小日向しえがバンドメンバーとの浮気が原因でココリコの田中が離婚


お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹(46)と、夫人でタレントの小日向しえ(37)が協議離婚したことを2日、発表した。すでに離婚届を提出しており、長男(12)と次男(9)の親権は田中が持つ。

 田中は所属事務所を通じ、ファクスで「この度、小日向しえさんと離婚することになりました」とコメント。「話し合いを重ね、このような結論に至りました。これからは夫婦という形ではなくなりますが、子供たちの父親、母親としてしっかりと責任を果たしていきたいと考えております」としている。

 関係者によると、2人は半年以上前から話し合いを進めていた。離婚が発表されたばかりでさだかではないが、原因については「田中側は奥さんが浮気していたとの認識を持っており、それで別れ話になった」という。実際に浮気があったかどうかは分からない。

 小日向は2013年に芸能事務所を退社後はフリーで活動。ガールズバンド「nelca」でベースとボーカルを務めている。音楽やアート方面の友人も多く、周囲では「仕事でもプライベートでも自分で決めたことは引かないタイプ。最近は子育ても落ち着いたのか、友達と出歩くことも増えていた」との声も上がっている。

 田中をよく知るスタッフは「子供を守るために、全てをのみ込んで別れを決めたと思います。子供のことを一番に考えたんじゃないでしょうか」とした。田中は4日放送の日本テレビ系レギュラー番組「ZIP!」(木曜前5・50)に生出演予定で、対応が注目される。

 田中と小日向はフジテレビ系バラエティー番組「ココリコミラクルタイプ」での共演をきっかけに交際をスタートし03年6月に結婚。おしどり夫婦として知られていた。

マスコミ関係者は、そう口を揃える。
お笑いコンビ・ココリコの田中直樹が2日、妻のタレント・小日向しえと離婚したことがわかった。2人の子どもの親権は、田中が持つ。

田中は「話し合いを重ね、このような結論に至りました。これからは、夫婦という形ではなくなりますが、子どもたちの父親、母親としてしっかり責任を果たしていきたいと考えております」などとFAXでコメント。
2人は2003年に結婚し、2児をもうけた。
業界では「おしどり夫婦」と見られていただけに、ゴールデンウィークまっただ中の離婚発表は、まさに青天の霹靂。スポーツ紙記者は「週刊誌は総じて合併号休みで、新号は週明けにならないと出ない。話題になるのを避けたかったようです」と話す。
裏を返せば、それほど“恥ずかしい事情”があるということ。事情を知る関係者が明かす。

「結婚当初から『交際0日』といわれた夫婦ですからね。性格の不一致は、あちこちで出ていたそうです。ただ、それも2人の子どもがある程度大きくなるまでは、彼女も我慢していたようですが……。どうも昨年あたりから、彼女に別の男性の影が見え隠れするようになっていたそうなんです」

原因は小日向の浮気なのか……。
前出のスポーツ紙記者は「現時点では『彼女側の問題』ということしかわかっていないが、子ども2人の親権を父親の田中が持つということは、浮気とかの次元ではなく、駆け落ちレベルではないか」と話す。
夫婦関係を解消した2人だが、子どもたちの親であることに変わりはない。何をしようが勝手だが、わが子を悲しませることはしてはならない──。

 ◆田中 直樹(たなか・なおき)1971年(昭46)4月26日、大阪府豊中市生まれの46歳。92年に遠藤章造と「ココリコ」を結成。近年は俳優としての活動も増え、ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」「家政夫のミタゾノ」「増山超能力師事務所」などに出演。

 ◆小日向 しえ(こひなた・しえ)1979年(昭54)10月8日、東京都生まれの37歳。95年からファッション雑誌などでモデルとして活躍。97年に歌手デビュー。2001年4月開始の「ココリコミラクルタイプ」でバラエティー番組で初レギュラー。