視聴感想 20170828

①カードファイト!!ヴァンガードG NEXT第145話「輝きの果てに」U20チャンピオンシップ決勝戦の第1試合はタイヨウvsベルノ。タイヨウは地球最後のファイトに全力で臨むベルノの輝きを超えることはできるのか。U20決勝戦は勝ち抜き戦。その先鋒戦では、タイヨウがベルノにリベンジを果たすのだった。コエルのスキルを使わず盤面に残し、次のベルノのターンでガードに使う。ここら辺りに研究の成果が出たのかな、タイヨウ。そして敗

ボールルームへようこそ:第8話『現実』感想ツイートまとめ

ボールルームへようこそを見る。黄色い薔薇の花言葉は『愛情のゆらぎ』『嫉妬』そして『友情』。過剰に肥大した自意識が戦友の言葉と師の教えで迷い、ゆらぎ、誠実さに立ち返るまでの歩みを追いかけるエピソード。多々良の青春の千鳥足も心地よいが、花たる女性、それぞれの立ち方が良い。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年8月28日 評価の低い自分を見てくれる、ダンスという競技への興奮。それに出会わせてくれた師・仙石さんへの敬意と依存。まことしずくを適切な位置に戻そうという力み。色んなものが邪魔をして、多々良の視野が極端に狭くなっているところから物語が始まる。目の良さが武器のド素人が、自分…

キラキラ☆プリキュアアラモード:第29話『大ピンチ! 闇に染まったキュアマカロン!』感想ツイートまとめ

キラキラ☆プリキュアアラモードを見る。坪田エンジン大暴走、やってきましたゆかり回。『闇に染まった』とあるが、『闇に染まっていた』というか『自力で闇から這い出した』というか…なかなか独特の運びだったが、完璧だからこその歪みと寂しさを持つゆかり、彼女の周囲の人々が良く書かれていた。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年8月28日 完璧で妖艶で飽き性で寂しがりや。流石に半年以上付き合ってくると、複雑で分かりにくいゆかりのキャラクターも判ってくる。それはキラパティのメンバーも同じであり、厨房でコメディチックにネコちゃんの良さを語り合うシーンは、テンポが良くて面白い。たどり着くべき…

連載20年でも終わらない元凶は王下七武海!? 連載ってワンダーランド!

20周年記念として6月から8ヶ月連続刊行される「ONE PIECE 総集編」パンクハザード編を描く「THE 23RD LOG」が8月25日に発売!今回も尾田先生描きおろしの「連載ってワンダーランド」が掲載。これまでのは下記(↓)にまとめ。→[21ST LOG] ビビは当初王女の予定じゃなかった!?→[22ND LOG] ルッチは当初敵として登場したキャラじゃなかった!?「予想以上に活躍したキャラクター③」!ONE PIECEが20年やっても終わらない元凶がコイツらで

セントールの悩み:第7話『真剣勝負ってメンタルの強さが一番の勝因なのかもしれない。& 信じるものの不確定さって…なんて不条理に呟いたりして。』感想ツイートまとめ

セントールの悩みを見る。流鏑馬に歌を捧げる神事。神話の時代が終わり、人間臭くなっても残る儀式と、その背後で蠢く異質な事情。生っぽさと夢っぽさが不思議なバランスで同居する、このアニメらしいエピソードだった。しかしBパートはビッカビカだったなぁ。魚人街鏡多すぎだろ。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年8月28日 というわけでAパートは、姫が弓サーの姫として流鏑馬したり、後輩をチョロらせたりするゆる~いお話。ナチュラルに人馬一体を達成している者にとっては、ただの駆け打ちのような気もするが。後輩ちゃんは弓道者にしては勝ち負けにバチバチしてて、そこら辺も神無き現代の生臭さか。— …