トータルテンボス大村が不倫


お笑いコンビ・トータルテンボスの大村朋宏(42)が21日、沖縄で開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』内のお笑いステージに出演。きょう21日発売の『FRIDAY』(講談社)で、不倫が報じられた大村は「お騒がせして申し訳ございませんでした」と謝罪。『FRIDAY』を持参してきた相方・藤田憲右(41)と共に、笑いに変えて漫才を披露した。

同誌によると、大村はファンだった女性と1年半不倫関係を続け、自身も認めて謝罪している。大村は、2006年4月に相方・藤田と同時に結婚を発表。同年11月に長男、2014年5月に次男が誕生している。

 この日トータルテンボスは、波の上うみそら公園で行われた『島ぜんぶでおーきなステージ波の上お笑いスペシャル』に出演。冒頭から、『FRIDAY』を手にした藤田が「バッチリ書いてありますよ。『トータルテンボス大村、ファンを食い物に』って。ファンは食い物じゃないですよ」といじったところから始まり、「(相手から)“おむ”って呼ばれているんですか?」と追及。観客に誌面を見せながら、掲載されている大村と女性とのLINEのやりとりを朗読し、「地獄ですよね」とドン引きした。

 相方の“愛ある”イジりを受けた大村は「なんとか笑いに変えようと思った。彼(藤田)すごく優しかったですよ。連絡して謝ったら『気にするな。出ちまったものはしょうがない』って言ってくれた」と感謝。しかし、続けて「『俺だって出てないだけで、そういうことしているよ』って。週刊誌さん、藤田のネタ買ってください」と呼びかけて笑わせた。

 妻に謝罪したという大村は、得意のドッキリを疑われたあと、数々の愛人がいたという自身の父親のことを話し、「嫁からは『血だよ』と言われました」と苦笑。最終的に許しを得たという。「もうこういうことがないように精進して頑張っていきたい」と、約8分間にわたってネタにしたあとは、合間に不倫ネタも交えた漫才を披露した。

◆トータルテンボス・大村朋宏に第2子長女誕生「パパが絶対一生守ってやる」
 お笑いコンビ・トータルテンボスの大村朋宏に27日午前11時31分、第2子となる2936グラムの長女が誕生したことが、わかった。28日に所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーがFAXで発表した。母子ともに健康で、大村も出産に立ち会ったという。

 大村は「生まれた瞬間に抱っこさせてもらうと、俺の親指をオッパイだと思いチュパチュパしてきた。その瞬間、か~わい~っ!!と思うと同時に、パパが絶対一生守ってやるからな!と思った」と父親としての決意を明かすも、「ただ、小学校2年の長男が『明日ランドセルに入れて持っていく!』と聞かないので、誰か止めてください!」とユーモアたっぷりのコメントを寄せている。

 大村は、2006年4月に相方の藤田憲右と同時に結婚を発表。同年11月に長男が誕生していた。