UFC 212: Aldo vs. Holloway | アルド vs. ホロウェイ


■UFC 212: Aldo vs. Holloway試合結果
▼フライ級/5分3R
マルコ・ベルトラン vs. デイヴィソン・フィゲレド

 1ラウンド。ベルトランプレッシャー掛ける。ジャブ、ロー。フィゲレドテイクダウン、ベルトランすぐ立ち逆に金網に押し込む。しかしフィゲレド再度テイクダウン、クローズドガード。フィゲレドパウンド。ベルトラン下から肘打ち。ハーフに戻す。フィゲレドギロチンチョークも入りが浅い。ベルトラン外すと肘打ち。フィゲレドクローズドガード。下からアームバー狙いもベルトラン外してスタンドに戻る。ラウンド終了。

 2ラウンド。ベルトラン右ロー、ジャブ。左ロー。左ミドル。右ロー。右ハイ。フィゲレドワンツー。テイクダウン、パスしてマウント。ベルトランハーフに戻す。フィゲレドパウンド、肘打ち。フィゲレド立って猪木アリ状態。ベルトラン蹴り上げもフィゲレド交わしてパウンド。バックを取りチョーク狙いもベルトラン外す。フィゲレド今度はマウント。ベルトランハーフに戻す。フィゲレド立って猪木アリ。フィゲレド足首取ってヒールフックも諦めスタンドに戻る。フィゲレド右ボディ。右アッパー! ベルトランぐらつく! フィゲレド右フック! ベルトランダウン! しかしここでラウンド終了。

 しかし3ラウンドに行くことなくベルトランが続行を断念し試合終了。

 2ラウンド終了、デイヴィソン・フィゲレドTKO勝ち。


▼ウェルター級/5分3R
ルアン・シャガス vs. ジム・ウォールヘッド

 1ラウンド。シャガスはスイッチスタイル。ジャブの応酬。シャガスワンツー。右ロー。左ハイ。ジャブ。ウォールヘッドワンツー。シャガス左フック。右フック。前蹴り。左ミドル、ワンツー。ウォールヘッドたまらずタックルも切られてスタンドに戻る。シャガスワンツー。右フック、ワンツー。ジャブ。ウォールヘッド右フック。タックルも切られる。互いに前蹴り。ウォールヘッド右フック。シャガス左フック、ワンツー、膝蹴り。ジャブ。ラウンド終了。

 2ラウンド。ウォールヘッドジャブ。シャガスジャブ、前蹴り。左ロー。ウォールヘッドワンツー、なおもワンツー。シャガス左ローも急所にヒット。すぐ再開。シャガス左ロー。ウォールヘッドワンツー。シャガスジャブ。左ハイ。ウォールヘッド右フック。ワンツー。シャガスジャブからタックル、金網に押し込む、ウォールヘッドすぐ入れ替え離れる。シャガスジャブ。ワンツー、なおもワンツー。ウォールヘッドジャブに行ったところにシャガスが手を伸ばしアイポークに。ドクターチェック後再開。シャガスジャブ。左ミドル、左ロー、右ロー。ウォールヘッドワンツー。シャガス右ロー。ウォールヘッドジャブ。シャガス左右ロー。ウォールヘッドワンツー。シャガス右ハイ。左フック! ウォールヘッドダウン! シャガスパウンドからバックを取りチョーク! ウォールヘッドタップ!

 2ラウンド4分48秒、リアネイキッドチョークでルアン・シャガス勝利。


▼女子ストロー級/5分3R
ヴィヴィアン・ペレイラ vs. ジェイミー・モイル

 1ラウンド。モイル左ロー。右ローもペレイラカウンターのタックル、金網に押し込む。モイル膝蹴り連打。離れる。ペレイラジャブ。モイル前蹴り。ワンツー。ペレイラ右ストレート。ワンツー。モイル前蹴り。ワンツー。ワンツー。ペレイラワンツースリーからタックル、金網に押し込む。肘打ち、離れる。モイル右ハイもペレイラキャッチしワンツー。ラウンド終了。

 2ラウンド。ペレイラワンツー、クリンチ、離れる。ペレイラワンツー。モイル前蹴り、ワンツー。右フック。前蹴り。ペレイラワンツーからクリンチ、金網に押し込む。ペレイラ入れ替え離れる。ペレイラプレッシャー掛けてワンツー、なおも連打。モイル前蹴り。左ミドル。ペレイラ右フック。モイル右ローもペレイラキャッチし右ストレート! モイルダウンし猪木アリ状態。ペレイラ左右ロー連打。ラウンド終了。

 3ラウンド。モイルジャブ。左ロー。ペレイラワンツー。ワンツー、なおもワンツー。モイル左ロー。ジャブ、ワンツー。ペレイラワンツー。ジャブ。パンチが交錯。モイルクリンチ、金網に押し込もうとするもペレイラ振り払う。ペレイラワンツー。右フック。モイル右ミドル。ペレイラジャブ。ワンツー。ジャブ。ワンツー。モイル右ミドル。ペレイラワンツー。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、30-27、30-27)でヴィヴィアン・ペレイラ勝利。


▼バンタム級/5分3R
ユーリ・アルカンタラ vs. ブライアン・ケレハー

 1ラウンド。アルカンタラはサウスポー。アルカンタラ左フック。左ミドル。左ストレート、ケレハー尻もちもすぐ立つ。アルカンタラ右ミドル。ケレハー右ミドル、右フック。バックハンドブロー。右ミドル。アルカンタラ左ミドル。前に出るケレハーに対しアルカンタラ左フックからテイクダウンもケレハーすかさずギロチンチョーク! アルカンタラタップ!

 1ラウンド1分48秒、ギロチンチョークでブライアン・ケレハー勝利。


▼バンタム級/5分3R
ジョニー・エドゥアルド vs. マシュー・ロペス

 1ラウンド。ロペスはサウスポー。エドゥアルド右ロー。ロペスワンツー。エドゥアルド右ロー。ワンツー。右ミドル、ワンツー。右ローもロペスカウンターのテイクダウン。エドゥアルド下からヒールフック。ロペス構わずパウンド、鉄槌連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド2分57秒、マシュー・ロペスTKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
アントニオ・カルロス・ジュニオール vs. エリック・スパイスリー

 1ラウンド。カルロスプレッシャー掛ける。右ローもスパイスリーカウンターのテイクダウン。肘打ち。カルロス下から足関狙い。スパイスリーも呼応し足関合戦も次第に足が絡まったまま殴り合いに。再度足関合戦に突入。離れてスタンドに戻る。カルロス片足タックル、金網に押し込む。テイクダウンからバックを取る。チョーク狙い。ラウンド終了。

 2ラウンド。スパイスリーワンツー。タックルもカルロス押し潰して上になる、ハーフガード。カルロスパウンド。スパイスリー下から足関狙いもカルロス外してバックを取る。スパイスリー体を移動しバタフライガード。しかしカルロス再度バックを取る。背後からパウンド、そしてチョーク! スパイスリータップ!

 2ラウンド3分49秒、リアネイキッドチョークでアントニオ・カルロス・ジュニオール勝利。


▼バンタム級/5分3R
ハファエル・アスンソン vs. マルロン・モラエス

 1ラウンド。モラエス左ロー。アスンソン右ロー。モラエス左右ロー。右フック。アスンソンワンツー。モラエスジャブ。右フック。ジャブが交錯。モラエス右ミドル。パンチが交錯。アスンソン急所に右ローもすぐに再開。モラエス左ミドル。互いにジャブ。アスンソンタックルも交わされる。モラエス左ミドル。アスンソン右フック。右ミドル。左フック、右フック! モラエスぐらつく! ラウンド終了。

 2ラウンド。モラエスワンツー。右ロー。互いにジャブ。モラエスワンツー。ローが交錯。パンチが交錯。モラエスワンツー。左ロー。アスンソン右ロー。モラエス右フック。アスンソン右ハイ。モラエス右ボディ。アスンソン右ハイ。モラエスワンツー。タックルに行くも交わされる。アスンソン前蹴り、関節蹴り。モラエス左ミドル。ラウンド終了。

 3ラウンド。互いにロー。アスンソン右ストレート! モラエスぐらつくもすぐ立て直す。モラエス右フック。ワンツー。右ロー。右ストレート。右ロー。アスンソン右ストレート。ソバット。モラエス右ロー。左ストレート。パンチが交錯。アスンソン左ローも急所にヒット。休憩後再開。アスンソン右ロー。モラエス右ミドル。互いに左ミドル。パンチが交錯。モラエス左ロー、アスンソンキャッチするもテイクダウンできず。今度はモラエス片足タックルもテイクダウンできず。モラエスバックスピンキック。右フック、右ハイ。左ミドル。二段蹴り。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(28-29、29-28、30-27)でハファエル・アスンソン勝利。


▼ウェルター級/5分3R
エリック・シウバ vs. ヤンシー・メデイロス

 1ラウンド。シウバはスイッチスタイル。メデイロス左ミドル。ソバットは空を切る。シウバジャブ。左ハイ。メデイロスワンツー! シウバもつれてダウンもすぐ立つ。シウバジャブ、右ロー。メデイロスバックハンドブロー、左ミドル。左ミドル。メデイロス右フック。シウバ右フック。ソバット、左フック、左ミドル。メデイロス右フック。ワンツー。ジャブ。シウバ右ストレート。右ロー。メデイロスワンツー。左ミドル。シウバ右ロー。右ハイ。右ロー。ワンツー、膝蹴り、メデイロススリップダウン。ラウンド終了。

 2ラウンド。メデイロスワンツー、左ミドル。ソバット。シウバ左ミドル。ジャブ。右ロー。左ロー。メデイロスジャブ、ワンツー。ワンツー。シウバ右アッパー。メデイロスワンツー、シウバすかさずワンツー。メデイロス右フック、すかさず左フック! シウバダウン! メデイロスパウンド連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド2分01秒、ヤンシー・メデイロスTKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
パウロ・ボハチーニャ vs. オルワレ・バンボゼ

 1ラウンド。バンボゼはスイッチスタイル。バンボゼ左フック。左ロー。ボハチーニャ右ローもバンボゼキャッチしテイクダウン、ボハチーニャすぐ立つ、バンボゼおんぶに行くもボハチーニャ振りほどき離れる。バンボゼ左ハイ連打からタックルも切られる。ボハチーニャ右ミドル連打。右ミドル。パンチが交錯。ボハチーニャワンツー。右ミドル連打。左フック、ワンツー、右ロー、なおも連打! ボハチーニャラッシュ! 右ミドル! 首相撲から膝蹴り! しかしバンボゼ粘ってタックル、金網に押し込む。テイクダウン、ボハチーニャ金網を背にする。ボハチーニャ立つ。ラウンド終了。

 2ラウンド。ボハチーニャプレッシャー掛ける。パンチが交錯。ボハチーニャ右ハイ。バンボゼ右フック。ワンツースリー。左ミドルもスリップ、ボハチーニャそのままパウンド連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド1分06秒、パウロ・ボハチーニャTKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
ビクトー・ベウフォート vs. ネイサン・マーコート

 1ラウンド。ベウフォートはサウスポー。マーコート左ロー。右ストレートからクリンチ、テイクダウン、クローズドガード。ブレイク。マーコートクリンチ、離れる。マーコート前蹴り。ベウフォート左ストレート、左ハイ。マーコート二段蹴り。ベウフォート右アッパー。マーコート右ストレート。ベウフォート右フック。マーコート左右ロー。ベウフォートジャブ。左ハイ。ラウンド終了。

 2ラウンド。マーコート左右ロー。ジャブ。右ハイ、左ハイ。右フック。ベウフォート左フック、左ハイ。クリンチアッパー連打、離れて左ミドル。マーコートジャブ。左ロー。ワンツー。ジャブ。右ミドル。左ロー、二段蹴り。右ハイ、右ミドル、右ストレート。クリンチ、離れる。ベウフォート左ハイ。マーコート前蹴り、ワンツーからクリンチに行くもベウフォート振りほどく。マーコート右ストレート。ラウンド終了。

 3ラウンド。ベウフォートワンツー。マーコート左ロー。左ロー、右ミドル。ベウフォート左ミドル。マーコートジャブ。右ハイ。ワンツー。左ロー。左ミドル。右ストレート。左ロー。ベウフォートジャブ。マーコート左ハイ。パンチが交錯。ベウフォートジャブ。右フック。左ハイ。マーコートジャブ。ベウフォート左ミドル。右フック。マーコートタックルも切られる。マーコートジャブ。ベウフォート左ハイ、左フック。マーコート左ストレートからクリンチ、離れる。ベウフォートジャブ。マーコート右ストレート。跳び膝は空を切る。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でビクトー・ベウフォート勝利。

 ベウフォート、マイクで「あと5試合はやる」とコメントし引退を否定。


 桜庭和志のUFCホール・オブ・フェーム入りが発表される。パイオニア部門での受賞。


▼女子ストロー級/5分3R
クラウディア・ガデーリャ vs. カロリーナ・コバケビッチ

 1ラウンド。ジャブの応酬。ガデーリャ左ミドル。パンチが交錯、クリンチ、ガデーリャ離れ際に肘打ち。パンチが交錯。ガデーリャクリンチからテイクダウン、バックを取る。ガデーリャチョーク! コバケビッチタップ!

 1ラウンド3分03秒、リアネイキッドチョークでクラウディア・ガデーリャ勝利。


▼UFCフェザー級王座統一戦/5分5R
ジョゼ・アルド vs. マックス・ホロウェイ

 1ラウンド。互いにジャブ。ホロウェイワンツー。ジャブ。プレッシャー掛ける。アルドワンツー。ホロウェイジャブ。アルド右ボディ、ホロウェイワンツー。アルド左フック! ワンツー! ホロウェイ一旦下がるも立て直す。アルド右ロー。パンチが交錯。ホロウェイジャブ。右ストレート。アルド右アッパー。ワンツー。ホロウェイソバット。アルド前蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。アルド右ボディ。ホロウェイワンツー。アルドワンツー。ジャブ。ホロウェイワンツー。互いにワンツー。アルド右アッパー、ワンツースリー。ジャブ連打。ホロウェイ右フック。ワンツー。ワンツーからクリンチ、離れる。ホロウェイジャブ、ワンツー。互いに右フック。パンチが激しく交錯。アルド右ストレート。ホロウェイ右ミドル。ワンツー。アルドジャブ。ホロウェイ右ミドル。ジャブ。アルド左フック。ホロウェイワンツー、右ミドル。アルドソバット、ワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ホロウェイジャブ。アルド膝蹴り。ホロウェイプレッシャー掛けて右ボディ。ワンツー。アルド右ストレート。ホロウェイワンツー。アルドワンツー。激しい打ち合い。ホロウェイ左エルボー、右フック。ジャブが交錯。ホロウェイワンツー、右フック! アルドダウン! ホロウェイパウンド! 肘打ち! パウンド! パスしてマウントからパウンド! アルド反転、ホロウェイバックからチョーク狙いもすぐにマウントに戻しパウンド連打! アルドまたも反転し亀に、ホロウェイバックからパウンド連打! レフェリー止めた!

 3ラウンド4分13秒、マックス・ホロウェイTKO勝ち。フェザー級王座を統一。


■MAIN CARD (Pay-per-view, 10 p.m. ET)
・Champ Jose Aldo (145) vs. interim Max Holloway (145) – featherweight title unification bout
・Claudia Gadelha (116) vs. Karolina Kowalkiewicz (115)
・Vitor Belfort (185) vs. Nate Marquardt (186)
・Paulo Borrachinha (186) vs. Oluwale Bamgbose (184)
・Yancy Medeiros (171) vs. Erick Silva (171)

PRELIMINARY CARD (FS1, 8 p.m. ET)

・Raphael Assuncao (136) vs. Marlon Moraes (136)
・Antonio Carlos Junior (185) vs. Eric Spicely (184)
・Johnny Eduardo (136) vs. Matthew Lopez (136)
・Iuri Alcantara (136) vs. Brian Kelleher (134)

PRELIMINARY CARD (UFC Fight Pass, 6:30 p.m. ET)

・Jamie Moyle (116) vs. Viviane Pereira (113)
・Luan Chagas (171) vs. Jim Wallhead (170)
・Marco Beltran (126) vs. Deiveson Alcantara (126)

『UFC 212: Aldo vs. Holloway』前日計量結果。全員パスしています。


■前日計量動画。パウロ・ボハチーニャとオルワレ・バンボゼが乱闘寸前に。


■MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。
ジョゼ・アルド vs. マックス・ホロウェイはアルド支持4人、ホロウェイ支持6人とオッズと逆の結果に。
クラウディア・ガデーリャ vs. カロリーナ・コバケビッチは10人全員ガデーリャ支持。
ビクトー・ベウフォート vs. ネイサン・マーコートはベウフォート支持9人、マーコート支持1人。
パウロ・ボハチーニャ vs. オルワレ・バンボゼは10人全員ボハチーニャ支持。
エリック・シウバ vs. ヤンシー・メデイロスはシウバ支持4人、メデイロス支持6人。

■サムスンGear VR『UFC 212: Aldo vs. Holloway』CM動画


Gear VRではUFCの他にもXゲームやライブも視聴できます。


■ジョゼ・アルド「ライト級に挑戦したい」
『UFC 212: Aldo vs. Holloway』でマックス・ホロウェイとUFCフェザー級王座統一戦を行うジョゼ・アルドが以下のコメント。
「新たな階級で自分の実力を試したい。新たなチャレンジをしたい。新たな選手とのスーパーファイトだ。今のUFCはそのことについてオープンだ。以前もライト級に上げようとしたことがあったが、その時はダメだった。だが今は違う」
「2つの試合が検討されていた。彼ら(トニー・ファーガソンとハビブ・ヌルマゴメドフ)はそれを受けなかったが、実現間近になっていると思う。俺はそれを推進させなきゃいけない。モチベーションを保たなきゃいけない。この試合に勝てば、そういうチャレンジができることは分かってる」

■『UFC 212: Aldo vs. Holloway』オッズ/見どころ
▼UFCフェザー級王座統一戦/5分5R
ジョゼ・アルド   -145(1.69倍)
マックス・ホロウェイ+125(2.25倍)

▼ストロー級/5分3R
クラウディア・ガデーリャ-340(1.29倍)
カロリーナ・コバケビッチ+280(3.80倍)

▼ミドル級/5分3R
ビクトー・ベウフォート-160(1.63倍)
ネイサン・マーコート +140(2.40倍)

▼ミドル級/5分3R
パウロ・ボハチーニャ-275(1.36倍)
オルワレ・バンボゼ +235(3.35倍)

▼ウェルター級/5分3R
エリック・シウバ  +120(2.20倍)
ヤンシー・メデイロス-140(1.71倍)

▼バンタム級/5分3R
ハファエル・アスンソン+150(2.50倍)
マルロン・モラエス  -170(1.59倍)

▼ミドル級/5分3R
アントニオ・カルロス・ジュニオール-225(1.44倍)
エリック・スパイスリー      +185(2.85倍)

▼バンタム級/5分3R
ジョニー・エドゥアルド+170(2.70倍)
マシュー・ロペス   -200(1.50倍)

▼バンタム級/5分3R
ユーリ・アルカンタラ-330(1.30倍)
ブライアン・ケレハー+270(3.70倍)

▼女子ストロー級/5分3R
ヴィヴィアン・ペレイラ-130(1.77倍)
ジェイミー・モイル  +110(2.10倍)

▼ウェルター級/5分3R
ルアン・シャガス  -255(1.39倍)
ジム・ウォールヘッド+215(3.15倍)

▼フライ級/5分3R
マルコ・ベルトラン    +120(2.20倍)
デイヴィソン・アルカントラ-140(1.71倍)

なお今大会は日本時間6月4日午前7時30分からUFC Fight Passで生中継開始。メインカードは午前11時からUFC.TVから生中継開始。視聴料金は3038円。メインカードはDAZNでも視聴できます。前座はニコニコ生放送もAbema TVも配信予定はありません。テレビはFOXスポーツ&エンターテイメントが6月10日午後10時に初回放送開始。

■ビクトー・ベウフォート「レジェンドリーグを作ればUFCはもっと成長できる」
『UFC 212: Aldo vs. Holloway』でネイサン・マーコートに判定勝ちした直後に「あと5試合はする」と言っていたビクトー・ベウフォートが試合後会見で以下のコメント。
「レジェンドリーグを作ってくれれば行きたいし、多くのことが変わる」
「俺には素晴らしいチームがあるし、俺の役割はUFCを面白くするだけではなくグレートスポーツにすることだと思う。ファイターもUFCもお互いに成長していかなきゃいけない。このスポーツにはまだまだ成長する余地があるし、UFCならそれができる。新オーナーはとてもスマートだ。俺たちは巨大なものを築けると思う」
「ノックアウトしたかった。第2ラウンドと第3ラウンドはかなり彼を傷めつけた。彼は時間稼ぎのためにキックをしてきたが、こっちは3ラウンドしても良かった。俺たちチームはビクトー・ベウフォートを作り直しているし、多くの部分を変えている。いろんなところが間違っていたからな」

■マックス・ホロウェイ「フランク・エドガーと対戦したい」
『UFC 212: Aldo vs. Holloway』でジョゼ・アルドに3R TKO勝ちしフェザー級王座を統一したマックス・ホロウェイが以下のコメント。
「(初防衛戦の相手について尋ねられ)フランク・エドガーだったら凄いだろうな。誰もが俺が(強豪と)闘っていないと言っていた。アルドも言っていた。フランキーは元チャンピオンだし、俺のベルトは2人の元チャンピオン(アンソニー・ペティスとジョゼ・アルド)を倒して得たものだ。そこにもう一人加わるのはナイスだ」
「これは話し合う必要があるが、彼らにもその気があるのならハワイ大会をしたい。俺は良いスタジアムを知っている。とてもナイスだ。気候は温暖だしビーチも冷たくない。カキ氷もある」
「ファイトマネーはもっと欲しいが(タイトル戦線を無視した)マネーファイトはしたくない。タイトルを防衛したいし、長期政権を築きたい」
「(コナー・マクレガーについて尋ねられ)彼は2015年のチャンピオンだ。今は2017年だし、チャンピオンは俺だ。彼が(フェザー級に)戻って来たいのなら奪いに来ればいい。そうじゃなければ仕方がない。彼は違う種類の人間だ。彼は常にフェンスの向こうを見ている。次の大きなことを狙っている。チャンピオンシップを支配したわけじゃない」
「俺はデメトリアス・ジョンソンのようなチャンピオンを目指したい。彼はタイトルを防衛し続けることがモチベーションになっている。俺も防衛し続けてチャンピオンであることを証明したい。俺の方からコナー・マクレガーに対戦を申し込む必要はない。俺はベルトを持っている。彼がやりたいのなら来ればいい」

■『UFC 212: Aldo vs. Holloway』パフォーマンスボーナス/観衆
UFCが『UFC 212: Aldo vs. Holloway』のパフォーマンスボーナスを発表。
▼ファイト・オブ・ザ・ナイト
 マックス・ホロウェイ vs. ジョゼ・アルド
▼パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
 クラウディア・ガデーリャ、ブライアン・ケレハー
4選手には各5万ドルのボーナス。
リオデジャネイロのジュネス・アリーナ(元HSBCアリーナ)で開催された同大会の観衆は1万5412人とのこと。ゲート収入は未発表です。

■ジョゼ・アルドがマックス・ホロウェイ戦でキックをしなかった件についてコメント
『UFC 212: Aldo vs. Holloway』で行われたフェザー級王座統一戦でジョゼ・アルドがマックス・ホロウェイに3R TKO負けした件についてノヴァウニオンのヘッドコーチ、アンドレ・ペデネイラスが以下のコメント。
「アルドは“ビッグ”ジョン・マッカーシーが試合を止めるのが早いと思っていたが、私はそうは思わない。ビデオを見直せば分かるのは間違いない。大量のパンチを浴びてたし、第4ラウンドをやったとしても回復はしなかった。続けていてもホロウェイが仕留められなかったとは考えにくい」
「ホロウェイは第2ラウンドの終盤から自信を持ち始めていた。とは言えアルドは上手くやっていた。インターバルに私は彼に20-18で勝ってるが呼吸をすることと左手が低いことを指摘した。ホロウェイがそこを狙ったのは明白だった」
「アルドは練習でしてきたことを出さなかった。テイクダウンとかいろいろね。全ての武器を使わないと混乱を起こす。多くの人からどうしてアルドはあまりキックをしなかったのかと言われたが、ホロウェイの距離で闘うとキックをした時に倒されるリスクがある」
「選手はああいう負け方をした後は頭を休めたりリラックスしなきゃいけない。何かをしても良いことはない。私と話し合うのはその後だ。アルドは頭が良い。コナー・マクレガーに負けた後もそれを引きずることなくフランク・エドガーに勝った。切り替えができれば復活するよ。マックスはフランク・エドガーと対戦するだろうし、フランキーが勝てば彼に2度勝っているアルドの出番だ」

■UFC 212 マックス・ホロウェイ vs. ジョゼ・アルドを見たファイター・関係者の反応
『UFC 212: Aldo vs. Holloway』マックス・ホロウェイ vs. ジョゼ・アルドを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。

UFC
「オオオオオ、第3ラウンドでマックス・ホロウェイがジョゼ・アルドをダウンさせた!」

ケビン・イオレ
「ホロウェイがマウントを取った。なんてことだ」

チェイス・シャーマン
「お~、マックス!」

エリアス・テオドロウ
「アルドがボコボコにされている」

ジェシカ・ペネ
「やったー、マックス・ホロウェイ!!!!!」

カブ・スワンソン
「ワオ、おめでとうマックス・ホロウェイ!」

アンジェラ・ヒル
「イエエエエエ!!!!!」

ニール・マグニー
「おめでとうマックス・ホロウェイ。グレートファイトだった」

コルビー・コヴィントン
「マックス・ホロウェイはギャングスターだ」

クリス・カモージ
「凄いパフォーマンスだ! おめでとうマックス・ホロウェイ。グレートファイトだった」

マーク・ディアケイシー
「さらばジョゼ。ヤングガンが後を引き継いだ」

カイル・キングスベリー
「素晴らしいメインイベントだった。マックス・ホロウェイは凄いね」

コディ・ガーブラント
「おめでとうマックス・ホロウェイ、君はチャンピオンに相応しい」

ダニエル・コーミエ
「オール・マックス!!!!! おめでとうマックス・ホロウェイ」

ベラル・ムハマド
「これでこの階級の保留状態は解消された」

アレクサンダー・グスタフソン
「目の覚める試合だった。二人のグレートファイターに拍手だ」

マイケル・キャロル
「UFC歴代連勝記録。アンデウソン・シウバ16、ジョン・ジョーンズ13、デメトリアス・ジョンソン12、ジョルジュ・サンピエール12、ホイス・グレイシー11、マックス・ホロウェイ11」

■『UFC 212: Aldo vs. Holloway』メディカルサスペンション
ブラジリアンMMAアスレチックコミッションが『UFC 212: Aldo vs. Holloway』のメディカルサスペンションを公表。
ジョニー・エドゥアルドが足の負傷により最大180日間の出場停止。
ジム・ウォールヘッドが眼科の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。
その他の選手は45日間以内。ジョゼ・アルドも45日間でした。

■『UFC 212: Aldo vs. Holloway』前座の平均視聴者数が判明
東部時間6月3日午後8時から10時までFOX Sports 1が生中継した『UFC 212: Aldo vs. Holloway』前座の平均視聴者数は73万2000人だったとのこと。
『UFC 211: Miocic vs. Dos Santos 2』前座の平均視聴者数が114万8000人だったので大幅に減少したことになりますが、こちらはFOX Sports 1よりも加入世帯が多いFXでの放送でした。

■ジョゼ・アルド「俺はここから復活する」
「お喋りは他人に任せて、まず行動せよ」― バルタサル・グラシアン
アンドレ・ペデネイラス、世界一のチームであるノヴァウニオンには感謝しかない。彼らが居なかったらピープルズ・チャンピオンになれなかっただろうし、最高の仕事をしてくれるトレーナー全員と、いつも応援してくれるファンのみんなに心から感謝している。これまで受けてきた全ての愛情、全ての言葉に対して返事が見つからない。ありがとう。
それ以外に対してはクソッタレだ。なぜなら俺はここから復活する、落ちたらあとは上がるのみだ! そういうことだよ! 俺たちは戻って来る!