RIZINで那須川天心と才賀紀左衛門が対戦


5月20日に後楽園ホールで開催された『RISE 117』の試合結果。メインイベントは那須川天心がライアン・シェーハンに1R KO勝ちしてISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座を防衛しています。

那須川の圧倒的KO勝ちで場内が盛り上がった中、リング上に才賀紀左衛門(才賀紀左衛門道場/Me ,We)が登場。マイクを持つと「天心、天才やな、お前は。誰も日本人が試合してくれなくてかわいそうだから、次のRIZINで俺とやろう」と突如、挑戦状を叩きつけた。
「俺は元々K-1に出てたから、RIZINルールでもK-1ルールでもRISEルールでもいい」と、どのルールでもいいから対戦しようと才賀が持ちかけると、那須川は「やっちゃいます。どんなルールでも強い人が本当に強い人なので、受けて立ちます」とその場で挑戦を受諾する。
才賀は続けて「俺も男とくっつくのは嫌いやから、立ち技でド突き合おう」と、RIZINのMMA(総合格闘技)ルールで対戦したとしても、寝技には行かず立ち技で戦うと宣言した。
また、会場には高田延彦RIZIN統括本部長も試合を視察に訪れており、「才賀とやれんのか!?」と問われ、「やりますと答えました」と明かした。
那須川は試合後のインタビューで「格闘技界で活躍しているし、お世話になっている人なので、いつかやる日が来ると思っていました。このタイミングで来たか、という感じでした」とコメント。体重も才賀の方に合わせるつもりだそうです。
新宿FACEで開催された『DEEP JEWELS 16』の試合結果。メインイベントでKINGレイナがクリステイーン・ハンデルに1R TKO勝ちすると榊原信行代表が「アメリカでKINGレイナの対戦相手を探してきます」とコメント。7月30日のRIZIN出場が決定しています。