横澤夏子が結婚を発表


昨年2月から交際の会社員「ダイキくん」
 お笑いタレントの横澤夏子(26)が今月に、交際中の1歳年上の会社員男性と結婚することが30日、分かった。関係者によると、婚姻届の提出日は横澤の誕生日の今月20日が濃厚。挙式は来年1月までに行う予定。この日、都内でイベントに出席した横澤は、所属事務所の先輩の陣内智則(43)が同日、フジテレビの松村未央アナウンサー(31)と結婚したことに触れ、誕生日婚に「憧れます」と話した。

必死婚活26歳プッシュ実る
 1年半の交際を経て、ついに横澤がゴールインする。関係者によると、横澤はすでに親しい関係者らに結婚を報告。自身の誕生日の今月20日に婚姻届を提出することを望んでおり、2人で結婚式場巡りをしているという。

 猛プッシュが実った。「100回以上、婚活パーティーに行った」と豪語してきた横澤は昨年の婚活パーティーで会社員「ダイキくん」と知り合い、同年2月から交際をスタート。ダイキくんは、パーティーで「行きたいデート場所」として書いた海老名のサービスエリア(東名高速)に連れて行ってくれる優しい男性という。今年1月、テレビ番組で熱愛が明らかになってから、表舞台に登場する度に「今年中に結婚したいです」と相手にアピールしてきた。

当日は「先勝」「ぜひ」目輝く
 この日、都内のイベントに出席した横澤は、陣内が松村アナと同日朝に婚姻届を提出したことについて、「憧れます。夢ですよ」とうらやましげ。松村アナの誕生日の29日が「仏滅」にあたるため、2人は1日待って30日に提出した。横澤は自身の今年の誕生日が「先勝」であることから、「仏滅じゃなかったんで、ぜひ」と目を輝かせた。
 
 横澤は、16年から2年連続で日本一のピン芸人を決める大会「R―1ぐらんぷり」で決勝戦進出するなど、今や名実ともに若手トップクラス。細かすぎる人間観察をベースにした絶妙な一人コントが持ち味。中でも「イラッとくる女性」を演じるのが得意だが、芸風とは裏腹に、自宅では“良き妻”タイプという。

半年前から同居奥さんごっこ
 6月初旬、半年前から同居を始めたと明かし、「(実生活でも)“奥さんごっこ”してる。『おかえり』『ただいま』と“ごっこ”してる」。得意料理は「手巻きずしが一番のごちそう。中身はツナマヨ、納豆、たくあん」とのろけていた。
 公私ともに絶好調。フジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で木曜レギュラーを務め、誕生日の20日は木曜にあたる。8月には、昨年に続き単独お笑いライブの全国ツアーも予定。人妻芸人となれば、家族ネタを交え、芸の幅に一層の広がりが期待できそうだ。

プロフィール
 ◆横澤 夏子(よこさわ・なつこ)1990年7月20日、新潟県糸魚川市生まれ。26歳。新潟県立糸魚川高校卒業後、2008年に東京NSC(吉本総合芸能学院)の15期生として入学。10年5月にデビュー。15年3月、若手芸人コンテスト「彩バトル」で女性初の優勝。16、17年の「R―1ぐらんぷり」で決勝戦進出。趣味は料理、卓球など。身長169.6センチ。血液型A。