Showtime副社長「メイウェザー vs. マクレガーの交渉は進展していない」


 Showtime副社長のスティーブン・エスピノザがコナー・マクレガー vs. フロイド・メイウェザーJr.の噂について以下のコメント。

「史上最大の試合だったフロイド・メイウェザー vs. マニー・パッキャオは互いに本気でやりたいと思っていた。私が疑問なのはUFCは本気でやる気があるのかということだ。デイナ・ホワイトの口ぶりだとオープンなように聞こえるが、トークはトークだ。内面的にも外面的にも大きな進展は見られない。早く進めないと世間の関心は他に移ってしまう。飽きられてしまう。年内にやらなかったら実現しないだろう。9月になるとフロイドは丸2年間も試合をしてないことになる。今でもグレートシェイプを保っているが、ブランクが長引いている」

「UFCはコナー・マクレガーが2度と自分のところで闘わないのではないかと恐れているのだと思う。5000万ドル、6000万ドル、7000万ドルも稼いでしまったら、そのまま引退されかねないからね」

◆コナー・マクレガー「フロイド・メイウェザー戦が実現しなかったらマニー・パッキャオとやるかUFCで闘う」
コナー・マクレガーが「最終的にフロイド・メイウェザーは台無しにするかもしれない。その時は本来の闘いに戻るかマニー・パッキャオとか別の相手とのボクシングマッチをするよ」とコメント。またファイター育成にも意欲があり、長男を世界チャンピオンにするとのこと。