[伏線]黒ひげがドラム王国を滅ぼした理由を考える

元“白ひげ海賊団”のクルーにして、現在では四皇の1人に数えられる“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチ。大胆な様で計算に裏打ちされた行動は、全て自身の目的達成の為にある。→“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチの「成り上がり」の軌跡そんな黒ひげが“白ひげ海賊団”を抜け、仲間達と共に最初に向かった国は「ドラム王国」。彼らは“黒ひげ海賊団”と名乗り、たった5人で瞬く間に国を滅ぼした。さて、この黒ひげ の行動にはどういう意味が

“不死鳥マルコ”ワノ国編に参戦決定!? 黒ひげとの「落とし前戦争」の疑問点まとめ考察

ワノ国での「カイドウ&将軍討伐」に、“不死鳥マルコ”を始めとする元白ひげ海賊団クルー達が参戦する可能性が高まってきた。イヌアラシとネコマムシの主君・おでんが過去に「白ひげ海賊団」の船に乗っていた時期があり、その関係で元クルー達とも知り合いだという。その繋がりから、ネコマムシがマルコ達を探す為旅立った。しかし、大きな問題が一つ…それは1年前に起きた白ひげ海賊団の元クルー達VS黒ひげ海賊団の戦争、世に言う“落

“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチ「異形の構造をした体の秘密」考察

四皇“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチ。ルフィとは敵ながら、最も海賊らしく着実に武力をつけ勢力を拡大していっている強者だ。さて、この“黒ひげ”には幾つかの「謎」がある。まずはそれを箇条書きで書きだしてみる。・エースの言う「人の倍の人生を歩んでいる」という意味・マルコの言う「体の構造が“異形”」という意味・悪魔の実の力を二つ得ることができた理由・名前に“D”を持つ意味そしてそれ以外の“黒ひげ”の「既出情報」も書