フジテレビの中村仁美アナウンサーが退社


フジテレビ中村仁美アナウンサー(38)が退社する意向であることが6日、分かった。
1日付で人事局付に異動したが、もともとは営業局への内示を受けていたという。
中村アナは02年に入社し、11年にさまぁ~ず大竹一樹(49)と結婚、現在は2男がいる。
フジテレビは「子供との生活を優先するために、以前から退職のタイミングをはかっていて、人事異動がきっかけになったと聞いています」と説明した。

■大竹一樹に妻中村仁美アナ激怒
4日に第2子誕生を報告したさまぁ〜ず大竹一樹(47)が、持ち前の無神経さで妻のフジテレビ中村仁美アナウンサー(36)を激怒させてしまったエピソードを明かした。

 さまぁ〜ずは4日放送のTBS系「A-Studio」にゲスト出演。番組は収録だったが、オンエアの頃には大竹に第2子が誕生しているはずだとの話題になった。その中で、相方の三村マサカズ(48)が「奥さんは大竹に対し結構鬱憤(うっぷん)が溜まってるとまでは言わないけど」と、マイペースな大竹に中村アナがいらつく場面があるようだと明かす。すると大竹も「これはオンエアしなくていいんですけど」と、自分が中村アナを怒らせた話を告白した。

 ある時、食事の用意をしている中村アナがピリピリしていたそう。後で考えるとその時中村アナはすでに食事を済ませており、子供も別のものを用意するため、作っていたのは大竹の食事のみだったのだが、何も考えず大竹は「なぜそんなにピリピリしているのでしょうか」と質問してしまった。それに対し中村アナは「なんであたしがあなたのためにご飯作んなきゃいけないのよ!」と激怒。大竹は「ええええ。俺のためにご飯は作らないんだ」と思ったそうだ。

 これにはMCを務める笑福亭鶴瓶(63)も「それは女の人に絶対言うたらアカン」とあきれ顔。それでも「でも発注してないんですよ」と食い下がる大竹に「わかれ! それが結婚や!」と諭していた。

■大竹一樹、微妙に立ち会う
お笑いコンビ、さま~ずの大竹一樹(47)が4日、TOKYO FM「よんぱち~WEEKEND MEISTER~」に生出演し、妻のフジテレビ中村仁美アナウンサー(36)が4日に第2子の男児を出産したことを報告した。

 放送中に、「さっき生まれたのよ」と照れながら報告し、出演者を驚かせた。相方の相方の三村マサカズ(48)によると、この日、午前9時ごろに誕生したばかりだったという。

 大竹と中村は11年3月に結婚。12年には第1子の長男をもうけたが、大竹は仕事で立ち会えなかった。今回は病院まで駆けつけたが、「カーテン1枚を仕切って、(妻の)絶叫だけ聞きました」と、微妙な立ち会い方だった。来週には海外ロケが入っていたといい、「ロケ中に生まれたら最悪だった。良かった。何でこの時期に(海外ロケを)入れるの? と思っていたけど、これで怒りは少し収まった」と告白した。

 三村から「こういうことを自分から言うということは、うれしいんでしょ?」と突っ込まれ、「そりゃうれしいよ」と声を上ずらせていた。2人続けての男児で、さらなる子づくりにも意欲的。「女を抱きたいね」と宣言すると、再び三村から「誤解されるよ」と突っ込まれていた。