雨上がり決死隊の宮迫博之も不倫が発覚


『週刊文春』で不倫疑惑が報じられたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)について言及。宮迫のホテル密会方法を「プロの手口」と言うも、唯一のミスを指摘した。

番組では、『週刊文春』に詳しく掲載された宮迫のホテル密会方法を紹介。六本木のバーから、まず宮迫の送迎車の運転手が店を出て、続いて女性が車に乗り込み、送迎車でホテルへ。そこで運転手がチェックインを済ませ、女性が部屋に入る。そして、送迎車は宮迫の元へ戻り、今度は宮迫を乗せてホテルに行き、違う階の駐車場で停車。宮迫はそのまま部屋へ向かい、翌朝も2人は時間差で部屋を出て、女性がチェックインし、宮迫はフロントを通らずにホテルを出たという。

坂上は、この方法を「プロの手口」だと言い、「ダブル時間差というか、バーを出るときも時間差、ホテルに入るときも出るときも時間差、(駐車場の)階も変えている」とコメント。おぎやはぎの矢作兼も「よくこういうの見つかるとき『脇が甘い』とか『油断している』とか言うけど、油断してないですよね」と言い、「ここまでやってバレた場合はしょうがないでしょ」と話した。

すると、梅沢富美男が「1カ所あるよね、脇の甘いところ」と切り出し、坂上も「僕も気付いた」と発言。梅沢が「送迎車を使ったところ」と話すと、坂上も「自分の送迎車でバーからホテルに送らせるのはダメだよ。だって、宮迫君の車だってバレてる。俺と梅沢さんだったら、絶対そんなへましない」と指摘した。


■宮迫のホテル密会をマネージャーがサポート

小倉智昭キャスター(70)が、9日に放送されたフジテレビ系情報番組『とくダネ!』(毎週月~金曜8:00~9:50)で、この日発売の『週刊文春』で不倫疑惑が報じられたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)について言及した。


雨上がり決死隊の宮迫博之
小倉キャスターは「彼、グループ名、雨上がり決死隊。普段から決死の思いで行動してるんだよね、きっとね」とコメント。番組では、『週刊文春』の記者が宮迫を直撃した映像を放送したが、「最近、週刊誌って取材の時にビデオ映像を撮るんですよね。あれって、芸能人の場合はギャラ請求しちゃいけないのかね」と疑問を口にした。

また番組では、同誌が報じたホテルでの密会の緻密な経緯を紹介。まず、宮迫の車で女性がホテルに到着し、宮迫の運転手がチェックインして鍵を女性に渡し、女性が部屋に入る。そして、時間をおいて宮迫がホテルに到着し、人目に付かないように直接部屋へ。翌朝は女性がチェックアウトし、宮迫はまたフロントを通らずに外に出たという。

小倉は、「宮迫くんの運転手ってマネージャーさんなのかな?」と質問。「事務所の方みたいですね」と説明されると、「そこまでやってくれるマネージャーさん、うらやましい」とコメントし、笑いを誘っていた。


■オリラジ中田、宮迫の不倫疑惑に「笑いで済ませられるレベルではない」
お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が、9日に放送されたTBS系情報番組『ビビット』(毎週月~金8:00~9:55)で、この日発売の『週刊文春』で不倫疑惑が報じられたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)について言及した。


オリエンタルラジオの中田敦彦
番組では、『週刊文春』の記者が宮迫を直撃した映像を紹介。宮迫は「何人かで遊んでいる仲間の一人」「一線は越えてないです」と否定し、おなじみの”宮迫です”ポーズで「誤解です」と主張した。ただ、「真っ白ですか? オフホワイトですか?」との質問には「オフホワイト」と答えた。

中田は、宮迫の「オフホワイト」発言について、「宮迫さんとしては、文春さんって一度で全部を出さないで小分けにして出したりもしてきた雑誌なので、もしここで完全にホワイトと言ってしまったら違う証拠を出されたときに責められてしまう」と推測。「記者の直撃を見て、一言一句ミスれないという緊張感を感じた」と話した。

そして、「もしこれが本当だとしたら…オフホワイトの濁った部分が黒いのだとしたら、笑いで済ませてきた過去もあるかもしれないですけど、笑いで済ませられる時代でもないし、笑いで済ませられるレベルではないと思う」と意見。「ホワイトならばしっかり説明する義務が、闘病を支えた奥さんに対してもあるのかなと僕は思います」と説明を求めた。


■坂上忍、バイキングメンバー宮迫の不倫報道に「覚悟はしてた」
俳優の坂上忍(50)が、9日放送のフジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月~金11:55~13:45)で、この日発売の『週刊文春』で不倫疑惑が報じられたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)について言及した。

坂上忍
番組のオープニングトークで、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が「さあ、きょうね、とんでもないニュースが舞い込んで参りました。ついに、文春砲が『バイキング』メンバーに飛んできました」とニヤニヤ笑いながら宮迫の不倫報道に切り込んだ。

坂上も「きましたねーいよいよ」と苦笑い。「正直、『バイキング』をやらせていただきながら、いつかこんな日が来るんじゃないかと覚悟はしてたんですよ。ただ、まさかこのタイミング、まさか本命が来るとは思っていませんでした」と打ち明けた。

その後、坂上はあらためて「『バイキング』メンバー、ついに文春砲を食らっちゃいました!」とコメント。「最初のうちにはっきり言っておきましょう、クロです!」と断言すると、榎並大二郎アナが「疑惑です、疑惑です」と訂正した。

この日は、各局の情報番組で宮迫の不倫報道を取り上げ、『週刊文春』の記者が宮迫を直撃した映像を紹介。宮迫は「何人かで遊んでいる仲間の一人」「一線は越えてないです」と否定するも、「真っ白ですか? オフホワイトですか?」との質問には「オフホワイト」と答えた。