WSOFが2018年1月からリニューアル。7つの階級で優勝賞金100万ドルを争う


WSOF(World Series of Fighting)が2018年1月からPFL(Professional Fighters League)にリニューアルされるとのこと。PFLが2500万ドルでWSOFを買収したそうです。WSOF代表だったレイ・セフォーとCEOだったカルロス・シウバはPFLでそれぞれファイティング・オペレーションズ・プレジデント、プレジテンド・オブ・イベント・プロダクション&ビジネス・オペレーションズの役職が与えられるそうです。すでに100名以上のWSOFファイターが新たにPFLと契約しているとのこと。

 賞金総額は1000万ドル。7つの階級でトーナメントが行われ、優勝賞金は各100万ドル、残りの300万ドルをその他の選手で分け合う方式になるそうです。

 試合会場はNBAワシントン・ウィザーズの練習場であるエンターテインメント&スポーツ・アリーナとアンダーアーマー所有のボルチモア・キャンパスになるとのこと。テレビ放送はWSOFとの契約が年末に切れるNBCと交渉しているそうです。