむら・ふうか) 1997年(平9)6月5日、大阪・門真市出身。小学2年から空手、中学ではボクシング。3度目の高校2年の昨年、グリーンツダジムに入門。戦績は4勝(2KO)無敗。好きな有名人はユーチューバーヒカル。「考え方が好きなんです」。身長151センチの右ボクサーファイター。

■大阪府の高校に通う高校2年生でありながら女子プロボクサーとして世界を目指す「小村楓香」選手。
日本のプロボクシング史上2人目となる高校生プロクサーとして注目を集めています。
そして、いよいよプロとしてのデビュー戦が決定しました。
日時は2016年8月7日、大阪市浪速区にあるエディオンアリーナ大阪で行われます。
相手は長井香織選手。
世界チャンピオンに向けての第1歩をどのように歩むのでしょうか?
「小村楓香」選手のこれまでの経歴やリングを降りている時の素顔について調べてみたいと思います。

氏名:小村楓香(こむら ふうか)
生年月日:1997年6月5日(19歳)
出身:大阪府門真市
高校:大阪府立門真西高校2年
身長:151㎝
体重:50キロ
特技:空手
趣味:カラオケ(80’S~90’S)
所属:グリーンツダボクシングクラブ
特徴:右ファイターボクサー
「小村楓香」選手は元々「泣き虫」であり、それを克服するため小学2年生から空手道場に入門、小学4年で全国大会で優勝しその後敵なし。
空手はやり切った感があり将来が見えないという理由で中学2年生でボクシングに転向。
中学の間は昼夜を問わず練習に明け暮れたが高校進学後に一度挫折。
遊びやバイトの誘惑にK.Oされ「ほとんど遊んだことがなかった」という反動から女子プロボクサーより先に「夜遊び」デビュー。
クラブなどで遊ぶ乱れた生活から抜け出せなくなり学校は遅刻や欠席。結果として2年生で1回目の留年が決定。
ただ、遊んでいるうちに自分を見つめ直す事が多くなり夜遊びからの卒業を決心。
2015年6月からボクシングを再開。再び昼夜を問わない練習により2016年3月に受験したプロテストに合格。
日本女子ボクシング史上2人目となる高校生女子プロボクサーとして、2016年8月にはプロデビュー戦を迎える。
ただ、再起をかけて夜遊びを卒業したおかげで学校は無遅刻無欠席になったが、苦手科目が足を引っ張り「高校2年生」は卒業することが出来ず2回目の留年が決定。
現在の目標は「世界チャンピオンになること」と「20歳で高校を卒業すること」だそうです。
高校2年生の割にはなかなか山あり谷ありな人生を歩んでいますね。
一度は空手で日本一の栄華を極め、将来も安泰かと思いきやボクシングに転向。
なかなかできる決心ではないですね。
元は泣き虫であったはずが空手を通じて心も強くなっていた証拠です。
正に武道の求めるべき姿だと思います。
ただ、思春期だけあって反動がすごかったようですが。
まぁ若気の至りと言うところでしょうか。

女子高生としての素顔は?
なんだかんだ言って女子高生ですから、オシャレに気を使ったり抜け目はないはずです。
学校での制服姿はどのような感じなのでしょうか?
髪型も整えて化粧もばっちりで可愛らしいですね!
よくみると女優の「川島海荷」さんや元AKBの「山本彩」さんに似ている感じでしょうか。
門真西高は男女共学なので彼氏もいるのかなと調べてみましたが、現在は「ボクシングが恋人」のようです。
とにかく「世界チャンピオン」を目指して脇目も振らずに突き進んでいく決心なんですね。
メディアにも取り上げられることが多くなってきたようですね。
知名度も全国的に広がっていきそうです。

・小学2年から空手を始め全国大会優勝
・中学2年でボクシングに転向するが途中、「夜遊び」もデビュー
・2015年3月にプロテストに合格し、史上2人目のJKプロボクサー
・2016年8月にプロデビュー。将来の夢は「世界チャンピオン」
「小村楓香」選手は現在体重が50㎏なので、階級としては
アトム級 46.26Kg以下
ミニ・フライ級 46.26Kg超 ~ 47.62kgまで
ライト・フライ級 47.62kg超 ~ 48.99kgまで
フライ級 48.99kg超 ~ 50.80kgまで
で勝負ができると思います。
「絶対に世界チャンピオンになりたい」と言う強い信念をもっており、ジムの本石昌也会長が「精神力が強く、パンチ力もある」と期待する逸材ですので必ずや世界チャンピオンの座についてくれることでしょう。
将来的には他階級制覇の無敵ボクサーを目指して頑張ってほしいと思います。