ももち「達成感に満ち溢れている」


カントリー・ガールズのメンバー“ももち”こと、嗣永桃子(25)が6月30日、東京江東区の青海野外特設会場で、ラストコンサート『嗣永桃子ラストライブ ■ありがとう おとももち■』を開催。この日をもって芸能界を引退するももちは全21曲を熱唱。目を滲ませることはあったが、最後まで笑顔を貫き、アイドル活動5479日・15年に幕を下ろした。

 この日は、ファン8000人が詰めかけた。ハロプロの“同僚”も見守るなか、ももちは「恋はひっぱりだこ」「ももち!ずっとおとももち」「VIVA!!薔薇色の人生」など、カントリーガールズやBerryz工房などの楽曲、全21曲を歌い上げた。

 アンコールでももちは「きょうアイドルを卒業します」と改めて報告するとこれまでの活動を振り返った。

 プロデューサーであるつんく♂には「私をアイドルにしてくれてありがとうございます」と感謝の言葉。更に「自分のアイドル像を貫くことが出来て達成感に満ち溢れています。貫く抜くことができたのは私を受け入れてくれたファン、メンバーのお蔭」と語った。

 笑顔が象徴的で、涙をあまり流さない事でもしられる、ももちだがこの日のライブの終盤には、目を潤ませる場面もあった。それでもその涙を頬に流すことはなく、最後まで笑顔を貫き、「15年間本当にありがとうございました」と別れの言葉を送り、アイドル生活に終止符を打った。

芸能界引退を発表したアイドルの“ももち”こと嗣永桃子(24)が13日、フジテレビ系『ワイドナショー』で話題として取り上げられた。ダウンタウンの松本人志は「すごい業を背負った仕事やなって思う」とアイドルの仕事に言及し、引退を決断した嗣永のこれからを応援したい気持ちを語った。

 番組では、カントリー・ガールズのプレイング・マネージャーを務める嗣永桃子が来年6月30日をもって芸能界を引退することを取り上げた。嗣永は幼児教育の道に進みたいとの意思を伝えており、司会の東野幸治は、嗣永が教育実習をおこない、教員免許を取得していることなどを紹介した。

 アイドル好きの南海キャンディーズの山里亮太は「つらいことで辞める、とかじゃないで欲しいんですよね」と、自らのアイドル論を語り、「アイドルになるために生まれてきたような立ち居振る舞いをしていた子が、辞めるきっかけ、細かいことは僕は知らないですけど、なんか最近の辞めるアイドルはお金が貯まったから辞めるとか、そんなに辛かったんだって後で知る辛さ」と声を挙げ、アイドルファンの心理として難しい一面をのぞかせた。

 山里のコメントを受けて、悩ましげな表情を作った松本は、「モーニング娘。なんか見たらわかる通りね、全員不幸になってるじゃないですか。グッドモーニング一人もいない」と笑いを交えて語ると、共演陣から総ツッコミを受けた。

 ただ、ここから松本のアイドルという仕事への自身の印象が語られる。松本は、「僕はアイドルって本当に大変やなって思って、なんかね。なんでしょうか」と腕組みしながら険しい表情で話し始め、「僕はすごい業を背負った仕事やなって思うんです。なんか色々、妬み嫉みとか、色んなものと戦って行かないといけないから」と続け、アイドルが抱えた葛藤を思いやった。

 さらに、「怖い世界やなって思うので、どっかいい区切りで、引退というのは悪くないと」と嗣永の決断を尊重。最後に、「百恵ちゃんじゃないけども、百恵ちゃんとももちは全然違うけどね」と元歌手の山口百恵に例えながら笑いを誘い、嗣永のこれからを応援していた。

 嗣永は5日に自身のブログで、ハロー!プロジェクト、カントリー・ガールズを卒業し、来年6月30日をもって芸能界を引退することを報告。「たくさん悩んだ結果、以前から興味のあった幼児教育についてもっと勉強をして、いずれお仕事にしたいなという気持ちが大きくなりました」などと理由を綴っていた。

“ももち”の愛称で親しまれ、カントリー・ガールズのプレイング・マネージャーを務める嗣永桃子が5日、来年6月30日をもってハロー!プロジェクト、カントリー・ガールズを卒業し、芸能界を引退することを明かした。嗣永は「たくさん悩んだ結果、以前から興味のあった幼児教育についてもっと勉強をして、いずれお仕事にしたいなという気持ちが大きくなりました」などと卒業&引退の理由を寄せている。

 嗣永は5日に自身のブログを更新。「今日はカントリー・ガールズ結成2周年の記念日です ここまで楽しく活動できたのも、いつも応援して下さるファンの皆様のおかげです ありがとうございます」とファンへの感謝から書き出した。

 そして、「そんななか、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私、嗣永桃子は来年の6月30日をもちまして、カントリー・ガールズ及び、ハロー!プロジェクトを卒業します」と綴った。嗣永は5日に都内で開催されたグループ結成2周年記念のコンサートで発表していた。

 嗣永は続けて、「この日は、私がハロー!プロジェクト・キッズ オーディションに合格し、アイドルになって丁度15年という節目の日です。つぎの新たな道に進もうと思い決断をしました」と″節目″の日であることを強調する。「カントリー・ガールズのプレイング・マネージャーに就任し『2.3年かけてメンバーを一人前にしていきたいと』と目標を掲げてから今日でちょうど2年です」と綴った。

 さらに、「カントリー・ガールズのメンバーのみんなが、どんどん成長していく姿を間近でみて、自分のことのように嬉しくなって…」と喜びを綴る一方で、「その反面、ちょっぴり寂しかったりもして(親離れ的な?笑)いろんな感情が入り混じるなかで、当初掲げた2.3年という月日が近づくにあたり、少しずつ自分の今後について考えることも多くなりました」と自身の中で様々な思いが膨らんできたことを明かす。

 そして、「Berryz工房が無期限の活動停止になり、同期のメンバーが自分の信じた道、やりたかったことに対しまっすぐ進んでいる姿にも後押しをされ、たくさん悩んだ結果、以前から興味のあった幼児教育についてもっと勉強をして、いずれお仕事にしたいなという気持ちが大きくなりました」と教育の分野に大きな興味を抱いているという。

 嗣永は「私は、本当にアイドルが大好きです!!」と言葉を寄せる。「もっと細かくいうと、アイドルをしている自分が大好きで、チヤホヤされて可愛いっていっぱいいってもらえる事が嬉しくて、たくさんの出会いがある事が楽しくて、ファンのみなさんと作りあげるあの空間が幸せで、言い出したらキリがないけど、とにかく大好きです!!!!!! なので残りの時間を今まで以上に大切にして、全力で楽しみたいと思います」と、″アイドル″であることに強い誇りを抱く心境を綴った。

 そして最後に、「突然の発表になりましたが、あと約8ヶ月、たくさんの方に感謝の気持ちを届けるとともに、私自身、完全燃焼できるよう今まで以上に頑張ります。引き続き、温かい応援よろしくお願いします!」と残りの時間を精一杯、アイドルとして全うしたい気持ちを伝えている。

来年春をもってグループ活動を無期限の活動停止をするBerryz工房が、11月12日に停止前最後のシングル『ロマンスを語って/永久の歌』を11月12日に発売する。これに伴い、メンバーの“ももち”の愛称で慕われる嗣永桃子(22)が4日正午過ぎに更新したブログで心境を綴った。

 10年の活動を締め括る“ラスト作品”は通算36枚目のシングル。嗣永は「36枚ものシングルを出せる凄い環境にたたせていただいていることに感謝の気持ちでいっぱいです」と謝辞。「ラストシングルに相応しい大好きな曲に仕上がりました」と太鼓判を押した。

 また、嗣永は活動を振り返り「たくさんの夢をみてきました。実際はブーイングを受けたり…いう程可愛くないと言われたり…目が覚めることも多々ありましたが(笑)、ファンの皆様、おとももちの皆様にたくさん幸せな夢をみさせていただきました」と感謝。

 収録曲の「永久の歌」については「10年間一緒に突っ走ってきたメンバーとのかけがえのない空間、最高に幸せな時間を噛み締め次のステージへ繋げるといった曲になっています」と楽曲に込めた想いを明かした。

 活動発表してから2カ月が経つ。「メンバーといる時間が本当に貴重なものだと日々実感してます」と迫るラストへ日々の活動を噛み締めていることをも報告。「家族よりも長い時間一緒にいて、幼馴染ともちょっぴり違って…とにかく大切な存在です。この『永久の歌』はBerryz工房にとって語り継がれる一曲になったと思います」と綴った。

ももち」の愛称で人気を集めるBerryz工房の嗣永(つぐなが)桃子(21)が21日、お昼のバラエティ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)内コーナー『修正率100% 謎のお見合い写真 オマエは誰だよ!?』に出演した。

 幾分、顔回りがふくよかに見えたことから、いいとも出演者から「太った?」と揶揄。さまぁ~ずの大竹一樹には「なに太ってんだよ」と厳しいツッコミを入れられた。これに対し嗣永は頬を手で覆い隠し「正月にかがみももち(鏡餅)を食べ過ぎちゃいました」と照れながら認めた。

 嗣永は番組出演後の同日午後1時47分のブログで「とーっても楽しかったです」と振り返りながら「ももち太った」と指摘されたことに対して「確かに、最近食べることがたまらない、とは思っていましたが…まさかここまでとは! 気をつけよーっ」と自身でも気づいていたことを認め、今後食事などの取り過ぎを注意していくことを誓った。

 嗣永が出演したコーナー『修正率100% 謎のお見合い写真 オマエは誰だよ!?』は、ゲスト出演者が金額に応じて整形した顔を3パターンで披露して、誰が整形をしたかを当てるもの。嗣永が整形したことを当てたのは、ハライチ澤部佑とローラのみだった。ここでも大竹は嗣永に「なに(アイドルが)整形されてんだよ」とツッコミを入れた。