UFC 214 | クリス・サイボーグ vs. ミーガン・アンダーソンの女子フェザー級王座決定戦


UFCが7月29日にカリフォルニア州アナハイムで開催する『UFC 214: Cormier vs. Jones 2』でクリス・サイボーグ vs. ミーガン・アンダーソンの女子フェザー級タイトルマッチを検討していることをMMAFightingが確認したとのこと。交渉がまとまれば数日中に正式発表する見込みだそうです。



アンダーソンはInvicta FCフェザー級チャンピオンで7月15日にミズーリ州カンザス州で開催する『Invicta FC 24』でヘレナ・コレスニクとの防衛戦が予定されていますが中止になるようです。
現UFC女子フェザー級チャンピオンのジャーメイン・デ・ランダミーはクリス・サイボーグ戦を拒否しているだけではなく、女子バンタム級復帰を示唆していたことからタイトルを返上するか剥奪されることになるようです。

 UFCが7月29日にカリフォルニア州アナハイムで開催する『UFC 214: Cormier vs. Jones 2』でクリス・サイボーグ vs. ミーガン・アンダーソンの女子フェザー級王座決定戦を行うことを正式発表。

 サイボーグは『UFC Fight Night 95: Cyborg vs. Lansberg』でリナ・ランスバーグに2R TKO勝ちして以来の試合。アンダーソンは『Invicta FC 21: Anderson vs. Tweet』でチャーマイン・ツイートに2R TKO勝ちしInvicta FCフェザー級暫定王座を獲得して以来の試合で今回がUFCデビュー戦。

■ジャーメイン・デ・ランダミーのUFC女子フェザー級王座は剥奪されます。
これにより7月15日にミズーリ州カンザスシティで開催する『Invicta FC 24』のメインイベントはトーニャ・エヴィンガー vs. ミーガン・アンダーソンのフェザー級王座統一戦からトーニャ・エヴィンガー vs. エレナ・コレスニクのフェザー級タイトルマッチに変更。コレスニクは現在27歳のウクライナ人で戦績5勝0敗1無効試合。今回がInvicta FCデビュー戦です。
UFCはジャーメイン・デ・ランダミーの女子フェザー級王座剥奪について「彼女はナンバー1コンテンダーであるクリス・サイボーグとの対戦に難色を示したことから彼女と彼女のマネージメントチームにタイトル剥奪を通知した」「UFCはどのチャンピオンでもスポーツとしての健全性を維持するためにもトップコンテンダーとの対戦に応じなくてはいけない」とコメントしています。
この件についてジャーメイン・デ・ランダミーは「メディアを通じてこのニュースを知ったけど仕方がない」「『彼女は恐れている!』『スポーツの恥だ!』『チャンピオンの資格はない!』とかいろんな声を聞いたけど、私は私の道を行く」「UFCは私のことを何とも思っていない。孤独な道を選ぶのは勇気が必要よ」とコメントしています。マネージャーのブライアン・バトラーによると次戦はバンタム級になるとのこと。